大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

とんちゃん・・・Saoriに言わせると。  

とんちゃんです!
1373tontan.jpg
6月29日無事保護!


Saoriから土曜日(13.6.29)の朝
電話が。(正確にはライン電話♪)

「ごめん~」


って?


そう、とんたん保護のお電話。

その流れはともかく(?)
結論を言ってくれなかったから
ねこ子、じれたよ。

ねこ子「で、つまり保護したんだよね?」

Saori「そうそう、ごめん。」
 (Saori保護時にいつも謝る。
  医療費が嵩むことを気にして。
  いや~私たちの段階で保護しなかったら、
  ウソでしょう。努力すればいいのだ、それは。)

ね「なんだ、保護したんだら、いいじゃん
  なんで謝る?」

S「えっ?」

話の流れを整理すると、
保護できてない事態が
ねこ子にとって、めっちゃ辛いのだ。


今まで数々の学生さん
電話に答えてきた、ねこ子。

学生「猫、いるんですけどぅ」

ね「は?」
 (今から1時間かけて、私に保護しに来いって
  ことかい? 行ったとして、いるの?その子?
  大学の広さ、わかっとらんのぅ。:キレキレ)

学「なんだ、保護してくれないの?
  保護してくれないんだって~
 (横にいる他学生に話している、と思われる。)
  じゃ、いい。(かなりラフな言い方で)」

ね(えええ?じゃ、いい?
  ならなぜわざわざ、わしに電話したんじゃい:憤っ)

こんな会話の応酬なのだ。今でも、ある。

年配(?)の、ねこ子に対する失礼な態度・言葉は
いいとして、(や~やっぱなしでしょう、
ねこ子と話しているのに他と話すための中断いきなり入るとか。)
すぐあきらめられるんなら、
なぜに人にやらせようとしたんじゃい?(謎)

で、結局、ねこ子が駆けつけることに。
長い時間をかけて捜す。めっちゃ捜すのだ。



結局のところ、ねこ子は
「すべての猫は一人では救えない」と
そう思っている。

どんなに保護して幸せに家族と暮らしていけるよう
卒業させたって、実際は全体の
1%にも満たないと思っている。

多くの猫さんは、
闇の中で苦労して生き、
人知れず、(もしかしたら)苦しみながら、
この世を去っている、と経験上思うのだ。

だから、何かの縁で、出会えた子とそうでない子の
ボーダーラインはとてつもなくでかく、

学生さんが電話をかけてきたその猫さんは、
そのボーダーを越えつつある、
キセキの瞬間なのだ。

それを、数時間すら確保する気持ちもなく
(保護して預かれとか里親募集をかけろとか
 最初からそんないっぱい、モハヤのぞんでないよっ~)

電話だけですまそうとする
学生さん(あえて学生さんというが)の気持ち、
心の冷ややかさ(一見電話するという行為が
暖かに見えるが、そうじゃないぞ。・・・自己肯定の一端なのだ。
人のためではなく、自分のための行為なのだ。
すぐに引けるのはその証拠なのだ。)
に、心破れる想いなのだ。

だからSaoriの電話にも、
あまりに説明が多いから、
保護できんかった話なのではないか?と
イキッってしまった(苦笑)

そんな説明のあと

S「病んでるなぁ」(苦笑)

ね「病んでるよね~」(笑)

S「ブログに書こうよ、現状(心情?)」

ね「確かにね」

で。ここに至る。

もちろん、保護されたらされたで、
「預かれないので。」とか言われると
脅迫する気かぁ~
(結局、丸投げして、人に苦労させて
 それで平気なんかい?)と
またキレるのだけど(苦笑)

ボーダーを越えないより、
ずっとまし。


保護できて、その先の苦労の方が、
保護できず「苦痛の中にいるかもしれない?」と
思いながら暮らすより、ずっとましなのだから。

猫活動、心、病む。


こんな心情です。

でもこの話を読んで

「人に苦労かけるより、何もしないでおこう」と
思われる人に、是非言いたい。

人は、他人に迷惑をかけないでは
生きられない存在なのだよ!

だから。

だから、むしろ
迷惑をかけた際
誠実に気持ちを言葉にしつつ
できる範囲の対応する方が、生産的・前向きな
生き方になると、

ねこ子は思うなぁ。



ホント。

お鼻キレイになったね。
1373tontan2.jpg








【募集】
☆まだ残されている大学っ子・・・茶シロくん(13.7.2)
キジシロ(13.7.2)・グレシロ(13.6.26)
☆おうちっ子たち (お見合い決定→1匹)8匹

【大学】      
       ご飯場②→キジシロ・茶シロ
                                 計2匹

大学っ子たちの詳しい事情



大学っ子のため、
応援ネコパンチ3つ、よろしくお願いいたします。
現在29位! ありがとうございます! 
 br_decobanner_20091005205733.gif 


category: 大学猫っ子

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 3

コメント

楽をしようとする輩は

他にもいるでしょう?いろんな場面で。補足で付け足すけど
目上に対する態度がなっていないのは
その上の世代,親が原因。ゆとり世代,今の20代はきちんと親が躾を
しないで育てた世代デショ。だからだらしないの。

yamano #KTxHIyoo | URL
2013/07/03 11:58 | edit

No title

にゃんこたちが幸せになるための活動、お疲れさまです。

ブログに書いておられた
「人は他人に迷惑をかけないでは生きられない存在」という言葉に
はっとさせられました。
人に迷惑をかけることを恐れていても
結局はほかの誰か(にゃんこを含めて)が
その負担を払っていたりするんですよね。

ほかの誰かへの負担を極度に恐れずに
一緒に踏ん張る態度や気持ちが大切なんだな…と感じました。

おかの #4DxRGmhI | URL
2013/07/08 00:17 | edit

◆おかのさま


はじめまして、大学猫のねこ子と申します。

そう言っていただけて嬉しく思います。
ありがとうございます。

人それぞれ感じ方が違うので
いろいろなご意見があると思うのですが、

猫のことを始めてみて、
実感したのが「迷惑かけずには・・・」の感慨です。
(・・・自分は本当にひとりで何もできない人なんです:苦笑)

しかも迷惑を恐れて、行動に出ないくらいなら
迷惑かけて欲しいのに・・・という気持ちも
よく感じました。(いちいちそのたびに愚痴りますが:苦笑)

そして迷惑をかけたかどうかを感じるのが想像力。
それがない人は常に迷惑をかけて、それにも気づかず(汗)
つまり迷惑をかけてその後の対処が欠けることがままあり、なのです。

一番いいのは、迷惑をかけてしまうことに
気づき、なおかつ必要な行動を貫き、
その後、(できれば行動で返すことかもしれないけど、
それはすぐでなくても。あるいはなくても。)
心からのお礼の「言葉を尽くす」ことなのだと
私は思っております。

あくまで、自分の生きる道としては
それがいい、と思うわけです(笑)

・・・また語ってしまい、お恥ずかしい。

ではでは、また。

ねこ子 #DM69ZLvQ | URL
2013/07/08 07:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/3066-70363b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪