FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

くろっきくんの明日。   

「おうち編」にもお話があったように、大学猫初保護ちゃん、
くろっきくんのおムコ入りが先日ありました。

そしてっ!
新しいママさんからさっそくお写真が来ましたので、
みなさまにも幸せお裾分けっす(^^)

保護時の彼は辛かった。(ねこ子が彼を見るのが辛かった、ということも)
首の皮膚のただれは最高潮に達し。その怪我を半年近く、見続けた。

まだどのように活動したらいいか、見当もつかなかったあの頃。

くろっきくんの皮膚にお薬を塗る→良くなる→本人が掻く→悪化する、を繰り返し、
学生には「触らない方がいいよ」などと傷つく事を言われ、途方に暮れていた半年間。
(お外が汚い・・・そんな偏見が恐ろしかったです。)

Saoriという存在に出会い、話を聞いてもらい、なすべき事を教わり、
実際に、くろっきくんは保護されました。

薬を塗ったことで人に触られるのを嫌がるようになっていた彼を
あまりにもうまくない方法で保護した後(さりとて逃げられるのだけは絶対にダメと必死さいっぱい)
私たちは、かなりの負傷をしていた。

でも自分の怪我など痛くなかった。彼の半年の痛みを思うとその方が痛かった。
キズだけじゃなく、そんな彼を誰もが無視した(ように見えた)ことも痛かった。
その痛みが終わった(保護の瞬間)、ねこ子は泣き崩れた(笑)

病院で治療を受け、去勢手術・ノミ駆除・駆虫・ウィルスチェックを済ませ、
(あの学生の言うところの)「清潔」なにゃんこに生まれ変わったくろっきくん。

あれから今に至るまで、とても長かったけれど、
もしかして、それだけの時間を要さないと彼は旅立てないほど心にキズがあったのかもしれないと思ったり。

満を持してのおムコ入り。きっときっと、いいことばかり。
どんな流れもいいことのために向かっていると、ねこ子は知っている♪

大学っ子たちは、こうやって「おうちっ子」になる。
ねこ子、これからもやるぞ~、お~!

0754kurokki.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daigakuneko.blog16.fc2.com/tb.php/1289-7561b35f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪