FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

すーくん、アゲイン♪   

昨日は、とても嬉しいことが。
あの迷い猫ちん「すーくん」のパパさんから連絡が来ました♪

そのちょっと前に抜糸をすませ(と、そのとき結構な悲鳴をあげたそうです:くすん)、
グッバイ・エリザベスカラーをした彼のお写真とともに♪

うーん、とっても落ち着いています。
猫ちゃんの、こんな姿を見ると、うれしい。
単純にうれしい、ねこ子です。

「・・・もう、一人でおんもはダメだかんね~」と写真に向かって念じておきました。
とはいえ、保護時のすーくんの悲惨な状況(足が首輪にからまって・・・)を
保護された学生Sちゃんからパパさんも聞いてくださっているので、すでにその問題は解決ですが(^^)

で、なぜか今年は「子猫ちゃんの保護」の連絡が多いです。(Saori・ねこ子が保護するのではなく)
その皆さま、みんな責任感のあるきちんとされている方たちなので、
どの猫ちゃんも、よい結果(家族と暮らす)で収束できています。

・・・でも、ひとつ、誤解があるようなのです。
「大学猫」は、公的団体と勘違いされる方がいるような気がする。
(そんなんだったら赤字抱えてキュウキュウしてないよう~:汗)

大学猫ちゃんへの資金は、国とか市とか・・・あるいは大学から補助されるもの、ではないのです(残念ながら)
すべてSaori・ねこ子の働いて得たお金と、全国の皆さまのお気持ち(ご支援)で成り立っています。
(元来ボランティアとはそうしたものだと、ねこ子理解していたのですが。)

なので他で保護された方の物的資金的援助は、正直、しにくいです。
(と言いながらことによると、立て替えたりもしてきましたが。)
その分を目の前にいる困っている子のために使いたいし、ご支援金はそういう意向のものであると思うのです。
(うーん、「猫に貴賤はない」というお考えに反するところかも。
・・・でも現実、財布は一つです。私たちだけで世界中の猫ちゃんは残念ながら救えないのです。)

何が言いたかったかというと、それでも猫かわいさで、今お外でがんばっている子を泣く泣く後回しにして、
できるだけその方たちの意向に添うようにしている私たちの涙ぐましい努力を、
「やって当たり前」という態度で迎えないでほしいの(涙~)

そんなタイドをとられると、ねこ子切れちゃいますよ~、ぐれちゃいますよ~。
なので、そこんとこ、よろしくっす♪

07723suu.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/1359-3e18e199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪