大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

きのうのこと。  

昨日は奇跡の一日だった。
(と思う。)


初めての捕獲機とはいえ
キジシロ親子は、すんなり。

本当にすんなり。
(強いて問題だったのは、
 久しぶりの捕獲機だったので、
 引っかけるご飯を忘れた、ねこ子。
 学生Sくんの弁当箱からいただきました。
 ありがとうSくん。:汗)


最初に、キジシロが入って。
その風景を見ていたチビグレ。

見られてしまったからには、
もう・・・子猫だけ残す、という一番避けたいパターンか?
と、やきもきするも、仕掛けてみた。

ものの、数分後に入った!

ふたりとも距離は近かったけど、
昨日は、今までで一番近くて、
キジシロさんは、引っかけたご飯よりその下に散らばるご飯に
夢中で、一度出てしまったのに、
もう一度入って、カッシャン。

その距離は、本当に近くて、
ねこ子、手を伸ばして針金落とそうと思ったくらい。
(調子に乗って、その気配で逃げられては元も子もないので、
 じっと動かず待ちました。)

ふたりが同日捕まるとは思ってもなかったSaori
報告を受けて、当初の予定(キジシロ=ねこ子宅、チビ=Saori宅)を
翻して、二匹とも預かると言い出した。

原因は、前日送ったこのお写真
13119kijishirooyako.jpg

どうなっているかというと
13119kijishirooyako3.jpg


そう、キジシロの向こうに
チビさんがいる。

子猫が生まれてしまったことに
動揺した、ねこ子。

このお写真公開できなかった。

でも、あまりに愛らしいので、
相談がてら、Saoriに送ったのだ。

これを見て、Saori
この親子は離せないと思った(らしい)。

「策士だね」と言われても、
そういうわけではなかったのだけど、
しかも、実はしっぽしか見えてないと思っていたのだけど、
Saoriは、チビの鼻先も見逃さなかった。(!)
13119kijishirooyako2.jpg
Saori「あの鼻先には、やられた」(笑)

で、これ
13119kijishirooyako4.jpg

本当に愛らしいふたりなのだ。


ショックだったのは、
子猫チビが、捕獲機内でぶつかって
鼻血ブーになってしまったことだけ。
(すぐ治りました)

で、その後、
ふたりともSaori宅に行くことが決まって、
ねこ子は、思った。

思ってしまった。

一度も会ったことないけど、
学生さんたちが噂する例の子、
あの子は出会えないだろうか?
(とはいえ、本当は出会った人が何とかするよう
 アドバイスするべきなんだろうけど、危険感がまさって)

捜した

いた!

いたいた、学生さんのクラブボックス(プレハブ)の
学生さん横のこたつに。

さっそく、キャリーに。

で、今は。

ラクくん♂ 6ヶ月くらい。
13119raku.jpg
(月曜日に去勢手術予定です。)

一緒にいた学生は、自分の教えた子。
気安さから、ぶちまけた。

ねこ子「さわっちゃだめなんだよ~」

学生1「入ってくるんです」

学生2「ご飯はあげていません」

ね「触って、慣れさせて、置いて行かれて
  その慣れた感じで、虐待の人に近寄ったりしたら、
  危険でしょ。保護できないなら、絶対に触っちゃ駄目だよ」
ね「入ってくるって、ドア閉めりゃいいじゃん」(あほ?

学生3「そうなんですね」

ね「こんなに慣れてて、痩せていて、
  ご飯あげなかったの?オニだね~」
  (さっきと矛盾:笑)

学生3「え、あ、そうなのか」

ね「猫は、人が好きだから寄ってくるわけじゃないよ、
  ご飯が欲しいから、意を決して知らない人に
  寄っていくだけなんだよ」

学生2「そうなんですか~」

ね「猫サイドからすると、触るだけ触って、
  何もご飯くれない君たち、どうかな?
  私が猫だったら、ガッカリでガブリといったね~」

学生1「ああ、そうか~」(苦笑)

ね「とにかく、安全を確保(保護)できないなら、
  全く関わらない、触らない、部屋に入れない、ご飯あげない。
  それがこの子たちにせめてもの<できること>なんだよ。」

 「ちょっとでも、猫さん触って気持ちよかった思いしたなら、
  今後この周りで、そういう間違った対処する人がいたら、
  注意して回ること、そういうこと、お願いね。」

学生123「は、はい。」

こんなボンヤリとしたやりとりして。

ラクは、うちに来た。

運命だな~と思ったのは、
何の気なしに送った写真でSaoriが二匹預かりを
申し出てくれたこと、

広い構内で、彼を見つけることができたこと、

朝、そんなことも考えず、
猫トイレを1つ洗ったこと、
(帰ったらすぐに使えたよ)

その1週間保護前、違う大学の事務員さんに
キャリーバックをもらい受けたこと
(それにより、ラクくんがうまく保護できたこと。)

すべてが、昨日の3匹の保護に繋がっていたように
思うのだ。


そう、人は決められた道を歩んでいるのかもしれない。
(大筋で、という意味で細かいチェンジはあると思う。)

それは、つまらない、ということではなくて、
ある種の生きていく上での目的のようなものに繋がっていて。

昨日は神さまの定めた道が、
一本に見えたような、そんな一日でした。

そういうことで、
希望に燃えて、今後も。
(とはいえ、6匹の不妊手術は
 重くのしかかりますね~:苦笑)


がんばらなくては!


★ラクちゃんに飼い主さんがいるのでは?と
 ツィッターで写真を公開した学生さんもいました。
 それには大学名がガッチリ記載されて。
 保護していないなら、大学名明記は むしろ危険だよ、と言ったのに
 取り消してはくれなかった。
 気持ちがあっても、結局猫さんのためにはならないことを
 してしまったこと、連絡途絶えたので伝えられないけど、
 残念だよなぁ~。


category: 大学猫っ子

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

キジシロ親子&ラクくん 捕獲成功
おめでとうございます!!

日に日に寒さが増す中
暖かい屋内で毎日が過ごせるだけでも
ほっとします

キジシロ&チビちゃん
そっくりで可愛らしいお写真ですね (o^o^o)
ミケママ&あっくんのように
良いご縁があると良いですね☆

ラクくんは今日が手術でしょうか?
無事に手術が終わりますように。。。

ねこ子さん・Saoriさん
気苦労が絶えないでしょうが
陰ながら応援させて頂きます
ご無理のないよう頑張ってください

牙&陽ママ #- | URL
2013/11/11 13:42 | edit

◆牙&陽ママさま


ありがとうございます!
3つ一緒の保護、今も夢見ているようで。

ラクくんは、無事ご帰還です。
めっちゃ元気に、食べてはならぬご飯を
狙いまくりです。(明日から抗生剤:^^;)

キジシロ親子さん。
チビ子も女子だったと聞いて、まじホッとしております。
ふたりとも、触られるとまだ可哀想なくらい固まって、
猫パンチすら、繰り出せない状況ですが、
きっといいご縁に繋がっていると思うのです。

たぐり寄せるべく、
がんばります(^^)

応援、ありがとうです。

ねこ子 #DM69ZLvQ | URL
2013/11/11 20:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/3218-775631ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪