大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

ここ数日。  

ここ数日、非常に人慣れている猫さんがいる情報を
数回(でも、同じ一人の子を指していると思う)、聞いている。

ただ、ねこ子は残念ながら
出会えていない。

当然なのだ。

人慣れしているから、
学生さんが、外飼い状態にしているから。

どんなに「この大学には虐待の危険がある」と言っても
触れる猫さんに出会うと、関係を持ってしまう。

そこで、中途半端に関係を持つから、
もしも虐待さんにその子がであった場合、
かなり危険な目に遭うこと間違いないのに。

「ちょっとの同情」が
「大きな危険」の中に猫を晒していること

ポスターなどで、
「安全を確保できないならまったく触っても、
ましてやご飯あげてはいけないこと」掲示していても、
触れるとなると猫さんを「遊び道具」にして
時間が来ると「放置」するのだ。

気まぐれに遊ばれているから、
その子は、ご飯場にこない→だから、出会えない
そして、危険の中にいる、という悪循環なのだ。

大学猫が一生懸命、保護して不妊手術しておヨメに出しても
かたや、猫さんを危険に晒し、
どうしようもなくなると見て見ぬふりをする人たちが
いまだにいる。

ザルに水汲んでいるのと同じじゃね~?
と、思わず毒づきたくなるのだ。

怒っているのだ、ねこ子は。

どんなに尽くしても、
積極的に協力しないこの場所に、この人たちに。
(「お礼」はなくてもいい、
 少なくとも足を引っ張らないでほしいのだ。)

ねこ子が、頑張っても、
ねこ子の寿命もある。

この活動は、移りゆく学生さんが主体になってこそ、
永続的に続く有機体となって、
猫さんが迷い込まない迷っても危険にさらされない場となるのに。

その夢は、なかなか叶えられていない。

そういう活動をしている大学が、最近いっぱいでてきているのに
この大学は一番活動しやすいチャンス(大学猫)に
恵まれているのに、進まない。

もしかして、ねこ子たちが手を出したことが
間違いだったのか・・・。

そうだとしたら、
とんでもないことをしてしまったのか?




今は、もんもんと
この大学における猫活動の定着、
その方法、自分がどう動けばいいのか、
考える日々。

むろん、

むろん、学生さんたちに足止めされているだろう
人慣れした猫さんが、こちらのご飯場に現れること
出会えること・保護できること、
そのためのポスティングは、やっている。
(自分の代わりに何とかしてくれる団体など
 この世にないこと、伝えてもいるよ。)



ね、しろ?
13113shirokichi.jpg
最近このおもちゃをお気にで、
布団の下にもキープしていた。

かわいすぎるぞ。

「遊びたいんだ~っ!」
13113shirokichi2.jpg

・・・ブサッ(笑)




【募集中~】
☆2匹:ココちゃん・サムくん(シャム子猫保護11.1)

☆これから不妊手術予定3匹→ココちゃん・こんた・さすけ(汗汗)

☆まだ残されている大学っ子・・・茶シロくん(13.10.30)・クロ次(13.10.25)
  キジシロ(13.10.30)・グレシロ(13.10.18)・チビグレシロ(13.10.28)




大学っ子たちの詳しい事情



大学っ子のため、
応援ネコパンチ3つ、よろしくお願いいたします。
現在29位! ありがとうございます! 
 br_decobanner_20091005205733.gif 

category: 大学猫っ子

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/3203-4c402111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪