FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

猫さんの馴れって?!   

アメショー預かりTさま宅にいるハルくんに会ってきました。
(実は、その前にエスちゃん改めセピアちゃんにもご対面♪
 もう、すっかりおうちっ子になって、ねこ子をにらむにらむ:苦笑)

で、ハルくんはフレンドリーくんだった。

おうちに入った子はたいてい、ねこ子が訪ねると隠れる。
ねこ子に、というよりも、家族以外の人にお顔を見せない感じ。
そんな中で、彼はねこ子の目の前でご飯を食べていた。(腹減っていたから?:汗)

ハルくんは、人馴れないから(そして預かり先が見つからないから、かな?)、
リリース予定だった。(いろいろな選択があるので・・・)

預かり宅に連れて行くときから、ずっと疑問だった。
「この子はそんなに人馴れない子なのだろうか?」
正直、大学で保護する子の方が、警戒度上手のような気がしてならなかった。(苦笑)

もう一度言おう。
預かさま宅1週間の、ハルくんはフレンドリーだった。

むしろ大学猫初代の子たちのようなフィーリング。(生きるために人に甘えることを覚えた感じ?)
「お客さん」のねこ子への警戒心はあるのだけど、Tさんの足もとスリスリしている彼に
人馴れていないと、見えてしまった片鱗は全くなかった。

つまり・・・ネコさんの人馴れ度、少なくとも手術後のケージの中では、
ハカルベカラズということだと思う。
(病院で最初から馴れ馴れになる子もいるけど、そうでない子もいて、
 それが即馴れない子というわけでもない、ということ。個性があるということ。)

そして、もうひとつ!
おうち生活もなしに最初から、馴れない子、というレッテルも貼らないこと。
(って、ねこ子もそこ、反省する部分あります。でも幸運にも、Saoriも
 大学猫に関わる預かりさんも自分の目で考える方々なので、
 猫さんをそういった色眼鏡で見なかった。ああ、ラッキー。)

なぜなら、馴れないだろうと「怯えた手」を出すと、猫さんは怯えるから。
人もそう。この人苦手って気持ち、すぐ伝わる。(・・・意識の深いところで分かってしまうというか)

同じなのだと思います。
慎重になるのはいいと思うけど、相手に合わせて変化するファジーな心も必要ということかな?(笑)
ねこ子、反省と共に、そう思いました。

お写真は、昨日のハルくん。
食べているときにパチリと撮られて、イラッとしている彼。(苦笑)

08917haru.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪