大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

今だから言うけど。  

ちゃちゃさん
16213chacha.jpg

毎日ご飯場に来てくれるように。

いつも祈ってます。




・・・とは違う話題で。

実は、最近大学のとある関係者さんに
逆ギレされてしまった。


・・・実は、にこちゃんの保護の前後に。

これは、大学猫への理解にも関わるので、
ここに備忘録的に。


長いの追記にて(^^;)




【募集中~】
☆募集中2匹:まみちゃん・にこちゃん

☆お見合い予定0匹:

☆まだ残されている大学っ子:ちゃちゃ(16.2.12)・たま♂(16.2.5)             


【大学】      
       ご飯場→ちゃちゃ
                                 計1匹

大学っ子たちの詳しい事情



大学っ子のため、
応援ネコパンチ3つ、よろしくお願いいたします。
現在22位! ありがとうございます! 
 br_decobanner_20091005205733.gif 
にこちゃんの保護には多くの学生さんが
関わった。

それはいいお話。

その結果、保護に行こうとしていた日。

その関係者(仮にAさんとしよう)から
お電話。(もう何年も音沙汰ない人で。)

猫がいるから・・・という内容だった。


もうそれはにこちゃん(当時はまだ仮称なかったけど:笑)
でしょう、ということで、
では、にこちゃんがどこか行かないよう
どこかで数時間確保していただけますか?の問いに

結果、彼女はそれをしてくれなかった。
(段ボールにご飯を入れて、そのまま外に。
 他の関係者さんが言うには、
 私が来る1時間くらい前にいなくなって、探し回ったそうで
 それでも、にこちゃんは、ねこ子が来たときにも段ボールに
 いたので、見つけてからも、段ボールにいれて、
 放置したご様子。:汗)

ねこ子が行ったとき、
たまたま段ボール箱にいたので、
すぐに保護して、にこちゃんは
今に至る。




問題は、その後のこと。

1週間ほど過ぎたあと、
学生さんに言われた、

「ストッカー(封の開いていないを保管する入れ物)に
 封の開いたご飯があるのですが
 問題ですよね?」

よくない問題です。

なぜなら、封の開いたご飯が
ストッカーにあったら
そちらに他の動物がニオイをかぎつけ
やってきてしまう可能性もあるので。
それを避けるために
今まで慎重にやってきたので。

その時に破棄できれば、
良かったのかもしれないけど、
その学生さんも何もできず、
その前の学生さんに至っては
そんなご飯のことも気づかずという
残念な状況ではあったけど(苦笑)

その時は状況把握できず、
いろいろ聞いてまわったところ、
ハタっと気づく。

Aさんだ!


Aさんが、にこちゃんを引き寄せるために
ストッカーからご飯を取り出し、
その後余ったご飯を
封が開いたままストッカーに戻したのだ!

と気づき、

Aさんに電話してみた。

もちろん、丁重丁寧に
ストッカーに入れた封が開いたご飯を
破棄して欲しいこと、伝えた(つもり)。

その時だ。

Aさんは、逆ギレた。

「言ってくれなきゃわからない」
(そりゃ、そうだ、ストッカーに封の開いたご飯が
 いけないことなど、わからない人にはわからないだろう、
 だから、今、言っているのだ:苦笑)

ねこ子「もちろん、そうですよね。
     ただ、できるだけ早くそのご飯は
     ストッカーから出したいので、
     すみませんが、いま、お願いできますか?」

Aさん「あのあとすぐにご飯をストッカーに戻したので
    もう1週間もあのまま。
    ということは学生さんが悪いのでは?云々」

ねこ子「・・・?」

結局、その日のご飯やりさんに頼み
ご飯問題は解決したけど・・・。


もし。

もし
ねこ子が高圧的に言ったなら、
それがいけなかった、ということだと思う。

でもそうなってはいけないと、
最初から意識してそのようにお伝えしたので、
そうではないはず。

じゃあ、学生さんが悪い?

いやいや、確かに
いつもと違う状況を察知したり、
自分で考えて動くということができなかった
という観点では、残念だったけど、
こういうこと、言わなければ、、ね、

なかなか、わかってもらえないし。

今後は、それも伝えようと思うし。



じゃ、Aさんは悪くない?


いやいや、どうだろう?

言わなきゃわからないというのは
わかる。
(ご飯を無駄にしないよう
気を遣われてストッカーに戻された
ご厚意も、わかる。

だからこそ、そういったお気持ちを無にしないためにも
実は封が開いているご飯の存在は困ること
ちゃんとお伝えせねば、と思ったのだから。)

でもさ、自分の行動が
実は相手にとっては困った事態であったこと
察知したら、その後

反省しないのだろうか?

特にそれがご厚意の発露で
ご飯を戻されたのなら
なおさらその気持ちを無にしないためにも
対処(ご飯をそこから取り出す)して
埋め合わせたくないのかなぁ?

学生さんが悪いって、責めることなのだろうか?
一言すみませんって、言ってくれれば
済むことではないだろうか?
(いや、こちらも責めているわけでもないので
謝罪しないでもいいのだけど
折を見て、ストッカーからご飯を出してくれれば
よいことなのだけど・・・:汗)

その時ストッカーに行けないのなら
そう言ってくれれば、
他の人に頼んだし。
(でも一応Aさんにお願いしたのは、
 入れた本人が取りに行くのが一番確実だと思ったし。)

自分は悪くない、と
感情的になる前にやるべきこと
あったのではないかな・・・とか
思っちゃう。
(まあ、やはりねこ子のいい方が悪かったのかな。
 だとしたら、申し訳ないことをしたと思う。)




ということが、
ありました。



他の関係者さんに
Aさんに逆ギレされたこと
伝えたら、

(なぜか)みんな笑っていた。


・・・?


何か問題があったのかな?

もしかしてAさんの問題なのかな?


とにかくも、
Aさんは最終的にはもう連絡は
してこないだろう。
(大分怒っていたので)

よく考えると
にこちゃんの情報電話も
すでに知っていることだったし、
逃げないようにしてくれないのなら
何のための連絡か、今考えると?だし。


それにしても
なんで電話してきたのだろう?

猫が可哀想だから?

だったら自分で何かすべきだし
できないと思って、人に頼むのなら
その人に負担をかけることなので、
もっと申し訳ない、という
ニュアンスがあってもいいような・・・?



もしかして、
ねこ子が猫大好きで、
保護したくてしょうがない人だから
そのお手伝いした、とでも思っているのかなぁ。


それは誤解。
まったくの誤解。


実は、保護のたびに、
心おののいている。

できれば、そういう困った状況の猫さんに
出会いたくないとさえ、思っている。
(すみません:汗)




今回のにこちゃん募金のときに
応援者さんに言われた

「少しでも、保護する、ねこ子さんの
 後方支援になれば」と。


 
救われた。



十二分に、大学猫の立場を理解した
お言葉のように思った。


ねこ子が思うに、
この世に、保護したくてしょうがない人って
ホントに、いるのかな?
(お話聞いてみたら、いるらしい:汗)

少なくとも、ねこ子は、
保護したい、のではなく
見ていられないから保護しなくては、
と思うタイプ。
(ちなみに、Saoriもそう。)

なぜ躊躇するか?

保護してすんなり里子にでれれば、
それに越したことないけど、
そうでないことも多々ある。

いろいろあって、みんにゃ
卒業するのだけど、
その過程で相当心痛むのだ。

猫さんの苦痛を思うと、
心痛いのだ。

だから、こういうことを繰り返ししたいとは
思わない。
辛すぎるので。


保護したいと思わない
自分はそれほど猫さんが好きではないのかも。

でも、困っているのを
見過ごすのも怖くてできないのだ

そういう気持ちを、
あの言葉は、よくお察しくださっていた
と思っています。


つまり、Aさんは
ねこ子の活動を上記に応援者さんのようには
捉えていない、ということなのだと思う。

とにかくも、
次はもっとやんわり誤解を解きたい。




大学猫を始めるきっかけになったのは
不妊手術もなくご飯やりする人がいて
その結果、猫が溢れ、
そして虐待があった。

その一端を担ったのは誰か、
そう他でもない・・・

その人はあれから10年以上経った今でも、
猫の立場・ねこ子の立場を
よく理解しようとしなかったのだ。


今回そんな関係に終止符を打てたのは
もしかして非常なる幸運なのかもしれない。

と思う。



category: 大学猫っ子

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/4103-4122c532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪