FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

人はどんどん贅沢になるってこと。  

最近、大学では猫発見情報が少ない。
(全くないわけではないのですが。)

で、思う。

大学猫を始めた当初、
大学に猫がいなくなったら、どんなにか通いやすいか。
ひどい状態の子を目の当たりにするのはもう辛すぎる。

それで始めた大学猫なのですが、
順調に数は減っていった。


不妊手術をし、子猫から保護し、
人なつっこい大人もできうる限り保護したから。
(全部あわせると200匹を超える数。
 毎年頼まれた子も含めると平均50匹はおヨメに出し。)

09716emirin.jpg
現りんくん。毎日ご飯場に。時間をかけての保護。そしておムコ入り。

幸せだった。
保護できて、その上、新しい家族もできて・・・。


けど、残る人馴れと慎重さのインビトゥイーンにいる子たちがメインになると、
状況は一変した。

保護しようと頑張っているうちにいなくなる子。
            09716choko.jpg     09716sabicha.jpg
この子たちは、くっきーの兄妹。
いつもご飯場に来てくれていたのに、いなくなった。
そのくっきーも、今は見ない。

人に触らせない子がいなくなる。
それは絶対に人に飼われているからではない。
考えられるのは、病。おうちっ子なら病院で注射を打ってもらえば
何とかなるものでも、お外にいたら致命傷なのだ。

お外の子の寿命、2~3年、ホントだ。

いないことが幸せでなく。
苦痛になった。

今頃、あの子はどうしているだろうと思うと、哀しい。
いたい思いをひとりでしているのではないか?
動けず空腹の中でのたうち回っているのではないか?
何かのサインを示しているのに、自分が気がついていないだけではないのか?
いろいろ思う。

つらい。




そんなこんなを考えると、
おうちに入って、おヨメ・おムコ入り待ち、何でもない。

ちゃんと守られていることには変わりないのだから。

うん、今日も頑張って捜すぞ~!
お~!





今日の一枚。
09716milk.jpg
みるくちゃん。おもろいお顔♪






励みになっております(^^)
ありがとうございます。

    
                           本館♪ 



category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 3

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪