大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

トラくん!  

8月におムコに行った

子猫のトラくん(にぃすけくん改め)

すでに去勢手術終わったそうで(^^)!

よかったね。
161216tora.jpg
短いしっぽ♩かわいい~


よかった。


彼のにゃン生の最大の山場だからね。

もうあとは、暖かい場所、ご家族と
よく食べ、よく寝て、遊ぶ、

もうこれだけ。


幸せ、だね。


ママさん、パパさん、
ご縁を、ありがとうです。

また一人幸せ道に入ることができました。



にゃんこの幸せはひとえに
本当の(人)家族を見つけるか否かに
かかっている。

今の時代、保護者のいない猫は
厳しいにゃん生を歩むしかないのだ。

で、本当の家族。

それは、甘やかすだけじゃない。

厳しいところは厳しく。


脱走防止を徹底する、もとより
不妊手術、絶対にする。

可哀想だから、とか、
本人の気持ちを大切にする、とか

一見人道的そうな言葉で、
それをごまかしてはならない。
(かといって、不妊手術がまったくベストと考えるほど、
人が偉いとも思っていないけど。
今の時代のベターです。)

人の子供と一緒にすると怒られてしまうかも知れないけど、
子供は、自分に何がベストか
わからず、わがままに走ってしまうこともある。

そんなとき、絶対にやらせない
防波堤に、親はならなくては
いけないときもあるのだ。

それが、不妊手術なのだ。

以前それをやらずシテ、
猫さんがおしっこをトイレ以外でする、と
相談をしてきた方もいる。

お渡しするときにあれだけ
念を押したのに、去勢をしていないのだ。

しかも、去勢しないことが
どんなことになるか、無知なのだ。
(その方には、強いお灸を添えておいた。
 その後、すっかり心を入れ替えて:苦笑)

猫を知る、
それをしないことが無関心=ノー愛情なのだ。

好きであれば、
知りたいし、考えたいし
その子の幸せが何か、
よく考える。

その結果、
今の時代、不妊手術しか
猫さんとの共存はありえない、ことを
知るはずなのだ。

猫さんの自然を奪った分だけ、
いや、それ以上に
慈しみたい。

子猫をお渡しして一番気になるのが
不妊手術。

「あげれば終わり」ではないのだ。

命はその後も続いているから。





【募集中~】
☆募集3匹:くぅくん(保護16.6.18)きい(保護16.8.8)たまちゃん(保護16.10.25)

☆お見合い予定0匹:

☆まだ残されている大学っ子:くろろ♂(16.12.15)うし(16.12.5)
ちゃちゃ(16.6.27)うしもどき(16.12.8)        


【大学】      
       ご飯場→くろろ・うし
                                 計2匹

大学っ子たちの詳しい事情



大学っ子のため、
応援ネコパンチ3つ、よろしくお願いいたします。
現在22位! ありがとうございます! 
 br_decobanner_20091005205733.gif 

category: おヨメ・おムコっ子

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/4432-f052f298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪