FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

大学子猫 保護。   

昨日のご飯やりは、最短20分になってしまった。
(もちろん10分からできます。 ねこ子のいつもの所要時間はつぃ1時間。掃除もあるので:汗)

ことの始まりは、正門付近。

前回その付近には、馴れそうな感じ満載のキジトラくんがいた。
いるのでは?と思いつつ、運転しつつ、話をしつつ(Tさんもいた)通り過ぎようとしたとき。

「はぁ?!」い、いた? 子猫が~!?
実はその付近で、小さめな茶トラさん目撃情報もあったので、なんか、ぴんと来た。

昨日は祝日。病院は・・・と思いつつ、
それでも受け付けてくださった獣医さんに、子猫さんを診せに。

行く途中、Tさんと、「お目々はきれいだね?」(猫風邪)、
「顔は見てもらおう」(ハゲ気味。疥癬?)などといいながら、到着。
(そう、病院の開店時間に間に合わすためにご飯やり時間の短縮が必須だった。
 ちゃう・セーラー・はちろう、ごめんね。明日も行くからさ、許して?)

子猫さんは、元気。
(やはり)疥癬治療を受け、ウィルスチェックをし(FIV/FeLVマイナス)、
ちょっと脱水気味ではあるけど、ご飯をしっかり食べてお休みすれば、いいレベル。
うーん、よかった~。

初めて会った子だったけど、すんなり捕まってよかった~。
(自分で言うのも何ですが、ねこ子テク?!)

捕まえたら、どうする? 病院行ったらどうする? 何かあったらどうする?
いろいろ考えてしまうのが保護なのだけど・・・。

(大学に関して)保護を迷って、のちのち必ず辛い目に遭うのは、猫さんたち。
(現に、この子猫さんはこのままじゃ、酷い疥癬に苦しむことになったし、
 人を恐がらないところもあって・・・それって恐い。)

いつでも保護には心が揺れるけど、
それでも・・・保護できてよかったと思っております。

これも(非常に有り難いことに)応援の皆さまがいてくださるおかげ。
皆さまの後押しがあるからこそ・・・普通より保護に躊躇なく行けるのだと、思う。
本当に、思う。・・・ありがとうございます。

お写真は、もちろんその、子猫さん。
結構、怒っていた。だよね、こわいよね、痛いこともしたもんね。
ごめんよ。でも、君にとっていいことだかんね、許してね。

08924chack.jpg

category: 赤にゃんズ

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/1760-10238a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪