FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

しーちゃん。  

☆災害で困難に立ち向かう方々のご生活が、最も早く回復されるよう
  心よりお祈り申し上げます。


るったん・ちゃぴちゃん・セーラーくん・小夜ちゃん・ぷりんちゃん
子猫さんたち~(あと4匹!)
募集中~
☆まだ残されている大学っ子・・・キジ川さん・・・さびよ・タッチ・さばるの4匹~
 おうちっ子たち・・・今22匹です。 全部で26匹~(正門調査中)



今日は、しーちゃんのお話。
(お写真は、まだ冷静に見られないので、
 今日は、なし。すみません。)

しーちゃんは、4月30日
お空に還りました。

苦しんだものでなく、
最期は無痛のものだったと思いたい。

それよりも、その事実、
受け入れがたい。




それでも、大学っ子に起こったことは、
お伝えしないといけない。

そう思い、気を振り絞って。



4月30日、しーちゃんが
こちらに来てくれた。

あれにも入ってくれた。

その時間、ものの5分。
本当に入ってくれるときは入ってくれるのだ。

そのまま、病院へ。

いつもの処置をお願いする。



それから約2時間後、
息を引き取った。

1時間くらい蘇生措置をした。
が、どうしても鼓動が弱まるばかりで
戻ってくれなかった。

その地点でも、ねこ子は、
しーちゃんは戻ってくると思っていた。

こんな風に逝ってしまうなんて、思いもしなかった、


そこからどう家に帰ったかわからないけど、
翌朝まで、しーちゃんと一緒にいて、
後日、埋葬をした。



あまりにも急なことだったので、
今でも、大学にいるような。

でも、しーちゃんは、もういない。

ちゃあとしーを一緒におうちへ、
そう思うがあまり、焦りすぎたのだろうか?

ちゃあが保護できた地点で、
やめればよかったのだろうか?

もっと違う処置ができただろうか。

たくさんの「後悔」がある。

考えても考えても、
胃が苦しくなるばかりで、
どんなに考えても、しーちゃんは生き返らない事実が、
目の前を真っ暗にさせる。


これについて、いろいろ考えがあると思う。

お外の子保護反対意見もあると思う。

「猫の自然」のまま、という発想から
不妊手術したり、おうちに入れるのは生態系を崩すから
お外の子保護反対という考えなのか?と思うけど、
それについては、未だに受容の余地なし。

日本列島にいる猫は、すでに「野生」でない(野生は山猫のみ)
今いるのは、すでに人間が一緒に暮らしやすいよう
「改良」した生き物がいるのみ。

改良しておいて、生態系の維持など
あるわけがない。
人間がケアすることが前提だと思っている。

実際保護された子たち、
暖かなおうちの中で、どれだけ安らいでいるか、
その姿を見るにつけ、それが彼らの「本当」だと思う。

だから、保護は今後もしないわけにはいかない。

でも今後は、ちょっと違う手を打つ。
二度とこんな事が起きないよう。
8年間同じ事をやってきて、
初めての例なのだけど、少しでももっとストレスかけない方法を
(今までも、それ前提ではあったけど)
模索する。




・・・今は。

しーちゃんは、ねこ子宅にいる。

出会ってから、
こんなに近くに感じたことないくらい近くにいる。

初めて触れた、しーの毛は柔らかかった。
とても美しい体をしていた。

そして、意外とちっさかった。
(大学でご飯を毎日あげていても、大きく見えても
 大学っ子は、小さい。 セーラーくんもとても痩せていた。)

うちに来て、翌日の大雨。

喪失感とともに、
「もう二度と濡れることのない」幸せを想った。

しーちゃんは、誰に知られることなく、
暗い闇の中ひっそり逝くことは少なくとも、ない。

でも。


しーちゃん!


大学っ子たちの詳しい事情


大学っ子のため、
応援ネコパンチ3つ、よろしくお願いいたします。
現在20位!
 ありがとうございます! 
 br_decobanner_20091005205733.gif 

category: 大学猫っ子

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 4

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪