FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

Who's きっち?   

きっちは、先日、保護した女の子。
もちろん捕獲機無用の生後半年ぐらいの抱っこちゃんでした。

それは1月も終わろうとしている頃のお話です。
大学の関係者から、見知らぬネコちゃん3匹がいるとのこと。
2ヶ月ぐらいの、クロ足袋ちゃん、クロちゃん、サバトラちゃん・・・

探しに行くと、小さいクロ猫ちゃんのスタコラサッサの後ろ姿だけチラッと。
しかし逃げてしまいました。

その数日後、フードボランティアのSちゃん情報。
図書館前から奥の棟にかけて、クロ猫の姿発見。 後日、クロ足袋子猫ちゃん。

その後、またもやフードボランティアのKさん、Sさんもサバトラ発見情報。
写真も撮ってくれました~(^^)

結果として、人慣れしていない母子(クロ母、クロ足袋、サバトラ)がさまよっているとのこと。
(・・・自分の見た子は、あまりに一瞬だったので幻と思おうとしたのですが:汗)

出会えていない、そして人慣れしていない・・・何とかしたい、できない・・・どうしたら・・・?
そんなときでした、きっち(写真)が不意にご飯場②③周辺に出没し定住している様子。

初めての遭遇・・・ご飯(写真左:ご飯場と別場所でお皿の余裕がなく・・・すみません)を食べて。
そして、なんと抱っこできました。

男の子だと思って(思おうとしていました)、きっちとボーイッシュな仮称をつけたのですが、
やはり病院で「女の子ですね~」と言われ、ちょっと目眩。

最初の情報で「2ヶ月の子ネコ」と言われたのは、栄養がとれず小さかったから。
きっちの背骨はごつごつしていました。

人慣れしていない子猫「せん」ちゃんでも、丸々しているのに、
これだけ人慣れている子が、今まで半年以上発見されず、痩せている。(ご飯場で食していない)
そのわりに毛が綺麗。ネコ風邪もまったくなしのパッチリお目々。耳ダニなし。

抱っこちゃんなのに、この大きさになるまで気づかないはずがないのです。
そこにずっといたなら、この季節、何らかのネコ風邪の症状を持っていないとおかしいのです。

最初からそこにいたわけではないから、発見できなかったと考える方が自然です。
誰かが年明けに母子を捨てた、とするとなぞは解けます(泣)

まだ彷徨っているはずのクロ・クロ足袋ちゃん。
きっと捨てられたショックで人警戒心が強くなっているだけ。すぐに抱っこできるはず。

でも、あれから全く出会えない。どうしたのだろう? はやく会いたい。

0638kicchi2.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/900-ce18b528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪