FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

人慣れへの道   

この間、私たちとは関わりなくご飯をあげている人に遭遇しました。
周りに長はち・短はち・さびよん・・・みんなが近くに。(ああ、慣れはじめている~:^^)

少し、その方とお話していると、聞かれました。
「どうしたら、人慣れるのかしら?」

この子たち全部すでに避妊・去勢済み→人慣れ度が進む→里親さま募集がかけられる、というお話の流れです。
つまり、人慣れ=おうちに入ることができる。寒い冬にさらされることがなくなる、なのです。

なので、どうしたら・・・というお話になったわけです。

私は返事に困ってしまいました。
答えとしては、接する時間が長ければ人慣れするのも早い・・・ということなのですが。

矛盾するのですが、大学猫をはじめた頃、
構内は「人慣れにゃんこ」に溢れていました。

積極的に人に近よる子。近よらないけれど、触られても逃げない子・・・人にとっては、楽しい(?)状態でした。
理由は「飢え」です。人はご飯をくれるもの、お腹がすいているからよっていく。

それを見ると、私は(人慣れが)うれしいよりも、恐くて恐くて仕方ありませんでした。
虐待の痕跡や話をよく聞く時代でした。この子たちの身に何かあったら!

そういった状況とは違い、今は人にご飯をもらいつつ、人に慣れない子たちがいます。
それは人の温もりをもらえなかった不幸とともに、
かつての大学っ子たちほど、飢えることがなかった幸福も暗示している。

中途半端なご飯やり。その結果、人慣れして生命の危険に身を置いたネコさんたちと
人慣れできずに里子にでられないでいる今の宿舎ネコたち。

どちらが、よかったのだろう?
・・・いずれにしても人災には、ちがいない~ですが。

写真は、ちゃうとえみり。遠巻きに見ています。
この子たちのママは、構内でも有名な人慣れっ子でした。

あ、今分かった。
強制的な人慣れじゃなく、同じ生物としてのふれあいによる自然な人慣れ・・・
それが今の段階で解くべき課題なのでは?

06114emirichau.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/850-cce4540d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪