FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

くろ助くん、無事に・・・。   

今日、くろ助君は無事にパパさんの元に戻ります。
本当によかったよかった。(その後のお写真など・・・また♪)

保護主の学生Sさんも交え、パパさんとお話する機会がありました。
お互い緊張の中、どうやらやはりくろちゃんは、その「くろちゃん」である、ということ、
お外には出さないという確約の下、お話は進みました。

学生Sさんも、くろちゃんの保護時の状況をきっちりお話してくださり、とっても感謝。
ありがとうです。

この虐待情報・猫取り情報のある大学で、お外飼いをする、どんなひどい方かと(すみません)思いきや、
パパさんは、とってもくろちゃん想いのやさしい青年さんでした。
(いなくなってから、子猫の習性を調べ半径300メートル以内にいるはずと、
夜に明け方に探し回っていたそうです。あうう。うれしいお話。)

くろちゃんのもともとの保護は、県下の違う大学でのこと(え~?)
アーチェリー場に現れ、危ない状況だったところを学生さんたちで保護し、
このままでは保健所?というお話も出て(って、なんでや?)
結果、彼が引き取ることに。

そして、すばらしいことに、くろちゃんの今後必要になるであろう費用を
学生さんたちでカンパし合っていたこと、を知りました。
(そうなのです、今回にかかった費用は、そちらに。
 保護時の治療費は学生Sちゃんに甘えさせていただきましたが:汗)

うーん、深い、深いぞうっ!?
つまり、くろ助くんは、その短い人生の中で2回も学生さんに助けてもらって今がある?

突っ込みどころ満載だったこの事件、なんかいろいろな人の私惑と愛情の入り混じる、
複雑なお話になりました(汗)

結局のところ、パパさんのくろちゃんへの愛情、保護主Sちゃんの分別、
Saoriの預かり熱意、ねこ子の仲裁(?)により、うまく一件落着と、思っております。

・・・でも・・・猫を捨てる人が後を絶たない、この事実は深まった感のある出来事です。
ねこ子の心は十二分に晴れないのです。

今日のお写真は、ご飯やりさんにとっても甘える、えみりくん。
君はいい。本当にがんばってるよ。君を見ていると心が、がんばる気になる。
ありがとう。そして、早くつかまってください(笑)

07714emiri.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/1352-d50f1f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪