大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

預かりさま宅のまーくん♪   

お外の生活からおうちに入ってから一ヶ月余りのまーくんのお写真です(^^)
ほんと~に落ち着いてきました。
お顔もかなり安心しきって、預かりさんに甘える彼です。

最近、お腹にハゲが一カ所。
そのために病院も。もちろんなんでもなく、もう今頃は治っているはず。

猫ちゃんの生態、独特ですよね。
何の気なしに、時々ハゲができたり、軟便になったり。
タマネギは絶対ダメだし、プリン体は耳が落ちる(ここはちょっと誇張が!?)。

今日は、ヒゲ考。
ネコさんのヒゲはセンサー。そう、距離を測るために重要と言われています。

対比的なのがワンちゃん。・・・整えるそうです、ヒゲを。
ねこ子の乏しい知識の中で、それは本当にカルチャーショック。

おそらくその差は立体運動するかしないか、その上、狭い場所に入りたがる
ネコさん独特の習性から生まれたものだと思うけれど・・・
そっっか、切っちゃうんだ、ワンちゃんのヒゲは!

で、先日ヒゲ先端をチョキチョキされた猫ちゃんに出会いました。
全体に普通の行動をしていました。思ったほどヒゲセンサー説は定説でないかも。
が、の中に一つ気になることが。

(偶然かもしれないけれど)ふすまを通るとき、
お顔の幅しか開いていなかったので体が引っかかってしまった。
・・・今までそういう状況は見たことがなかったので、ちょい違和感。

たいてい、体の幅に合わせて、も少し開けてから通るもののようで、
体が引っかかって「イヤ~ン」となっていたその子を見て、
「?」と思っていたけど、今思うと、ヒゲが原因だったかも?体目算を誤った?

・・・結論。
ヒゲセンサーは(おうちでは)そんなに思っていたほど役割を果たしていないかもしれない。
が、しかし、やはり細かいところで影響がある模様。

猫ヒゲは、「切るべからず」(触らぬ神にたたりなし)、ですね。うん。

補足:現在その子のヒゲは自由に伸びて、花火のよう。
   (ネコさんのヒゲ、ぱーんと広がった打ち上げ花火みたいですよね。)
   ふすまは・・・引っかかっている様子はない、ようです。

08531maa.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ムーンくんのおムコ入り。  

本当に唐突にその幸運の波はやってきました(^^)

「ムーンくんに一目惚れ」
おお!今までお声がかかりながら、なかなかご縁に結びつかなかった彼を
こんなに・・・有り難い。

お問い合わせからお見合いまで、本当に早くて微妙に心拍数上がりなからも
お連れしました。(実際の場はとてもなごやかで・・・ホッとしました:^^)

さっそく、お試し開始。
先住猫さまとの関係が一番の問題になってくると思うけれど、信じてるよ!
(昨日の段階では、まずまず?と思いました:^^)

新しい環境に早く馴染むよう頑張れムーンくん。
・・・あ、もといジンくん!

そうなのです、さっそくステキなお名前を!そうあの飲み物の名前です。
うお~おしゃれ、おしゃれなのじゃ~(^^)なんか、嬉しい~っす。

昨日の体験で思ったのは、この子猫ちゃん全盛のシーズンに・・・大人っ子のお問い合わせ。
大人っ子のシーズンは、とぎれることなく年中であるようです。

ステキなご縁がたくさん訪れるよう、ねこ子希望に燃える、ジンくんの幸運でした。
神さま、ありがとう~。

08530moon.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

セーラーくんの模様。   

今日はいつもお世話になり、
何より強気の叱咤激励をしてくださる(気合いを注入:笑)
大学猫の古くからの応援者さまPさんへのアンサー・・・のような日記(^^)

セーラーくんのしっぽの先です(お写真)
全体に変わった白と黒の配合の子ですが、

しっぽに特徴ありです。
先が白と黒のボーダー気味。

これを見て、女子高生にセーラー服の襟を連想したわけです(^^)
うーん、いつも見たまんまのお名前を、心がけるねこ子でした。
(単純な性格?によりますね:苦笑)

PS:おヨメに行った猫さまたち。いつも心にあります。
  気になる状況の子も複数。あまりに心配でメールにてお返事に窮したり。
  (お手紙がすぐに書けなくても)本当に本当に心配しております。
  (ちょっと変かもしれませんが)よろしくお願いいたします。

08528sailor.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

話題のあの子?!   

この子のこと、気にかけてくださる方、たくさんいらっしゃって嬉しい。
今日はその話題のボクちゃんです。

ええっと、まず彼の後ろ足の負傷、すっかり綺麗になりました。
こちらに来たとき、しばらく血が滲んだけれど、
数日後にはちょぼちょぼになり・・・
来てから二週間後には傷口が完全に塞がりました。
(本当に見る間に治っていくので驚きの状況・・・その間のテーピングは大変でしたが。
 ボクちゃん気になって引っ張るので、その度に貼り替え。
 酷いときには一日3度以上。そりゃ、嫌がりますよね。うん。:汗)

その間、一貫して彼は、元気、元気、食欲魔神(笑)
飛びはね、蹴散らし、はね回っておりまする~(^^)
体重も怪我が治るまで全く増えなかったのですが、今まさに増量中~(^^)

うーん、ここまで育ててくださった元ママさんに感謝しかありません。
もちろん、この子をお外には・・・と募集を決めた病院の皆さま、保護主さまにも感謝なのです。

彼は、猫大好き人大好きな可愛い猫さんに育ちました。
(先住猫さんに「おばちゃん~だいしゅき~!」とばかりに抱きつきます。
 一説によると羽交い締めではと言われ?!)

体も成猫さんに近づきました。(って、成猫ですね:汗)
それでもやっぱりまだ10ヶ月の若者。とても幼い表情をします。(お写真)

まだ幼いこの子の今までの苦労を思うと、
すてきな家族を見つけねば~と気合いが入ります。
頑張ります!

08527pucchi.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫の子猫っ!   

先日、みけよん保護の合間にすでに保護された子猫さんと出会いました。
(お写真:うめさんです。グレー長毛のゴージャスなお嬢さん。)
・・・大学の入り口付近、おそらく公園に捨てられ?こちらに来た?

とにかくも保護された方に着いて歩き敷地内へ。
朝保護されたこと、保護直後爆睡し、お水をたくさん飲んだので
トイレ・・・?と思いお外へ。でもなかなかしないこと。
(一旦おうちに入った子にとってお外は恐い、もよおしにくいっす:笑)

で、いろいろお話しするうちに、その方が飼うことに。(募集?とも思ったのですが結局)
時間の関係上、ねこ子、病院に走り、検査。
思った通り疥癬であることが判り、お薬(一回の飲み薬で終了!?)。
あとは問題なく、念のため2週間後の通院を、というお話でした。

うーん、よかったよかった。
病院での待ち時間の間に、ちゃんとトイレしました(^^)・・・ねこ子の膝で(苦笑)

ひとつ、気になること。
「大学で保護?大学から来る子はみんな皮膚がそうなっている。」と獣医さんに言われました。

うーん、大学は森が多いから・・・?
いや、ちょっと待て、この子は状態からすると皮膚がこうなったから捨てられたのだと思う。
(と言うお話を、保護主さんも感じていて、ふたりの合致した意見でした。)

違う違う、大学の子がすべからく疥癬である、というのは、もう昔(3~4年前)のこと。
獣医さんにネコさんが持ち込まれることも、この最近、ほとんどないはず。
あっても、かなりいい状態のはず。現に今いる子たち、ピカピカの皮膚だもん!
(・・・というように獣医さんには即座に訂正突っ込みさせていただきました。)

うーん、既成概念とは、何とも恐ろしや。
5年も前のこと、未だにそう思っている人がいるのね。
そのように思う方には、見てください、実際の姿を、と言いたい。

ああ、でも難しいな。
なぜなら、大学にネコさんが溢れていた時代にですら、
猫?いたの?と言う人もいます。ほんと~に周りに興味がない方の場合だと思いますが。

人は、事実をそのまま受け入れにくいもの。
脚色して自分の見たいように見るとき、あります。
(うーん、でもそれは人間が生きていく上で必要な能力でもありますが。)
なので、今の大学、誤解されても仕方ないかな?!

大学のネコさんは、栄養のいい状態でファミリーを待っています。
残ること10匹あまり。そのようにするのはそんなに難しいことではないのですっ!
でも、誰かが動かなければ、それは実現しないものです。うん。

08526ume.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

昨日のおヨメ入り!   

昨日は、あいちゃん(お写真)のおヨメ入りでした。
パパさんもママさんも、ずっっ~っと、待っていてくださったのです。

・・・保護時の状態があまりにも悪く、食も細く、
遊びたい盛りの赤ちゃんなのに、ずっと寝ていた子。

何度目かの通院の際、ある処方で画期的な回復を見せたのです!
長く待っていただけたおかげで、お腹の虫も落ちました、すべて!

お届けの時のあの子は、すっかり元気。
もちろん、すでに1キロに達しているのにもかかわらず、か細い。
でも、きっと大丈夫。あとは元気に食べて寝て遊んでいれば、ちゃんと太れる様子。
(実際、よく食べられるようになっていたので、お腹ぽっこり赤ちゃん体型になって!)

心配の中のお届けだったけれど、お届け前にベストを尽くし、
もちろん、その後も何かあればお手伝いする気満々。
頑張って、幸せ掴むのよ~!とびっきりステキなご家族の一員になれたのだから!

ちなみに、あいちゃんお名前、「ぴょんちゃん」となりました(^^)
かわいい~! 単純に募集をかける際にねこ子がつけた呼称なのですが(汗)
とても苦労したSaoriには申し訳ない(笑)

ねこ子命名には年季が入って?!
例:グレ助くん、だみっちくん・・・ああ、センスレス?!・・・いやいやねこ子の中では最高のナイス命名のつもり♪
だって、みんなめっちゃ幸せになりました(^^)

08525ai.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

プチくん、幸せ!  

プチくんは、大学のご飯場②でご飯を食べに来る子でした。
なかなか近くに来てくれず、予想もしないところで捕まり、
ただただ、驚いたことは、記憶の中に鮮明に驚いています。

そして、予想に反して、男の子。
そして、結構人慣れしていることにも驚きました。

保護?リリース?保護?(この時は狭間の時代で)
うん、保護じゃ~!ということで、里親さま募集に。

大人っ子だけど、かなり早い期間でおムコに行きました。

・・・やはり、手塩にかけた大学猫(?)おヨメに行きやすいのね~。
それは、なんで? うーん、やはり栄養状態がよく健康だから? うーん?!

とにかくも、幸せ掴んだ大学っ子卒業生。あと数匹。
今年の赤ちゃんは全員決定。
この時期を乗り越えて、大人っ子の動きがあればサイコー!

幸せくん、プチくんにあやかりますよ~に。

ちなみにプチくん、ママさんにキャットタワーを買ってもらい、ご満悦。
なかなか甘え上手ですね。ふむ♪

08524puchi.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

時間制、はちろうさん(^^)   

はちろうくんは、いつでもご飯場③にいる。
そう思っていた。が、昨日はいなかった。

その前に、みけよんがいた。(昨日の日記)
あれ?そういう順番なの?
そこの住人さんにお伺いすると、みけよんさん、結構近くで寛いでもいるらしい。
(側に人が来たことを察知すると、ササ~ッと逃げるらしいけど。)

で、はちろうくん。
お昼近くになり、ご出勤。

(ねこ子に)申し訳ないと思ったかどうかは判らないけれど、
ご飯場直行ではなく、まずはお出迎え(お写真)、しかして後のご飲食。

うーん、礼儀正しいのね、きみ。
あ、かなり食いついている。「よしっ」とばかりに頭を撫でてみる。
「フワッ!」(威嚇)。ああ、驚かせたね、ゴメンね。

でも、初めて触っちゃった! はちろうくんを。
これを機に、もっと(ご飯やりさんのみに)慣れて欲しいと野望を抱くねこ子でした(^^)

08523hachirou.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

捕獲失敗から勉強!?   

みけよん、いました・・・(食い)逃げられました。(お写真、みけよん:笑い)
朝、行ってみるとご飯場に誰もいないので、
まずは、みけよんに仕掛け(^^)。 とはいえ他の子のためのご飯も用意。

いつもなら、はちろうくんがいるはずなのに、本当に誰もいない。
油断して、ストッカーに行き帰ってきたところ、
みけよんが逃げ去るお姿。一瞬こちらをチラ見。

うーん、お口モグモグしている、でもそこ?そこにいる?あれじゃない?
(ちなみに、モグモグしている口元、なんかめちゃ可愛い!と自分の中で盛り上がり:汗)

・・・そう、他の子ため、と出したご飯をお食べに。
自分、何であれを用意しちゃったのだろう?
(心の奥底で、みけよんは近い方でしか食べないと思い込んでいた?)

何でなのじゃ~。それから2時間。
彼女は帰ってこなかった。・・・無念。

最終トライとばかりに、仕掛けに向かう。
保護しちゃいました、子猫!??

グレーの長毛の赤ちゃん。公園と大学の中間にいたとのこと。(お写真は後ほど)
彼女はすでに疥癬にやられていたけれど、元気。
そして、保護主さんに引き取られることに!おおお~元気に育つんだよ。
いつでも会いに行くよ~と帰ってきました。
(その方のこと前から知っておりました。素晴らしい方なのです。)

という、「今日」でした。

ちなみに、疥癬の治療、今、すごい! レボがでたときも感動したけれど、
今日のお薬はもっと衝撃的でした。医学は日進月歩なのですね。

だから獣医さんは、日々勉強なのですね! すばらしい。
ねこ子も、そうありたい。日々に慣れず、その上進化、これ、すばらしい。

ところで次回は、他にご飯は用意しない。
これ、教訓。 勉強勉強~(って、かなり基礎的なことですね:汗)

08522mikeyon.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

キジ川さんのいるところ。   

キジ川さん(お写真)は、大学の人通りの少ない森の中で暮らしている。
至る所に森があるので、特定しにくいのですが、
とにかく、彼女は(きっと)生まれてからずっとそこにいて、人を見てきた(はず)。

彼女の目力には、いつも圧倒される。
「信じるなかれ」といっているようでも、
「軽率になるな」と言われているような、
いや「お前の道を行け」と諭されているような・・・。

単純に自分のその時の立場から、主観的に見ているので、
それはキジ川さんの言葉というより、自分の言葉なのだとも思うけれど。

それでも、彼女(たち)の求道的な眼差しには、
慰められ、鼓舞され、勉強させられてきたことは確か。

ネコさんは、可愛い。
お外にいる子も可愛い。
その分、こんな哲学的な眼差しを見ると、切なくなる。

今まで励ましてくれた恩返し、そう思ってこの活動しています。
今週の捕獲も、がんばるぞ~(今回は、はっきり、みけよん狙い:汗)

08521kijikawa.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ミルクちゃんの成長~!   

かわいく成長しました。
去年の子猫さんミルクちゃんです。

こんなにすてきなトラ柄(笑)の腹だし、かわいいですね。

すべての猫ちゃんのおヨメお入り、
この子のようにすごく愛されるおヨメ入り、理想です。

たくさんの子を出していると、思わぬところでトラブルがあります。
実は、この子がここにおさまるまでも紆余曲折があった。

それを越えて今こうしていられるのは、
ひとえにママさん・パパさんのお人柄、愛情の深さのおかげです。

ねこ子の至らなさ、今までこういった方々のお気持ちで事なきを得てきた、
そう思うと、本当に申し訳ない。(慢心の結果があの事件?!)
反省です。もっと人のお気持ちを考えられるようでなければ・・・と反省。

それにしても、ミルクちゃん、なんと可愛いお目々なことか。(壁についたアンヨも!)
幸せ・・・です。彼女も、(それを見ることができる)ねこ子も。

08519milk.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

茶太くん、もっと甘えている。  

今日は、久々の茶太くんお写真♪
大学猫初年度卒業の大人っ子たちは、とても苦労した世代。

たくさんいる。ご飯が少ない(・・・一度人からご飯をもらった子は狩りはほとんどしない)。
栄養が悪いので、蚤が放れない、貧血気味、猫風邪酷くなる。
そんな非常なる悪循環の中で、暮らしていた。

なので保護されても、生きる時間が短い子、たくさんいた。

茶太くんは保護されたとき成猫になったばかり(中猫さんくらいかな)、
それでも、貧血気味、猫風邪の悪化で酷いお顔だった。

それが綺麗になり、状態がよくなるに従って、
必要がなくなったせいか、人には馴染まなくなった。

・・・いや、お外時代にあってたくさんお外っ子がいたことも一因。
とりわけ人に可愛がられた記憶のないお外っ子は、保護時、抱っこできても
おうちにはいると心を閉じる・・・そんな気がする。

それに茶太くんは、大学の主(?)ぱふの子供。
人になれることを最上としない家風だった。
それも一因かもしれない。

とにかくも人に慣れなかった(猫にはフレンドリー)彼。
それが、今ではSaoriに甘える。
カメラを向けなければ、もっとデレデレ腹だしの彼が見られたのだ!

すばらしい。
こういった交流、時間はかかるけれど、この活動の醍醐味かもしれない。
保護してから馴れなくなった子に、「お外の方がいいの?」と問いかけてしまう気持ちもある。
けど、私たちは前を向くことしかできない、そう思ってます。
私たちが揺らいだら、あの子たちのにゃん生は、そこで終わる。

それはとても恐ろしいこと。
先々暖かい家庭の見えないにゃん生、想像しただけで恐ろしい。
どの子にも平等にそれを享受する権利がある、そう信じてます。

08518chata.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ご飯場③では・・・?   

ご飯場③の主は、みけよんだと思うのです。
・・・長いし、何より彼女、とても人(猫)あたりがいい。

どんな子が来ても、とりあえずフーシャー言うわけでもなく、
かといって、軽んじられるわけでもなく、それどころか非常に悠々と優位に立っているようによう。

隠れているけれど、くっきーやちゃあちゃんのようにビビリさんな訳でもないので、
新入りに威嚇することも一切ない感じ。

そんなこんなゆるゆる(?)のご飯場③に常に現れるようになった「はちろう」くん。(お写真)
もう一ヶ月以上はこちらのご飯を食べているはずなのに、なかなか太らない。
毛並みも悪い。

彷徨った時間が長いからかな?大丈夫かな?
もう少し、近寄れるようになったら・・・。

去勢手術や保護先のこと、考えなくては。
ちょうど1年前のポムちゃんのような存在のはちろうくん。がんばろう!

08517hachirou.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

たろくんの成長。   

たろくん(お写真:たろくんベッドにいます。)現在400グラム(くらい)。
下痢も止まって、安定期に入りかけている。

うーん、子猫ちゃんは、ちょっと見ないうちにお顔がとても変わる。
これがあの、怪獣(?)だった、あの子かしら?というぐらいにキュートな若者になりました(^^)

そして、もうひとりの赤ちゃん。
あいちゃん(ぴょんちゃん:ねこ子呼称)、元気にはね回るように。

保護したときの状態がよくなく(おそらくちょっとした期間彷徨った)、
食べ物も人間のものを特に欲しがり、とはいえとても食が細く、
朝食べたものをそのままお昼に吐いたりして。
ちょっと危ない時期もあったけれど、新しい治療が合っていたのか元気に。
(昨日、また吐いてしまったので、ちょっと用心ですが)

子猫は、恐い。
生命がまだ安定していないから急変もあり得る。

それでも人々の心を揺さぶるのは、
その危うさ故の可憐な風情からかもしれませんね。

保護したからには、幸せに健康にファミリーのもとへ送り出さねば。
そんな使命感があります。

08516taro.jpg

category: 赤にゃんズ

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

このふたり(^^)   

預かりっ子も可愛いけれど、ねこ子は、お外でヘルプを待っている
この子たちへの気持ち、片時も、起きているときも寝るときもいつでも心にある。
(お写真は、食後のくっきー(左)と、ちゃあちゃん)

大学猫の悲惨な時代の残り香的な存在のふたり。
人に見つからないよう、とても静かに暮らしている。

ともすると大学にはそんな悲惨な時代があったこと、忘れられそうな今、それでも
(学生さんはあの時1年生だった人、今年卒業しました。)
そこで働いていて、動物を見ている(見ない人もいる)人にとって、
やせ細り毛も抜けたネコさんがベンチに鈴なりになって覇気もなく人のご飯を待つあの状況、
忘れられない。(ねこ子だけでなく、複数の人がそうおっしゃっている。)

でもあの悲惨は、まだ終わっていない。
細い線でまだ続いている。

悲惨に見えないのは、不妊手術を終えた子を対象にご飯をあげて、健康を保っているから。
捨て子があった場合は、子供は即保護、大人は慣れてきたところを保護+不妊手術しているからこそ、
成立しているだけ。

そんな活動が水面下で行われているからこそ、
一見、小太りの可愛らしい猫ちゃんをお外でちらりと見て、
「かわいい~!」とのどかな気持ちになれるのである。
(本当は、そんな子たちを見て、どうして太っている、どうなっている?と
 想像力をかき立ててもらいたかったりするが。・・・自然でお外にいてその状態はあり得ないから。)

人は恵まれた環境を享受していくうちにそれを当たり前と思ってしまいがち。
でもそれは違う。誰かが何かを引き続きしているからそれは成立しているだけ、
非常に危うい線の上を歩いているのだ。
そう思うと、そう思うと、今を2倍にも3倍にも、かみ締めたくなります(笑)

くっきーもちゃあも、がんばれ! 置き去りになど、しないよ。

08515kukkichaa.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

テンちゃん、とても順調~!   

去年の子猫ちゃん・・・そうちょうどこんな時期に大わらわだった(汗)、
子猫ちゃんのママさんからのお便りです(^^)
かなり可愛い、まったりしているテンくんのお写真も↓来ました~!

5兄姉の末っ子(って、思いこみ)だった彼。
ちょっと大きくなるのが遅く、ちょっと(いつでも)下痢体質で・・・
おムコにだして大丈夫か・・・かなり悩み(直前まで悩み)、
ママさんの力強いお言葉に甘え、今まで来ました。

正直、ママさん、とても大変だったと思います。
下痢っ子のお世話。細かいことをいうと、猫砂の消費量の半端ない多さ、
その子が足にあれをつけてしまった場合の室内の清掃、
ご飯への気配り、先住猫さまへの気配り・・・ほんと~に思った以上に苦労があります。

ママさんは、それでも頑張ってくださった。
いつでもお戻しになっても仕方ない状況を越えてくださった。

そして(やっと)今、その苦労の甲斐あって、
テンちゃん、下痢体質からの(ほぼ)脱却を!
って、そうなのです、かなり地道な苦労が必要になる子もいるのです(汗)

もう、こうなると、ママさんには足を向けて寝られない(本当に!)。
テンくんが健やかに幸せでいるのは、ママさん・パパさんの愛情あってのこと、これに尽きます。
本当に、ありがとうございます(号泣・・・ねこ子、いちいち大げさ。でもマジです。)

また、お便りくださいませ♪
めちゃめちゃ嬉しいです。癒されます・・・ねこ子が!?(^^)

08514ten.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ちゃう、涙目(泣)  

ちゃうとセーラーくんのツーショです。
いつもこの構図です、最近。(ちゃうがまず出てきて、セーラーくんが隙をうかがう、という)

ちゃうちゃんの涙目、どっぷりたまってしまっているけど(痛々しいの)、
悪い時期よりずっとよくなった。目がちゃんと開いている。

こんな状態だから、早く保護したいのだけど、
お膳立ては、全て整っているのだけど、
いかんせん彼女の気持ちが定まっていない。(って、そうさせてしまった部分もある)

この涙目を見るととても焦るけれど、
あえて焦らず、距離が縮まってきたところを、仕掛けるつもり。
(日によって近かったりそうでなかったり)

ああ、早く入ってくれますように。
いつも願っている。

うーん、意外と欲を見せると日本の神さまは、人の足をすくうのよね~。荒ぶる神なので。
平常心で、できることをやる。欲を持って欲をかかない。

・・・そんなこんなで精神修養の場になっているのが大学猫です。 ううう~む。

08513chausailor.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

キジトラさんもたくさんいる!  

大学猫・親戚さんたち合わせて、今まで茶トラさんが多かった。
世間では貴重と言われる「茶トラの女の子」も結構いた(いる?)。

ところが!
ここ最近、新猫さんにモノトーンが目立つこと(セーラー・はちろう・くろ・たびっち)は、
この間、お伝えしたとおり。

色柄の偏りがある・・・?と思っていたのですが、
なんとよく考えてみると、この日記、この数日、お写真、キジトラさんばかり。

何しろ、保護した赤ちゃん4つ全員、キジトラ!
(一瞬、うちの隔離部屋(?)にはキジトラさん大小合わせて4つ!)
3.9キロのこうくん、650グラムのももちゃん、85~100グラムのたろじろ。(当時)

こうくんのおムコ入りが最後になりそうですが、
それが意外とお問い合わせがあるのです!(まだ募集中ですが:汗)
うーん、来てますね、彼のバイオリズムが!(あははっ)

今まで、茶トラさんしかよく知らないねこ子、
キジトラさんの魅力に?!と思ったりしていますが、
よく知ってみると、これまた味わい深い柄なのですね。

何というか、猫らしい?と言うのでしょうか。

こうくんの、「あのね、あのね、ご飯くだしゃい!」というようなあどけない眼差し、
真ん中に黒が走る意外と野生溢れるシャープなシルエット。
このギャップが可愛らしいのでしょうね。(うんうん:^^)

全ての子に、ステキなご縁が(早く)来ますように!
こちらご縁速度が速まれば、同じ期間でおヨメにいく子の数が増える、と単純に思うわけです(笑)
それに仮宅に長くいるのは切ないし。(実際のところ仮宅という感覚なく一緒にいますが:笑)

今日のお写真はキジトラさん集大成、みゅうくん♪です(^^)
ひゃあ、この子の今の幸せ、お写真を見るとヒシッと感じます。
これも全て、ママさん・応援のみなさまのおかげ♪、本当にありがとうございます(^^)

08512myu.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

たくさんの命!   

昨日は、Saori・ねこ子ダブルフル回転(?)の日でした(^^)
ねこ子、ボクちゃんの診察、Saoriお届け・あい(ぴょん)ちゃんの通院です。

ボクちゃんって?そう元こうくん。(何となく勝手に呼称ボクちゃんです。だって全然赤ちゃんなのですよ:笑)
実は足の怪我、獣医さんも太鼓判の完治!なのです~! 
すでにテーピングもなし。本にゃんもはね回って甘えまくっております(^^)

(問題の?)お迎えの日そのまま病院に決死の思い(ねこ子?ボク?)で駆け込み、
とある治療を受け、その2日後には快方に向かっていることが判明していたのです!

その前の1ヶ月強、治る兆候も見られず、悩んだ傷、
治療方法についてかなり悩み長丁場の通院になるのかも?と決意していただけに
この2週間の完治、奇跡のように思います。

思うに、それまでのケア+その後の新処方が、たまたま合っていたのでしょう。
関わってくださった全ての人に感謝です。ありがとうございます。

その間、こいちゃんのお嫁入り。Saoriが走ってくれました。
こいちゃんは、「ももちゃん」というこれまた可愛らしいお名前になりました(喜)。
さっそくご家族からお便りが来ました!お写真も!↓

うん、よかった~。どの子も保護の時は非常に心が揺れるけど、今は単純に純粋に喜びのみ♪
神さま、ありがとうございます。

そして・・・。あいちゃん(ぴょんちゃん)の通院、Saori・ねこ子合流です。
あいちゃんは、まだとてもほっそりしている。ご飯の食い付きもあまりよくない。
でも、何とか快方にむけて・・・動いています。
すでに決まっているママさん・パパさんのもとへ、元気にお嫁入りさせる、そう思っております。
(ももちゃんも可愛いのですが、あいちゃんも、可憐な美少女になりました!)

この季節、あっちで子猫ちゃん、こっちでも、そして中猫さんや大人っ子の捨て子も~?!
と、かなり泡ふく季節ではありますが、何とか気丈に頑張り抜きたい、
そして来年(こそ)は、も少し余裕がありますように、と祈ってます(苦笑)

ああ、それよりも今のところのお願い、大人っ子のおうちが見つかること。
シンくん、ボクちゃん、まーくん、ムーンもナイトも、ダミィも・・・羽ばたけ~!

08511momo.jpg

category: いろいろ♪

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

たろくん、がんばる!   

たろくんのお写真です。

・・・ミルクを飲んでいるとしますよね、こんな目(汗)
いっちゃってるのです、心が(笑)

ほんと~に愛らしい。
赤ちゃんは無邪気と言われる所以でしょう!

たろくん現在体重300グラム。
ピンとした長い尻尾がチャームポイント。

箱から出てきたときは、100グラム弱。
お目々も耳もなかった。
それが、やっとにゃんこさんらしいお顔に!

がんばれ!生きていること、それだけで素晴らしい。

08510taro.jpg

category: 赤にゃんズ

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

子猫たち   

あいちゃんとこいちゃん(左ぴょんちゃん:ねこ子呼称)の姉妹お写真です(^^)
いや~子猫はアイドルですね、やっぱり。(大人っ子より生命が不安定で苦労しますが:汗)
可愛いですね。

この子たちは、違う場所で違う時期(3日違い)で保護された子猫さんたち。
全く違う境遇からきたけれど、とてもいい感じ。

あいちゃんの方が彷徨った時間が長い分、体調崩し気味だけれど、
こんなお写真を見ると、(こちらが)元気になる。

先日、友人さんのとも猫さんのところで「捨て猫」さんのお話が。
リードで繋ぐこと、捨てる方の愛情なのだとは思うのだけれど、切ないなあ。
だって、そのリードによってその子の生命の危機も起ころうに。

リードをつけない事による危機もあると思う。
つまり、どのような形にしても・・・捨てる行為は、猫ちゃんを危険にさらすのでしょう。

どんなにその子のことを想っても、その子を危険な目に遭わせることは必至。
でもそうせざるを得ないと思い込んでいるその人の気持ち、想像はつく、同意はしないけど。

この時期は特に、「愛」について考えてしまふ。
他者にできる(見せる)愛情。
最終的には、その子が痛み(心も体も)なく幸せになること、これにつきるのですが・・・。
悩みます、とても。

0859koiai.jpg

category: いろいろ♪

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

小さい方のあの子が・・・。   

箱で保護された小さいブラザーズの小さい、じろちゃんが、
おとといの朝、お星様になった。

保護当時85グラム。
湯たんぽ代わりのお湯シートが入っていたけれど、
それもすっかり冷え切って、その上側溝の中にいた兄弟。

食い付きが悪く、ミルクもいやいやしていたけれど、
やっと吸い付くようになったと嬉しそうにSaoriは言っていた。
自分の睡眠は、3時間おきの授乳に削られ、
保護したばかりで夜鳴きするグレコに奪われ。

今日は言っちゃう。
猫ちゃんの「死」、日記で語りにくい・・・語りたくない。

この5年でもう300匹近くお世話していて、何十匹とその死に直面している。
・・・慣れない。当たり前だけれど、慣れないのです。
その度にフレッシュに心に痛みを引きずる。

なのに、心ない人がいる。
「たくさん相手にしてきたから、感じてないでしょ」とばかりに痛い言葉を投げかけられる。

それどころか、5年前の赤ちゃんだらけの時には、
こちらにきたから・・・などと言われてしまったこともある。

そう、失った悲しみに、さらなる痛み爆弾を与えられることがあるのです。
だから、必要以上に「死」が恐ろしい。
ベストを尽くしているけれど、自分は本当にベストを尽くしたか考え込んでしまう。

長生きをして、美味しいものを食べて、楽しい時間を享受する。
そうでなければいかん。
それが叶わなかったとき、もの凄い痛みに襲われる。

お写真は、くっきー。(じろちゃんはキジトラさんだったから大人イメージ。)
生きて、そこにいてくれる、それだけで嬉しい。
毎日がなにげに過ぎていく、それがどんなに幸せなことか・・・と教えてくれている。

・・・たろちゃん、頑張れ。

0858kukki.jpg

category: 赤にゃんズ

thread: 今日のつぶやき。 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

セーラーくんの距離。   

とりあえず、1メートル。離れています。

ご飯を設置してもなかなかよってこないセーラーくん。
こちらが離れて、「見てませんよ」とあちらの方を向くこと3分。
やっと食べに近づく。(お写真:^^)

慎重くんである。
とはいえ、人を見ても逃げなくなるまで、めちゃくちゃ早かった。

おそらく秋ぐらいには、ポムちゃんのように触らせてくれる。
それから・・・と思っています。

子猫ちゃんシーズンが終わって、秋から冬にかけてが、
大人っ子の保護の季節。

子猫シーズン=子猫捨て子、がなければ・・・。
年間を通じて、大人の保護が支障なくできる。

苦労している大人猫さん、早くその苦労をなくしてあげたい。
でも、子猫ちゃんは捨てられたままじゃ100%、ダメ。
でもでも、子猫ちゃんを保護していると大人っ子がどんどん後回しに。
矛盾ですね。

「捨て」子猫シーズンがなければ・・・。あ、大人猫も捨て子か?!
そっか、同じだ。捨て子がなければ、この現場、とうの昔に終わっている~。

猫がお外に暮らすこと、試練でしかない、このことをもっと訴えねば!と思うのです。
お外の子を目の当たりにする、これも一つ。
お外からおうちに入った子がいかに医療を必要とするかを見る、これも一つ。
(とはいえ、生体販売の子も最近では医療を必要とする子が多いとか。
 こちらは人工繁殖故の問題があるようで。・・・厳しい)

おうち猫の寿命は最長27年を記録する。
お外猫さんは平均2~3年。(大学猫は奇跡です)
お外を何年か経験して、おうちに入る子の寿命も短い。

保護ネコさん短命の原因は、他に考えられないので、やっぱり「お外生活」です。
お外にいる子の「生命時計」は非常なるスピードでその時を刻む。
(なぜ早い?やっぱり「野生」ではないから。
 ときどき「お外っ子」のことを「野生猫」的な表現をする人を見ます。
 私もそんなもんでしたが(笑)お外っ子は野生猫(イリオモテヤマネコ?)ではありません:苦笑)

・・・厳しい現実です。

0857sailor.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

たびっち考?!  

この数ヶ月、数々の大学っ子を(必死で)保護してきた。
結果、11匹を数えるのみに!

注意深く日記を読んでいらっしゃる方には判ると思うのですが、
去年の9月からこっち、8匹の大人猫さん保護にもかかわらず、減っていない!

定着しているのかどうか、それも確認できないのですが、
チラホラ見るのです。それも・・・みんなモノトーン!(それはどうでもいいことですが:汗)

セーラーくん・はちろうくん、定着気味のふたり。
栄養がいいのにお産の雰囲気のかけらもないので、おそらくボーイズ。
(男の子の去勢手術は保護と絡めたいので、少々お待ちを!)

その後、黒い子をTさんと共に目撃・・・?お腹???、
ですがその後、見ません。

そして、お写真の「たびっち」。2回目撃しました。
あまりに特徴のある子なので、おそらく4年前のあの子。

お外っ子でこちらの目撃情報もなしにそれだけ生き延びる、ありえない。
・・・外飼いの飼い猫さん?

いろいろあるけれど、栄養状態のいい大学なので、
子供が生まれるのも、その子たちが目に見えて動き回るのも今ぐらいのはず。
見ないのは、このモノトーン一族がみんなボーイズの証。(クロちゃんだけ危ういが)

その他、子猫単体で現れた場合は、100%捨て子と判断していいはず。
この時期の新猫・・・必要以上に恐いです。

もう一つ、この時期の新猫さん・・・卒業・お引っ越しと同時に捨てられる子がいる、と聞いています。
そういうことなのかな? 捨てられて、やっと今、人前に姿を現している?
だとしたら、不憫すぎる。あまりに辛すぎる。

生き物は人間の消耗品では、決して、ない。
一緒に生きてこそ(あるいは自分ができなければファミリーを捜す)、
地球に優しい生活ではないでしょうか。

今の時期の、新大学猫・・・厳しい現実です。

0856tabicchi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

子猫ちゃんオンパレード?!  

はい、何度も言いますが子猫ちゃんの季節です。

・・・今日のご飯やり、雨のせいか子猫ちゃんの鳴き声もなく、
ちゃうちゃんの呼び声に引っ張られ、たっくさんのご支援缶詰を食べてもらいました。
みけよんもいる!あの子もあの子も! うん、頑張るんじゃぞ。
そして、ねこ子が保護に来たらちゃんと捕まっておくれ。(恐い人には警戒しておくれ)
そんな大学でした。

じゃあ、オンパレードとは?・・・大学外のこと(汗)

昨日一日で9匹の子猫ちゃんのファミリー募集を頼まれました(驚!)
いいんです。そのための努力は。いいんです(笑)

それより気になったのは、世間ではなんと捨て子の多いことか。
大学内も、たっくさんの猫ちゃんがいて、その中で繁殖し、人前にガンガン現れる時代には、
今の3~4倍(ねこ子調べ)の子猫ちゃんが、捨てられていた。

不妊手術が完了し、目につく子猫は完璧に保護する今、
前ほどビックリ出会いはないのですが(って、この間あったが:汗)、
世の中の多さには、ほんと~に驚きを隠せません。

今は、こんなにネットも一般化され、幾多の通信手段もあり、
人と繋がるチャンス(ことによると事件性も高まりますが)があるのに、
目の前の小さな命をあえて置き去りにする・・・なかなか・・・です。
(もちろん、それを保護するのも同様に度胸のいることですが。
 思うに、出会わないことがベストですね。・・・でも人間長く生きていると絶対に
 そのような局面に出会うようにできているような気がする。
 そうねこ子も出会わない人でした。それが!・・・ひゃあ~:汗)

ねこ子にできるお手伝いはする。そう思っています。
そのつもりだから、できないことはできないという勇気も持っているつもり(おいおいっ)
できることとできないことを納得しあって、協力して小さな命を幸せロードに乗せる、
こんなことが当たり前にできたら・・・この世の中ステキですよね。
いいですよね!

今日は理想を語りたい心境でした。(恥)
(ああ、9匹・・・頑張れ~、ステキな出会いを引き寄せるのよ!)

お写真は、あい(ぴょん)ちゃん。
この時も可愛いけれど、今はもちょっと違う印象(のはず)。

子猫ながらに彷徨っているときは、非常に厳しい目つきになるのです。
極度の恐怖がそうさせるのでしょう。子供にそんな目をさせてはいけない。

0855ai.jpg

category: いろいろ♪

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ちゃあちゃんの可愛らしさ。   

ご飯場③に現れる、ちゃあちゃん。(後方にくっきーの後ろ向きが!)
あまりのかわいさに、つぃウットリしてしまう。

どうして可愛いだろう?と考えたときに、
その足の短さに、気がつきました。「みじか~!」

うーん、大学猫さん、みけよんといい、ちゃあちゃんといい、
昔からの一族は、とても足が短い(笑)

苦労した(している)分、神さまは君たちを可愛らしく愛らしく作ったのだね。
世の中は不公平というけれど、よ~く考えてみるとそうでもないのかな?などと思う一幕でした。

ところで、ポムくん・しんくん・ナイト・ムーンの消えたご飯場③。
強敵がいなくなって、やっと、へなちょこ「くっきー」と「ちゃあ」の時代?と思っていたのに・・・。

はちろうくんや、たびっち(最近復活?顔全部が黒い白黒さん)、
クロさん(昨日の新猫・・・ああ!)が台頭してきている様子。
なかなかあの子たちの天下にはならないね。残念。

元気に生きるのよ!

0854chaa.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

えむちゃんのワクチン   

えむちゃんは、4年前におヨメに行った茶トラの女の子。

今では会いに行っても、すっかり内気になり、なかなかコタツから
お姿見せてくれませんが、元気に楽しくママさんとお兄ちゃんと暮らしています。
(誰にでもよっていったあの頃は、切なかった。
 生きるための人慣れ・・・彼女にとってどんなにかストレスだったろう。)

この時期は、ワクチン。
4年前から、その度に高熱を出してしまう、えむちゃん。
ママさんもいつもアフターケアに追われてしまう。

いつか体もそれに慣れてくれるといいのだけど・・・。

これからも、元気でママと一緒にステキなライフを送ってください。
あの頃より、と~ってもかわゆくなったよ!幸せなんだね。

0853emu.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

グレコがいなくなって。   

大学猫ちゃんの変動期も大分進み、今や、「一見」猫のいない大学です。

猫ちゃんが人慣れしてたくさんいた当時(5年前)、
猫ちゃんとの語らいを憩いとする学生さんも何人かいて、
もちろん懇意の猫ちゃんがいたりして、その子をとりあげてしまうとは?と思わないでもなかった。
(何というか、今時の言い方で「心のケア」のような感じだなと思う接し方・慈しみ方をする人もいて)

理事の先生とのお話で、この活動のことを認めてくださり、
ご飯やりが猫を「増やす」ためでなく「減らす」ものであることも、判っていただいて今があるのですが、
一部の人にはお話が通ってなくて、「大学は猫と共存しない」と強い調子で言う人もいます。
(あ、こちらも共存のつもりはないのですが、「ご飯やり」という行為が一見そう見えてしまうのです。)

一部にそういう人もいる(残念ながら事実。大学は大きいのです)、
そんな環境に、猫ちゃんは放っておけない。
そう考えて保護でもあります。(一番の理由は猫ちゃんサイドのことですが)

そんなこんなでグレコちゃん。
未だに人にも猫にも同じ距離を保っているけど(ご飯やトイレは完璧)、
彼女のためにできることは、これしかない!と思っています。

グレコがいない大学では(ご飯やりさんの毎日の情報によれば)、
きっちり現れるのは、ご飯場②に、ちゃう・キジ川さん・セーラーくん、
もう一つのご飯場③では、みけよん・はちろう・くっきー・ちゃあ・しーちゃん、です。

新入りのセーラー・はちろう以外は、大学猫3大血筋の子たちです。
(える~系列・ぱふ系列・ちまきちゃん系列)

お写真は、キジ川さん。
距離を縮めない慎重派。その割にご飯を入れていると一目散にやってくる。
(きみのレベルでは)慣れているのね♪ よかった(^^)

0852kijikawa.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

まーくん現れる~!   

まーくんを紹介されました(汗)
短い尻尾(お見せできず、すみません)の可愛い男の子。
彼は軒下でご飯をもらいここまで成長してきました。
右目が涙目のため腫れ、保護主さんが慌てて病院に連れてこられました。

もうお目々はちゃんと処置して開くように。
それでもご飯を食べた後、ちょっと涙が増えるよう。
栄養状態も環境も劇的変化を遂げたので、しばらくすれば治まるはず。
様子見です。(状況に合わせて、目薬もありですが)

劇的な変化・・・そうこの子はおうちに入ったのです!
預かりさん宅で、新しい家族とのご縁を待っています。

この子もラッキーくん。
朝、ねこ子がお写真を取ったときはまだおうちに入れるか判らなかった。
その数時間後には、おうちに入り、預かりのお兄さまにゴロゴロし、
そのさらに1~2時間後には、きっちりトイレで大小用を足す大物でした(^^)

生まれてから9ヶ月やそこらをお外で暮らしてきたお外っ子が、
おうちに入った瞬間、立派なおうちっ子になっている。すごい!
(まだ大人になりきっていない人慣れした子だから、この早い適応、あり得たのですが)

子猫ちゃんがたくさんいるこの時期だけど、がんばろうね、まーくん。

ちなみに、まーくんを預けて数時間後(ちょうど彼がトイレに入った頃)、
私たちは前述(昨日の日記)の子猫ちゃん3つの保護をしていました(汗)
また後から知ったのですが、預かりさまも後日子猫2つの保護があったようです。(まーくんとは別室のようです)

うーん、ゴールデンウィーク恐るべし。
毎年、何か(猫さんの)事件が起こります。

何が来ても大丈夫!と悟りを開くまでには、相当時間がかかりそうです。
保護の瞬間の自分の胃がどんな形をしているかわかる~と思うぐらい、心の揺れがあります(汗)
それを嬉しく思うのはおヨメに行って何年かした後のことなのだといつも思います(^^)

0851maa.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪