FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

私たちのトラウマ~  

みなさま~もうお気づきの方もたくさんいらっしゃると思いますが、あえて、お知らせです~(^^)

「大学猫日記 おうち編」始まりました~! なんと、Saori日記です(笑)
こちらの日記と共にご愛顧ください~(トップより日記のページに飛べます~:^^)

こちらのお話は、交通事故にゃんこ、クロちゃんです~
写真のクロちゃん、大分リラックスしたかわいいお顔です(よかった~)

トイレも、あともう一歩。(でも、その一歩が長い・・・:くすん)
お預かりのSさまも、試行錯誤でなんとか乗り越えるよう努力をされてます。

黒いにゃんこを見ると思い出します。昔いた黒い赤ちゃんたちのことを。
生まれて早くにお空に還ってしまったジジくんのこと・・・

先日、おムコにいった「まる」くんがSaori宅に来たとき、
Saoriさん、まるくんの胸の白い毛をみて、「ジジが来たよ~」と一言。

その言葉に、ねこ子、涙が止まりませんでした(心の)
Saoriさんの胸には、死んでしまった子すべて焼き付いているのです。

どんなに前でも期間が短くても、お世話した子のこと忘れられない。
それどころか思い出しては、また死んでしまうのでは?と不安になり・・・トラウマになっています。

トラウマということでは、私も同じらしいです。(Saoriさんが言うには)
自分が連れて行った子がちゃんとうまく育っているか心配でたまりません。

移動の段階で不備があって、短命になってはと思うと、胸が痛くてたまらない。
(いつも、どう?どう?ちゃんと生きてる?としつこく聞いています)

特に赤ちゃんは、すぐ冷える。
お届けをしてもらってそのすぐ後に次々と逝ってしまい・・・
そんなこと、何度かありました。

私たちは、大学猫を始めて、たくさんのトラウマを抱え込んだようです。
そして得られた教訓は、「生きていさえすれば、いい」ということです。

「生きている」から、預かり先どうしよう、うまく捕まってくれない、
どう保護しよう・・・里親さまなかなか見つからない・・・ご飯の食べが悪いぞ~
といった悩みがあるのです。

死んでしまっては、何も悩みようがないのです。
・・・悩めるだけ、幸せ・・・ということなのです。(ああ、SMの世界)

なのでクロちゃん、事故に遭いながらも、生きていてくれてありがとう。
トイレのトレーニングも、(預かりさまが)大変だけれども、それも生きているからこそ。

せっかくの命、ステキなご縁を引き寄せて、幸せにゃんこにならないと、いけないよ~。
私たちも頑張るからね。 クロちゃんも頑張るのよ~。

06428kuro.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/945-b959ffa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪