FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

りくくんっ!  

りくくんだ~!
12413riku.jpg

うん、楽しく元気なんです。

うれしい。

彼は、2004年の保護。



この時期、人慣れした猫さんが
100匹近く、大学中を闊歩していた。
(そして、夏には70匹の子猫さんに出会うこととなる:汗)

当然、虐待の話はあとを絶たなかった。
(おそらく「猫取り業者」も来た。この大学付近に来ている情報今もある。
 半外飼いの人慣れした猫ほど標的になりやすいのだ。)

頭蓋骨を割られた子、
自販機に死体を入れられた子、
ぺっしゃんこに、つぶれていた子。

猫が増えると、虐待者も暗躍する。

子猫が生まれても猫数が増えることはない。
(保護されなきゃ、ほとんど死ぬから。)

子猫が生まれたりすると、
なぜか、そこに捨て猫が増えるからだ。
(たくさんいるから、捨てても生きられる♪と思うのか?)

捨てられ・迷い猫、第一世代は体が強い。

だから、じんわりやんわり
死の苦しみを味わうことになる。

飢えの中で、病になり、
毛も肉体もボロボロになって。




外飼いしていて、いなくなった子のこと、
誰かがもらって?などと想像、
ほとんどできない時代、なのだ。

大学には、そのなれの果ての
厳しい現実がたくさんあるから。


猫さんは、しっかり完全室内飼育。
最期まで一緒にいる。

それが、生き物と一緒に生きること、
生き物と一緒に生きる「約束事」なのだ。
健やかなるときも病めるときも一緒なのだ。

出たがっても出さない。
そうすることで、外を忘れる。

 猫さんはその一生が子供なのだ。
 お肉が好きだからとお肉だけ与えるなどしないだろう。
 工夫して野菜も食べるようにするだろう。
 
 同じなのだ。

 外がどれだけ危険かなど、猫さんはそのときは知るよしもないのだ。
 でも、粘り強く、おうちで遊べるよう工夫すれば、それにて心休まる。
 出たいから出すのではなく、そう思う気持ちを変えるべく
 そちらを頑張るべきなのだ。
 

しっかりと。
 



りくくんは、幸せ。

ボロボロになる前に保護でき
何より「暖かな愛情」という家がある。

よかった。

パパさん、
ご連絡してくださり、
ありがとうございます。

また(^^)

【募集】
☆セィくん・ちゃあちゃん・ちゃぴちゃん 募集中~
☆まだ残されている大学っ子・・・さびよ・タッチ2匹
☆おうちっ子たち9匹 (お見合い決定→)
              →関わっている子全部で11匹になりました。

【大学】      
       ご飯場②→なし
       ご飯場③→なし
                                    計0匹
大学っ子たちの詳しい事情


大学っ子のため、
応援ネコパンチ3つ、よろしくお願いいたします。
現在24位!
 ありがとうございます! 
 br_decobanner_20091005205733.gif 


category: おヨメ・おムコっ子

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/2576-1ad8ba7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪