FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

ももちゃん。   

ももちゃんのママさんからお便りが!

ももちゃん、すっかり大きくなって~! もともと可愛いお顔は、そのまま。
うーん、こんな毛皮のピカピカのすてきな大人になりました。

首輪が足から首周辺にかけて食い込み付着した事による50針もの手術
(当時は40針を聞いていたのですが、獣医さんが訂正)を通り過ぎて、
おヨメに行くときはすでに、その痕跡も見つけにくい状態だった。

毛の密集度から、長毛ちゃんの血筋も入っているように見える子♪
(ご飯場③のみけよんちゃんとかに近い?でも、ももちゃんはご飯場②近くの校舎内での発見)
本当に綺麗で可愛いこの子に、「首輪をした方」は今どうしているのだろうか?
(あちこちで「迷い猫」のこと、聞いて回ったけれど、こちらに連絡なし)

どんな人に出会うか、それはひとえに募集主である私たちの手に委ねられるものなのだけれど、
完全に室内飼育、絶対に必須です。

ももちゃんの存在が、その理由です。

思うのですが、捨て猫らしき子のなかで結構な数の子が迷い猫ちゃんのはず。
そう、捨てる意志はなかったはず。でも帰ってこないことが多い。
(思っている以上に多いのです。それは猫ちゃんの習性によるものだから。)

お外は恐い。もしくは、お外に逃がしてしまって、本にゃんが帰ってこられない状況が恐い。
帰ってこられないとき、いい想像も悪い想像もできる。
そして、誠実な心は、悪い想像を模索してしまう。

痛みを背負って飢えて生きていること。虐待のこと。
こんな想像を背負うこと、これはかなりきつい、本当にきつい。

だから完全室内飼育、必須です。 猫のため・飼い主さんのため。
脱走防止措置への気配り、ここが肝心なのです。
(お外心を誘い猫ちゃんにストレスを与える部分のある、お散歩、難しいかも。
 もちろんお庭も同じ。猫ちゃんに「お庭」であるか「敷地外」であるかの区別はないでしょう。)

迷って帰ってくる子もいる。でも、そのほとんどはももちゃんのように苦しんでいるのかもしれない。
いなくなる後悔より、防止措置への気配りの方が精神的に「かなりマシで楽」。

網戸使用になる夏に向かうこの季節に、脱走防止措置・工夫、
猫マニアの皆さま、がんばりましょう~!

※誰でも1度や2度の失敗もあります。ねこ子も・・・あります。
 だからこそ、あえて自戒の念も込めて、今日のお題です。

08413momo.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/1604-6ffff3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪