FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

人を怖がるネコちゃん  

大学ちゃんのための私たちの活動は、大学に認められた活動です。
ご飯場の設置も、理事の方々からの認可の下、衛生状況に最大限に気を配りつつ、行われています。

(ご飯場が原因で、カラスとかニオイとか衛生面の問題が起きては絶対にダメだと思っています・・・
 そうなると、責められたり困ったりするのは、猫ちゃんなのだから)

ちゃんと段階をふんだご飯やりだから、うまくいっているのだと自負しています。
単にネコの数を増やしてしまうご飯やりではなく、減らすためへのステップとしてのご飯やりなのです。

でも、どこのご飯場所でもそういったわけではないこと・・・最近、よく目にします。

ご飯やりさんと、地域の人とのもめ事・・・これは思った以上に多いようです。
思うに、もめる原因は、そのご飯やりが「外ネコを減らすため」のご飯やりではないことにあるのかもしれません。

かといって、人それぞれ事情があるので、何とも言えませんが、そうなると
やっぱり、負を背負うのは、ネコちゃんなのです。

過去、大学には、ご飯やりだけを続けた結果、
ネコちゃんが増えに増えた地域が、数カ所ありました。

ネコちゃんは一度に4~5匹の赤ちゃんを産みます。
そして、ご飯を多少なりとももらえる環境では100%出産します。その中で、育つ子は3割弱。

集落ができあがると、今度は、そこに捨てていく人が現れます。
・・・相乗効果(?)的に外ネコちゃんが増える循環ができあがるのです。

たくさんのネコがたむろする・・・次に来るのは、虐待の恐怖です。
(実際には、それを疑うしかない死骸+噂を見聞きするだけで、現場はまだ押さえたことはないですが)

こんな悪循環が広がると、いくらご飯をもらっていても
人慣れしない・できないネコちゃん、という存在が出てきます。

人に依存しながらも、人への恐怖に怯えるネコちゃん。
そして、人慣れしない子は、里子に出にくいのも事実です。

人に植え付けられた恐怖によって、お外に取り残されるネコちゃんがいる。
・・・これは人為的な悲劇です。

写真のみけよんは、そういった現実の犠牲者です。
人を見ると、パッと逃げます。でも近くで待っているのです。

ここの地域には、そういった子がたくさん、とり残されています。
こんな子をもう、増やしてはいけない!
この子たちが心を開いてくれるためにがんばらなくては~!といつも思っています。

06324mikeyon.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/914-02bd9864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪