FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

セーラーくんの距離。   

とりあえず、1メートル。離れています。

ご飯を設置してもなかなかよってこないセーラーくん。
こちらが離れて、「見てませんよ」とあちらの方を向くこと3分。
やっと食べに近づく。(お写真:^^)

慎重くんである。
とはいえ、人を見ても逃げなくなるまで、めちゃくちゃ早かった。

おそらく秋ぐらいには、ポムちゃんのように触らせてくれる。
それから・・・と思っています。

子猫ちゃんシーズンが終わって、秋から冬にかけてが、
大人っ子の保護の季節。

子猫シーズン=子猫捨て子、がなければ・・・。
年間を通じて、大人の保護が支障なくできる。

苦労している大人猫さん、早くその苦労をなくしてあげたい。
でも、子猫ちゃんは捨てられたままじゃ100%、ダメ。
でもでも、子猫ちゃんを保護していると大人っ子がどんどん後回しに。
矛盾ですね。

「捨て」子猫シーズンがなければ・・・。あ、大人猫も捨て子か?!
そっか、同じだ。捨て子がなければ、この現場、とうの昔に終わっている~。

猫がお外に暮らすこと、試練でしかない、このことをもっと訴えねば!と思うのです。
お外の子を目の当たりにする、これも一つ。
お外からおうちに入った子がいかに医療を必要とするかを見る、これも一つ。
(とはいえ、生体販売の子も最近では医療を必要とする子が多いとか。
 こちらは人工繁殖故の問題があるようで。・・・厳しい)

おうち猫の寿命は最長27年を記録する。
お外猫さんは平均2~3年。(大学猫は奇跡です)
お外を何年か経験して、おうちに入る子の寿命も短い。

保護ネコさん短命の原因は、他に考えられないので、やっぱり「お外生活」です。
お外にいる子の「生命時計」は非常なるスピードでその時を刻む。
(なぜ早い?やっぱり「野生」ではないから。
 ときどき「お外っ子」のことを「野生猫」的な表現をする人を見ます。
 私もそんなもんでしたが(笑)お外っ子は野生猫(イリオモテヤマネコ?)ではありません:苦笑)

・・・厳しい現実です。

0857sailor.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/1624-23760eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪