FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

虐待?・・・わからない。   

ふくちゃんは、突然現れた。
かなり普通に大学内を歩いていた。

「足に怪我している!」これはいかん、とばかりに保護。
(それぐらいおとなしく馴れている。)

お外生活でお顔は汚れているけど、眼力はまずまず。
怪我は、すでに肉芽が出ている。
・・・今年3度目の肉芽には馴れたので、ま。

でも、骨折はすでにこれで固まってる。
ちょっと歩行が違和感あるが、生命が守られれば、この際。

タマは?(すでに男子と決めつけ。)
ある?・・・ない?ない?ないのか?

なかった。袋ごと(涙)ことによったら、袋半分?
だから、去勢手術の必要が・・・

って、そんな問題じゃない。なんでない? 痛くない?
いや、この子は、今怯えているから、痛い感じではないけど、
ないけど。

エイズ・白血病陰性。貧血。
まだうんち出ていないけど、肛門の感じから下痢気味。
おしっこはちゃんとしている。

排泄器官がやられていないのにタマタマがない。
事故でタマタマがなくなるなんてことがあるなら、
その衝撃により周辺神経の麻痺が前提ではないだろうか?

タマタマないこと以外普通に生活していることが異常なのだ。

なぜなのだろう?何なのだろう?
明日、よくお話を聞きいくことになっているけど、かなり恐い。

肉芽は例の治療をすれば、なんとかなる範囲。・・・でも。

ふくちゃんにはわからないことだらけ。
一つ言えるのは、保護できてよかったことだけ。
どんだけ、辛いにゃん生だったことか。ああ。

お写真は、保護直後。
後ろ足の怪我だけだと思っていたので、お写真とらせてもらったけど、
こんなときに、ごめん。

081210fuku.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪