FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

躾と暴力。  

先日、猫さんに暴力(的な行為)をして、
躾、とごまかした人のこと、何かのブログで読んだ。

それで、はたっと思い出した。

躾と暴力のお話。

ちぃとしろ吉くん
12513chiishiro.jpg
Peaceなんね。(^^)



まずは。

猫さんへの暴力は、
絶対に「躾」たり得ない。

なぜなら、彼らは、それをされたら
大抵仕返し、をするから(^^;)
(いやなことされたと記憶し、あえてその行為を再現するのだ。)

だから、猫さんをお渡しする前、
必ず、そのこと触れて、
違う方法の躾をしていただくようお願いする。



で、人のこと。

人には、暴力は容認されている。

ねこ子が、子供時代、
アメリカの生活について、
とある(ちょと有名な)学者さんの奥さまが語っていたこと。

言葉が通じない子供時代(小学校低学年まで)は、
言ってわからない場合は体罰をする、とのこと。

確かに理に叶っているような気がして、
感じ入ったのを覚えている。

とりわけ、体罰を与えることになったとき
彼女の心は泣きながら、それをしたとの下り、なかなか。



実際、そんな躾を目の当たりにする機会が。


友人は、ベルトでむち打たれたそうだ。
(あ、外国の人です:汗汗)

・・・意外と、ひどい体罰をする。

なんだろう、先述の奥さまとは酷く趣が違うのだ、
実際の体罰が(汗)

で思った。
その躾、ちがうのでは?



そんなことが心の片隅にあって幾星霜。

数年前、北欧の国の教育のことを見た。
(ちょっと定かではないけど、フィンランド?か、スウェーデン?)

非暴力なのだ。


子供のどんな時代にあっても、
言葉で、心に訴えるよう工夫する、というのだ。

それは果たして可能なのか。

非常に疑わしかったのだが、
ある作家(北欧の:^^)が言った言葉に
雷打たれるような衝撃を受けた。

「20世紀は暴力に満ちた時代であった。
 私たちは、未来の子供たちに
 暴力以外に道があることを示さなければいけない。
 そうでなければ、いけない。」(といった趣旨のこと:汗)

そう、20世紀は、そうなのだ。
暴力の時代だった。

戦争があり、地球を汚染し、
親が子を殴り(人により)、
子が親をバットで殴り殺し・・・。

残念ながら、
21世紀もそれは続きつつある。

ちなみにかの国では、非暴力教育を徹底実施し、
なんと、きっちり成立しているようなのだ。

子供たちは、目を輝かせ未来を語る。





で、猫さんの躾に戻る。

猫さんの躾には、暴力はない。

どうする?

ちょっと大きな声でしかる。

そうしないよう違うことの方がいい、と導く。
(これは、アメが必要な場合も。)

粘り強く、何度も行動改善を促す。
何度も何度も。

繰り返し、行動を習慣づける。

結果、それが可能になる。




これは、人間にも可能なことではないだろうか?



ねこ子は、親ではないので、
ちょっと的を射ていないかもしれないけど、
躾に暴力はいらない、そう思えるのだ。

(当然、教育も、だ。暴力をふるわないでも、
 教師は学生さんの行動に変化をもたらす
 言葉を持つべきだと、思っている。)

人も猫さんも、同じように、できる、かもしれない。
(って、猫温度高すぎ、って、まだ言われちゃうね。)

言葉(猫さんの場合アメ付き)で、
躾は、行いたい。

暴力のない未来のために。

★もちろん、北欧の国より、日本の方が
 人口規模も大きく、資本主義も、暴力の歴史も根深いので、
 なかなか実践し、すぐに答えも出ないであろうことも
 わかっているけど。

【募集】
☆ちゃあちゃん・ちゃぴちゃん・はんな・しまくん 募集中~
☆まだ残されている大学っ子・・・さびよ・タッチ2匹
☆おうちっ子たち10匹 (お見合い決定→)
              →関わっている子全部で12匹になりました。

大学っ子たちの詳しい事情


大学っ子のため、
応援ネコパンチ3つ、よろしくお願いいたします。
現在20位!
 ありがとうございます! 
 br_decobanner_20091005205733.gif 


category: いろいろ♪

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/2608-9a21c160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪