FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

この間の出来事。変化。   

今日のお話は、ポンちゃんとのこと。(お写真参照)

おとといポンちゃんを初めて、ゆっくりなでることができました。
この半年間の快挙です。

そのさわり心地は毛には引っ付き虫(植物)がたくさんついていたけれど、柔らかだった。
ちょっと冷たいものでもあった。(お外なので)
でも触っているうちに温もりを感じたし、ポンちゃんもその感覚をどこか懐かしむような・・・感じだった。
(って、ねこ子の単なる願望かも。)

ポンちゃんは触れない子では、絶対ない。
そんな信念を持っていた、ねこ子。・・・黄色い首輪をしていたから。最初から距離が近かったから。
でも、近づくと「シュー」と威嚇するのです。

当たり前ですが、そういった子を触るようには、ほかのご飯やりさんにはお勧めしない。
(怪我があっては、この活動、よくないと思うので)

でも、ねこ子には、別の経験があった。
それは、今はおうちにいるダミィ。

この子について、ねこ子はいろいろ後悔している。
唸るから、お外では一度もなでてあげられなかった。(全くの先入観で)
おうちに入ってからのダミィの性格を考えると、かわいそうなことをしたと非常に後悔した。

だから「同じ轍は踏まない」気持ちでの、ポンちゃんとの対峙した。

猫パンチ(爪つき)覚悟の触れ合いは、暖かくも穏やかで切ないものだった。
ポンちゃんは人を怖がっている。でもそれはポンちゃんのせいではなく、人がそうさせた。

首輪をしてもらったとき、ポンちゃんはどんなだったかな?
その黄色い首輪が、色も判別がつきにくくなった頃、
その痕が赤く肉が見えるようになっていた、そんな頃、ポンちゃんは、何を思ったかな。
(ああ、人間が思うほど切なくなかったと思うけど)

お外の子は、さびしい目をしている。
おうちに入れると一晩で変わる。
そういう体験をするためにこの活動をしている・・・そんな気がする。

07114pon.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/1455-de2d33af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪