大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

子猫の季節、到来。  

そうです、大学猫にもやってきました。(世間からすると遅めですね。)
子猫ちゃんの季節。・・・現在4匹ちゃんが保護されました。
全員が捨て子とおぼしき感じでおりました。(現地生まれでない様子・状態。)

もちろん、どんなに年数やっていても保護するときは心に摩擦がおきます。
(そんなにいうほど、私たちは特別なことをしていないと思う所以です:苦笑)

この子を保護?でも、今うちにはたくさん困っている子がいる。
医療にかからなければいけない子も結構いる。新しい子が来ることでストレスを感じる子もいる。

うう、正直、困る。じゃあ、やめ? ありえへん。(なぜか関西弁)
それじゃ、この活動を始めた意味がない。それよりも、このままじゃ絶対死んじゃうよ。

こんな葛藤を毎年、毎月、毎子猫さんを発見するたびに思うわけです。
(ね、善人じゃないでしょう?:笑)

もういい、保護する。そのかわり(?)みんなちゃんとすてきなご縁を見つけるのよ!
この辺も訳解らんことを思いながら保護します。

しかし、今年の保護はかなり唐突。
こいちゃん(1匹目・昨日夜半なんとお見合い決定)を保護。
「子猫保護した~、ど、ど、どうしよう」(って言いながらSaori、抜け目なく健康チェック・雌雄チェック)

Saoriとねこ子、合流。停めた車の中のこいちゃんをよく見るべく近寄った、ねこ子。
その足下(!)に段ボール箱が! 心なしか、(ネコさんの)悲鳴が!

ありえへん!(再度関西弁) 段ボール箱に100グラム前後の赤ちゃんが二つ?!
今、他の子保護したばかりなのよ~!(大きさの違いから別口?)
それもなんか、お湯袋?湯たんぽ?子猫ちゃんたちへのアイ・愛・哀?

それがここ、どぶの中に? 愛ありやなしや?
(結局、この子たちは箱で一度捨てられ、発見者がもう一度捨てたのでは?という見解です。)

こんなに絵に描いたような捨て子は初めてでした。
実際出くわすとこんなに感動のないものだったのですね。

捨てるのにはいろいろ理由があると思うのですが、その後保護されなかった子の行く道はひとつ。「死」のみ。
(たまたま偶然生き残る捨て「子猫」ちゃんはいないと思う。そんな知力も体力もない:泣)

出会った4つ。ラッキーな4つ。(箱の子たちは、とても小さいのでまだまだ無事とは言い切れないけれど)
「その時」みなさまは、どうされますか?(ああ、その時が来ないことをお祈りいたします。)

お写真は、昨日の夕方保護された子。(仮称もまだ。この右腕?が大人びている?)
かわいい~ですよね。子猫ちゃんは本当に無垢な可愛らしい表情をしています。
この子のにゃん生は光り輝くものでなければ。そう胸に誓っています。

08430ai.jpg

category: 赤にゃんズ

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

とうとうっ!  

今日は、グレコちゃんのお・う・ち写真です!!!

このような喜ばしい日が来ようとは!
「どの子も保護する」そう心に誓って幾星霜(つまりあの子は保護、あの子は・・・という選択ができなくて:汗)、
あと10数匹の段階で、グレコの順番が回ってきました。

もちろん、ちゃうちゃんの預かり先・みけよんの預かり先、
いろいろお願いしまくり、その結果グレコちゃんなので、申し訳なさもありますが。
(このような順番になったこと、どなたも快諾してくださいました。もちろんまだまだやるわよ~!)

やっと春。やっとおうち。
グレコちゃん、待たせてごめんよ。そしてよくぞ無事にこちらに来てくれたこと、嬉しいよ。
この4年は長かった。いつかいなくなってしまうのでは?(病でひっそりと)と不安の中でのこの4年。
来てくれて、ありがとう。そして君が耐えた分だけ、ねこ子も頑張るからね。

ところで、さすがに大人っ子、それも人に触られ慣れてない大人っ子。(寄って来ますが)
新しい環境に慣れるのも時間がかかります。
グレコちゃんは3日のハンスト。撫でるとまず猫パンチの応酬。
(Saoriの手の赤い線がその激しさを物語り・・・うう、すまんです。ごめんなさいです。)
いろいろくぐり抜けて、現在トイレも完璧、食欲サイコー潮。おうちっこ現在進行形。

こういった子をおうちに入れてストレスかけていいものか、悩むこともあった。
でも、今は全く迷いがありません。
だって、りんくん(元えみりくん)も、ムーンくんもナイトくんも、もう寂しい目はしていない。

触れないから、環境の変化に耐えさせるのは可哀想だから・・・
こういったことを越えて、やっぱりネコさんはおうちがいいのだと感じます。

グレコちゃんの目は、もう寂しくない。
でもお外に君がいないのを確認するときは、ちょい胸に来ます(笑・涙)

08429gureko.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ポムくん正式決定~!   

はい、ポムくん正式にママ・パパさんの家族となりました(^^)
うお~うれしい!うれしいぞ~!

お写真は、ママさんから。前日のしーちゃんの友達と同じく、「ポムくんと仲間たち」。
(とはいえ、それほど仲良しでなく、むしろネズミくんの方がいいらしいです:笑)
とっても、かわいいぞ~!

(唐突ですが)そして、今日は幸くんが戻ってきました。
足の怪我が思わしくなく、これ以上は・・・ということで
帰ってくることに。・・・誰も悪くない、とても残念だけど、そうなのです。

さらに、今日の捕獲、グレコを保護することができました!
かなり簡単に保護できたのですが、病院&キャリーの中では、
ドスのきいたうなり声で年増女(?)の意地を見せてくれました(^^;)

嬉しいことも不安もある。
でも、今日は何にでも感謝したい気持ちでいっぱい。

幸くんの傷、治療・・・と心配がある。
グレコはグレコで、おうちっ子になるための躊躇いもあるだろう。まだ道は長い。

それでも、心配しケアできる幸せ、そういう幸せ、あるのだと思う。

今日のアメの中、寄る辺なく彷徨っている子もいるのだから。
人知れず、ひっそりとあちら側に旅立つ子だっているのだから。

目の前にいて、それもケアできる、それはもう奇跡に近い出会い。
その奇跡をモノにできたことを喜びたい。

悪い面を見て悩むことが、どれだけ不遜なことであるか、
大学にいる寂しい目をした「大学猫」たちは、教えてくれている。
そう思います。

ポムくん・グレコ、よかったね。
幸くん、がんばろう!

08424pomme.jpg

category: いろいろ♪

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

しーちゃんとそのお友達。   

しーちゃんのママさんからのお便りです(^^)

しーちゃんのお友達紹介です♪
・・・(ぬいぐるみ)のワンちゃんですね。
スキなのですよ、ねこ子が。こういったお仲間写真(笑)

特にこのお写真のしーちゃんの表情がいいですね。
もしかして・・・この友達、話すことができないかも?!と半信半疑になっているような。
とても味わいのある表情をしていますよね(^^)

猫ちゃんの感情のヒダは複雑。(いい意味で)
意に染まないことをすると人は叱る。
でも、先方のネコさんは、その叱られ方により、もう一回するかしないか決める(汗)

叩いて怒られたりすると、もう大変。も1回やる!
順序立てて、こうだからこうしてね(ジェスチャー入り)・・・やめてくれるような(汗)
そう、人の言葉を理解しているかいないか、「している」と思うのです。(時間がかかるときもありますが)

だから叱るというより、頼む感じ。
「それは、イヤだから、やらないでね?」「やらない場合は、おやつあげる」(これはアメとムチ?)

こんな感じに接すると、だんだんお互いの生活のリズムが合ってくる、
一緒にいるのが自然・・・「家族」なる、そういうもののような気がしてます。

実際、大学でネコに普通に話している、ねこ子の図、結構、痛いものありますが(苦笑)
でも信じているのです。話せば解る、と。

家族がずっと一緒にいられますように・・・!
いつも祈っています。(^^)

08423shizuka.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

春の雨はやさしい。   

今日のお写真は、先日の雨の日、
まちがって(?)ねこ子のごく近くに飛び出してしまった、
はちろうくんの困惑の表情です(笑)

はちろうくんとの距離は、かなり縮まった。
でも、あの雨の日は、別。ちょこちょこ降ってくる雨を避けるため動こうとして、
鉢合わせてしまった模様。

はちろうくんのとても人間らしい焦りの表情が、微笑ましいですね。

飼われていたのかな? 飼い主さんと一緒にいるのかな?
(毛のあれ具合から)もう一緒にいなくて長いのかな? 探してくれているのかな?

大学のネコは、お互い怯えながら、他ネコと距離を保って
(決して)傷だらけになるようなケンカはしない子ばかりが残っている。

ここは、はちろうくんのような元飼い猫さんモードを発している子に、
居心地がいいのかもしれない。

捨てられ、迷った猫ちゃんのその後。
それは、切ない。彼らの表情・毛づや・距離感が物語ります。

このままでは絶対にいけない。・・・珍しく怒りのねこ子です。

08422hachirou.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

あの子が帰ってくる。   

まだこちらに帰ってきていなくて、実際何も判断できない状態だから・・・かもしれない。
先日の日記にあったSaoriの夢じゃないけれど、さすがのねこ子も、うなされた。

あの子が帰ってくる。
大きな怪我を経て、やっと見つけた最高の幸せを掴みかけたのに。
残念ながら帰ってくる。理由は足の怪我。

一口でそういうと正確に伝わらないのですが(そして詳しいことは今の段階でははっきり言えない)、
その治療のためにママさんはこの一ヶ月強を通院してくださった。

側でその痛々しい傷を直視するのは、とても辛いこと。
それを来たばかりのあの子のために頑張ってくださった。

有り難い。感謝しかない。それが限界に来てしまっても
そこまで頑張ってくださったことに、感謝以上の感謝をしている。
本当に、ありがとうございます。

昨日は、帰って来るであろう、あの子の怪我のことを考えたら眠れなくなった。
(考えただけで眠れないわけだから、ママさんの苦痛はいかばかりであったろう。)

肉芽が再生し続けたら・・・再手術、再手術になったら・・・。
イヤそれより、あの子の痛みは? イヤそれより、さらに他に傷があったら、それも?
イヤそれより、どう通う? こうしてもらおう、ああしてみよう・・・。 

まだ見ぬ症状の、ありとあらゆる可能性を考えたら・・・心臓がゆれた。
昨日から、そのことを考える度に、もう後は獣医さんにお診せしてから!
そう考えるようにしているのに、いざ横になるとそれが頭を離れない。

うう、無神経体質のねこ子も、さすがに猫ちゃんの痛みに弱いっ!
ああ、○○くん、がんばろうね、ねね?!

お写真は、ムーンくん。
彼も時同じくして外傷治療をしたにゃんこ。
大分深く掘ったけれど、現在だいたい治癒。彼にあやかって・・・。

08421moon.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

今日は・・・  

今日は急遽、Saoriとご飯やり。
「・・・グレコはもうおうちに連れて行こう。」
そんな合い言葉(?)と共に行きました。

じゃあ、ちゃうが捕まったら?いや、新入りさんが捕まった場合は、
去勢・避妊手術は?予約は?・・・などとかなり、想像ふくらむお話をして、
いざ大学へ!

そして~。
???れれ? いない、いない、グレコがいない。

なんで?いつも行くといさんでくるのに。
今日に限って(実は金曜日も会えなかったが)、出会えないのはなぜ~?!

Saoriとねこ子のふたりなら、グレコは手づかみでいける!
ああして、こうして・・・と膨らんだ妄想がしゅわわ~としぼんでしまった。

何より出会えたのが、セーラーくんとはちろうくん。
それと(ねこ子だけ見た)逃げる、みけよんのお尻だけ(汗)

うーん、残念である。
と同時に、なかなかネコさんに出会えなくなった大学に安堵。

「あの頃は・・・」で始まるお話。
池の近くでご飯をあげると、ぞろぞろとよってきた大学っ子に囲まれ、
カツあげ状態でご飯を奪われた日々。あれが懐かしいようで、もうないことに、
非常に安心するふたり、でした。

今週木曜も捕獲。うーん、やっるぞ~。
とにかく、出てきてくださいませ。(汗)

お写真は、天気のいい日のグレコ。
こんなに接近できる子、もうグレコといくつかさんだけ。
うーん、今日は残念。

08420gureko.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

セーラーくんが♪   

昨日は大雨だったのですが、お昼間のちょっと小やみになったときに
まずは「ご飯だけでも」と思い、ご飯場を周りました。
(週1回のお掃除・シェルターの毛布入れ替えは、後ほどと思い。
 結局その後、雨は止んでいた。毛布もご飯も濡れずに済んだ♪)

雨だから、いないかな?と思いきや
ちょっとの間にたくさん来てくれた。
(・・・当たり前かもしれませんが、雨が降っていてもネコたちは、濡れていません。マジックですね。)

で、ちゃあ・くっきー・ちゃう・キジ川さんは、もちろんいて、
なんと、はちろうくんとセーラーくんがそれぞれのご飯場で、ねこ子に、急接近!

今日のお写真は、そのセーラーくん。
なんか、先月の出会い以来だけれど、ちょっとふくよかになった様子。
そして何より、かなり距離が縮まったことが、嬉しい。(近すぎて、驚いている彼♪)

この子たちは、ポムちゃん(旧ポンたん)や、しんくんのように、
保護も簡単でおムコ先もすぐに?!というタイプの子だと思う。

その機会が、すぐに訪れますように。
(同時に、旧メンバーの保護もできますよう~)
猫の神さま、お願いします(^^)

08419sailor.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

「あしなが」さま!   

大学猫hpのトップで、ひっそり呼びかけている「あしなが」さん。
ゆっくり、確実に集まりかけているのです! う、うれしい~、うれしいです。

ページには、毎月「必ず」必要となる医療・・・
のの・茶おやじ・まりあちゃんのお三方で、だいたい3万円~3.5万円と。
(まりたんの費用が定まっていません。いいときも悪いときもあって。周期的な下痢と膀胱炎の調子。)

医療費と言えるかどうか判らないので、その費用に計上していないけれど、
まりあちゃんについて、おむつとおりものシート、非常に消費が激しい。
下痢が続くと汚れてしまうので使い回しが効かない・・・
毎回代えざるを得ないときがある、トイレは一日数回いくし。
意外と、こちらの費用、嵩んでしまっています。(本当にすみません)

こんな状況の中「あしなが」さん、非常に心が強くなります。

「あしなが」さんって、どんなもの?
率直に、ご興味をお持ちの方は、聞いてくださります。

とても変なお話かもしれないけれど、そういった「お願い」ページを作りながら、
はっきりお願いすることに躊躇する、ねこ子は、肝心なことを書いていないので、
自分、いかんな~といつも反省。(うん、ちゃんと書いておこう:汗)

そう、みなさまに個別にご説明しているうちに、自分の考えが固まった、ようなところもあります。
「あしなが」さんは、上記の必須医療費の一部を助けてもらう基金です。

額も期日も、ご参加いただける皆さまのお気持ちで。
でも、必須なのは「定期的」「継続する」ということだと思っています。

この子たちが生き延びるために、皆が力を合わせている、そういったこと、
ねこ子は、素晴らしいと思うのです。
(もちろん、すべてのご支援は、そういうものですが・・・さらに感じられるというか)

これからも、ご賛同いただける皆さまからのお便り、お待ちします。
そのおかげで、Saoriもねこ子も、この丸4年(5年目に突入)、同じ気持ちで頑張ってこられた、と思っております。
本当に本当に、感謝です。ありがとうございます!

お写真は、「しーちゃん」。
もう、すっかりママ・パパっ子になって。
こんなに美しくも幸せっ子がいる。それが「大学猫」の誇り♪と思ってます(^^)

08417shizuka.jpg

category: いろいろ♪

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ちゃうの後ろ姿!   

ちゃうちゃんは、最近、ご飯場に現れにくくなっている。
かといって、全くいないか、というと・・・いる!

いるときは、精一杯鳴いて、こちらを呼びます。

で、ご飯を山盛り♪
どこかの地点で満腹メモリがいっぱいになるらしくて、
そうなると、くるりと方向転換して去っていく(お写真)。

あまりにげんきんな姿に、あっけにとられるけれど、
その後姿の後頭部にやられる、ねこ子でした。
(一部の方はご存じですが、ねこ子、猫の後頭部が好きです。なんか、プリンを思い出す。)

尻尾が、ぴ~んとしているので、彼女なりにご機嫌な模様。
うん、よかった。

次の捕獲は、24日。
気合い、気合いだ~。(って、たまに学校が騒がしくて、邪魔が入る。そんなときは、ガッカリ。)

08416chau.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

はちわれっ子を見て・・・。   

はちろうくん(お写真)は、ご飯場③に定着しています。
きっと、きっと、人慣れしている。

人慣れした子だけれど、大学では新座者なので、
あるいは、捨てられ・迷い時間が経っていないので、慎重に人間に、距離を置いている。
慣れていそうなことはわかるけれど、あえて見張っている感じがします。

そう、捨てられた子なら、今、人間不信度マックスな状態。
迷い猫なら、ビビリ度100%という感じ。
(そんでもって、ねこ子にタマタマ見せて~と迫られ、さらに恐怖、というところ:汗)

黒白ちゃんを見ると、つぃ早くこっちへ来い~と焦ってしまう。
それは、ののちゃんの兄弟ではないか?と思っているから。

その現れ場所や距離の詰め方から、はちろうくんではなく、
むしろセーラーくんが兄弟のような気がしているのだけれど。

ののたんたちは、お外で生まれて小さいときに保護した。
ちょっと大きくなっていたキジィくんも、ある日を境に人に寄ってきてくれた。
残る黒白ちゃんだけ現れてくれなかったけれど、とても人慣れていたそうだ。

はちろうくんの距離感とセーラーくんの距離感、
同じ距離なのだけれど、どんなにゃん生だったか、解るような気がします。
・・・いい想像はできないけど。

でも、どんなに距離があっても、どの子も人間が好きなはずだと、ねこ子は思っている。
慣れにくい子もいるけれど、おうちに入って一晩で変わるその目を見ればわかる。

かつて人を信頼し一緒にいたであろう、はちろうくんの目、今は哀しい。
こんな目をした生き物を放置・・・してはダメのように思う。

うん、がんばる。

08415hachirou.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

まりたんの日常!?  

まりたんは、非常に大事にされてきたせいか、
とてもKYな少女に育ってしまった(汗)

・・・飛びつくのです。
急に、周りにいる子に飛びついてじゃれる。

相手は大抵、ののたん。でもいかんせん、ののたんの体力は万全じゃないので、
調子の悪いときには抵抗できない。 首根っこ、かまれて(ううう~:泣)
ののたんも、負けずに反撃。・・・お布団にお○っこ。きゃ~!

先々月は、おヨメに行く直前のしーちゃんに手を出し、
しーちゃんのママさん・パパさん、通院するということも!
(その時は、誰しもすぐ直る小さなものと思ったのですが、意外と場所が悪く。でもちゃんと完治!)

今のまりたんの標的は、ムーンくん。
って、どんだけ空気読めないか、解るお話ですね。
ムーンくん6キロ(それはそれで:汗)、まりたん1.7キロ。
3倍以上ある、しかも成人男子に向かって・・・きみ、元気すぎないかい?

仲良きことは美しきこと・・・かな?
ちなみにムーンくんは、まったく相手にしていない模様。(おほっ、大物♪)

※でも毎日、排尿のため膀胱を絞られその痛みに耐えている(あ、絞り手も耐えています:汗)、
 そんな彼女のことを思うと、少々(?)のわがままはあり、と思うのですよね。
 下痢の様子も良くなってきたので、近くワクチンです(^^)

※と思ったら、昨日から調子下降気味。下痢再開です。(涙)

08414maria.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ももちゃん。   

ももちゃんのママさんからお便りが!

ももちゃん、すっかり大きくなって~! もともと可愛いお顔は、そのまま。
うーん、こんな毛皮のピカピカのすてきな大人になりました。

首輪が足から首周辺にかけて食い込み付着した事による50針もの手術
(当時は40針を聞いていたのですが、獣医さんが訂正)を通り過ぎて、
おヨメに行くときはすでに、その痕跡も見つけにくい状態だった。

毛の密集度から、長毛ちゃんの血筋も入っているように見える子♪
(ご飯場③のみけよんちゃんとかに近い?でも、ももちゃんはご飯場②近くの校舎内での発見)
本当に綺麗で可愛いこの子に、「首輪をした方」は今どうしているのだろうか?
(あちこちで「迷い猫」のこと、聞いて回ったけれど、こちらに連絡なし)

どんな人に出会うか、それはひとえに募集主である私たちの手に委ねられるものなのだけれど、
完全に室内飼育、絶対に必須です。

ももちゃんの存在が、その理由です。

思うのですが、捨て猫らしき子のなかで結構な数の子が迷い猫ちゃんのはず。
そう、捨てる意志はなかったはず。でも帰ってこないことが多い。
(思っている以上に多いのです。それは猫ちゃんの習性によるものだから。)

お外は恐い。もしくは、お外に逃がしてしまって、本にゃんが帰ってこられない状況が恐い。
帰ってこられないとき、いい想像も悪い想像もできる。
そして、誠実な心は、悪い想像を模索してしまう。

痛みを背負って飢えて生きていること。虐待のこと。
こんな想像を背負うこと、これはかなりきつい、本当にきつい。

だから完全室内飼育、必須です。 猫のため・飼い主さんのため。
脱走防止措置への気配り、ここが肝心なのです。
(お外心を誘い猫ちゃんにストレスを与える部分のある、お散歩、難しいかも。
 もちろんお庭も同じ。猫ちゃんに「お庭」であるか「敷地外」であるかの区別はないでしょう。)

迷って帰ってくる子もいる。でも、そのほとんどはももちゃんのように苦しんでいるのかもしれない。
いなくなる後悔より、防止措置への気配りの方が精神的に「かなりマシで楽」。

網戸使用になる夏に向かうこの季節に、脱走防止措置・工夫、
猫マニアの皆さま、がんばりましょう~!

※誰でも1度や2度の失敗もあります。ねこ子も・・・あります。
 だからこそ、あえて自戒の念も込めて、今日のお題です。

08413momo.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

かくれ人気!   

昨日のグレコは、とんできた(^^)
タンポポとツーショット(そのせいで横長のお写真)。

もうママの「ぱふ」はいない。
パパ(らしき)子も(もっと前から)いない。
でもこの子の血筋は本当に強いようで、
同じ世代の兄姉タッチもキジ川さんもさびよ(先日情報が)生きている。
・・・茶太くんも元気!

次の世代の弟くっきーもちゃんと違うご飯場にいる。
(残念ながら、この世代の女の子たちはもう見ない)

大学猫が溢れていた時代。各ベンチや池周辺にすずなっていた時代。
それは、栄養不足の時代でもある。

母体の栄養不足、赤ちゃんへの影響、ご飯場の設置、猫数の急激なる減少。
いろんなものを見てきた世代。 (虐待など)いろんな体験を通ってきた世代。

「お外の子の赤ちゃんは、1匹生き延びればいい方。ほとんど死ぬ。」
それは本当のことです。現実にみるみる逝ってしまうのを目の当たりにしたら、
お外に猫を捨てる、絶対できない。それは徐々に時間をかけて殺す行為に等しいから。
(それでもお外猫数が減らないのは、捨て子が後を絶たないから)

その中にあって、兄姉全員の生存。
もうこれは奇跡です。いろいろな条件が偶然重なって、ここにあるのです。

大学猫には「奇跡のにゃんこ」がいるのです。
この子たちをこれ以上辛い目に遭わせないよう・・・頑張らねば。

ところで、グレコちゃん。
大学猫通(?)さまの間で、結構、人気者。
この子を見ると、え?これで外猫?うそ~?!という声がでます。
そですよね、こんなに美しい子、いませんよね。えっへん!

08412gureko.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

くろちゃん、フミフミ。  

くろちくんです。
3年前の夏に、ご飯ボランティア学生だったSちゃんの子供となった子です。
クッションにフミフミして、疲れてフ~となっている図です(^^)

くろちゃんは、突然大学に現れた子でした。
大きさは成猫さんなのだけれど、行動や毛並みが、
ついこの間まで赤ちゃんだったことを示す子で、それまでの間は見なかったのに、
現れるようになってからは非常に人に馴染んでいました。
(まさに、大きくなってから捨てられたのでしょう。)

ビビリさんでした。
いつもひとりでいて他の猫ちゃんとは交流ができない。(ここも捨て子らしい感じ)
でも天然さんで、カラスと張り合って「カカカ~!」と怒っていたり(笑)

ご飯やりさんが来ると、まず、彼をご飯場に誘導して(ついてくる)
それからご飯を、というのが常でした。

おうちに入ってからは、非常に甘えん坊になったようです。
でも白髪が多いようです。(お外時代は1年にも満たないはずなのだけれど、
他動物との関係をケンカなくスルーするための緊張感ある生活が、ちょっとでもあったからでは?と思うのです。)

今でもご飯を持って歩いていると、くろちゃんがついてきているような気がするときがあります。
寂しいけれど、寂しいとは言ったことありません。(この際、自分の感情は重要ではないと思うので)

くろちゃんが幸せ満喫している事実が重要です。(ホントです:^^)
Sちゃん、ありがとう! くろちゃん、よかったね!

08411kurochi.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ラブリーなふたり組!   

ちゃあちゃんとくっきーくんのお写真です(^^)
くっきーが、なめてもらうために頭を差し出しているのが可愛い~♪と思い、
急ぎ、お写真に。急いだのがよく判るピンぼけショットですね(笑)

このふたり組、最近、ご飯場③によく来てくれている。
・・・主のようです。

ご飯場③は、新しい子が巡ってくる。(やはり4月前後が多い。お引っ越しシーズンだから?)
すぐ近くに門があるのでその周辺に捨てる人もいるかもしれない。
未だ外飼いを良しとする感覚を持っている地域性の問題もあるかも。
(・・・この大学では虐待の事実があったので、気をつけて~と心の底から叫びたい:涙)

で、ちゃあとくっきー。
結構へたれなふたりにとって彼らの驚異になる存在が相次いで保護された今、
ご飯場③は、ふたり(+みけよん?!)の天下となっているようです。

・・・昨日のご飯やりさんの報告で、
そのふたりが新猫はちろうくんを威嚇する場面があったそうです・・・。

上記の理由で、大学に彷徨い込んでくる新猫さんなら、
皆さま元飼い猫さんで、とても人慣れしているはず。おとなしくもあるだろう。
それは、お外では彼らを非常に弱い立場に追い込むことになるのだと思う。

なので、ちゃあちゃんやくっきーのようなビビリコンビの下位になってしまい、
威嚇されてしまうのかなぁ~?!

うーん、それは哀しいぞ~。いくら縦社会の猫社会とはいえ、
捨てられた上に、他猫に威嚇され・・・どんなにか心寂しく辛いことだろう。

同じ苦労をする仲間。(猫ちゃんのみならず、猫を気遣う人間も含め仲間:^^)
仲良くして欲しい~と思う、ねこ子でした。
(とはいえ、彼らの威嚇は根が浅いので、そのうち仲良くなると思います。)

08410chaakukki.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

こゆずちゃん、美しさに磨きをかける♪  

今日のお写真は、こゆずちゃん。
とても(さらに)美しくなった~!そんな一枚です(^^)

えっと・・・まだ触れません。
でも、距離は飛躍的に縮み、「おやつ~」などの意思の疎通ができます。
気がつくと近くにいるそうです。

そして・・・手を出すと、猫パンチ(汗)
でも、それは進歩。ねこ子は、彼女から猫パンチを受けるほどの距離まで
近寄れなかったから。動くだけで身構えていた。・・・とても大きな進歩です。

ママさんは、こゆずちゃんのストレスを心配されているようですが、
お話を伺う限り、問題ないっす!という感じ。
むしろいい相性だわ~と(再)確認です(^^)

ママさん、ママさんになってくださって、ありがとうです(^^)
こんな素晴らしく可愛らしい表情のこゆずちゃんを見る日がきて、本当に感激です。
ありがとうございます(うるる~)

※ところで最近、「さびよちゃん」(会館にいたサビ猫さん)の確認がとれました。
 きっといる、と思っていたけれど・・・よかった~。

0849koyuzu.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

かわいいもの、目白押し~♪   

この連日、可愛いお写真がどんどん来ております~(^^)
今日は、この上なく可愛い風景をみなさまに~!

今日は、だみっちくん・りんくん兄弟!
お外時代にもある程度知り合いだった彼らが、縁あって今ご兄弟に~。
なんと素晴らしいことか。

弱虫(?)くんのだみっちくんが、他猫と仲良くできるか?! 
それが・・・だみっちくんの上位により成立(りんくんの下位姿勢がよかった?)しているようなのです。

うーん、お外時代に仲間に入れず「ハバにされている」ように見えた、だみっちくん。
もしかして、気が強い故に孤高のにゃんこだったの?
そなの?そうなのか?と湧いてくる疑問と共に、
(当たり前ですが)ママさんの導入も素晴らしく良かったこと、かみ締めています。

実は世間で「二人目の猫ちゃんを入れたら、先住猫ちゃんが不良に・・・」という話、
聞くのですが、そんなとき、ねこ子は地団駄踏むほど悔しい。

なぜって・・・それは単に導入が違っていただけなのに、不良になったことで猫ちゃんが責められる、
そんな状況になっているかもしれないと思うから。 でもそれは不公平~。

猫ちゃんの行動体系、そんなに思ったほど複雑なものでなくて、
人間の仕向け方次第なところがあって、それを間違うと人間にとって嬉しくない状況になってしまうときもある。
でも猫ちゃんが悪いのでなく・・・~! それは誤解なのよ~とか思っちゃうわけです。

ああ、また、ねこ子の猫マニアックな気持ちでした。
(とはいえ世間はそんなに冷たいものでもなく、それでその子への愛情が冷めるものでもないです:汗)

いうても、生まれたての子猫ちゃんをみて、
「この子たち、よく寝るわ~(注)」と感心していた、結構、動物音痴のねこ子が偉そうなこと言えませんね(笑)

注:生まれたての子猫ちゃんは目も耳も閉じています。
  なので、閉じているから寝てるとは限りません。起きてミルクを飲んでいるわけで。

0848damicchirin.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

はちろうくん、よく現れる。  

はちろうくんは、ご飯場③の新猫。
まだタマタマ確認はしていないのですが(逃げるので)、
顔つきから、おそらく・・・でもよく確認したい子です。

よく考えたら、去年の新猫ちゃんは結局全員保護して、人間の家族を見つけることができた。
だから、この子がこのまま馴れる風なら(馴れつつある)、
そしてちゃんとこのご飯場③に居続けてくれるなら(ご飯があるのでまず、いるはず)、

今年は、この子も保護おうちっ子もあるかも・・・。
と、心の隅っこで、ファイトです。

早く近くにおいで!・・・がんばれ!

0847hachirou.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ナイト降臨♪   

今日のお写真は、ムーンくんの弟分(なぜ?)、ナイトくん。
似てますね、クロネコちゃんは(笑)

ねこ子の中では、同じ色の長毛さん・短毛さんと並ばれると、
どうしても短毛さんが、すし屋の兄貴に見えてしまう。(えへへ)
(過去、のの・ねね姉妹も、そう見えていた・・・すみません。)

2人は、結構仲がいいらしい。不思議なものですね。
でも、同じ場所から、しん・ポンが保護されいなくなり、
そのとき同じように順番にご飯場で番を張った2人。
共通する何かが、あったのでしょう。

2人が寄り添っている、と聞くと、心が温かくなります。
ナイトくんがまだ人間が苦手ぎみなのですが、そんな子ほど猫ちゃんとはうまくいく。
茶太くんも猫ちゃんとは抜群にいい関係を築いていた。

人は苦手・猫ちゃんとはいい関係、そんなおうちでの状態を聞くにつれ、
心は温まりつつ切ない、切ないけれど温まるというか。

もし、お外が厳しい世界じゃなかったら(人間だけに住みやすい世界じゃなかったら)、
この子達は、(人間抜きで)平和に楽しく暮らせたかも、そう思うのです。

「お外は猫には試練」、そんな風に思わなければいけないこの時代。
どうしてそんな風になったのだろう。

人間はエコライフを叫ぶけれど、本当の意味でのエコライフ(地球に優しい生活)・・・
もっとよく考えないいけない時期に来ている、そんな風に思います。

0846night.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ムーン到来♪   

ムーンくん。そう、あのクロ太くんです。

保護前、あれだけ(2メートルくらい?)距離があった彼。
保護後のキャリーインのときから手応え(?)があった。

「馴れるの早い?!」・・・それでもSaoriにへんな期待をさせてはいかん!
なるべく、抑え気味の報告を。

そんなこんなでおうちにきたムーンくん。
「おうち編」にもあるように、すでにゴロゴロくんになりました(汗)

そして彼の尻尾の根元に怪我があることも判明。
結構な怪我でした。病院で手術に近い処置をし、現在Saori、消毒に通院中です。

彼の保護は、予想外だったけれど(そしてちょっと逡巡もしたけれど)、
保護できてよかった。あの怪我がそのままだったら・・・そう考えると恐ろしすぎる。

やはり捕まる順番には「神の見えざる手」が働いている。
そう考えてしまうエピソードでした。

ところで、保護してみれば、クロ太くん(ムーンくん)、
そうとうあの血筋に近い感じがしました。・・・ミカンちゃんやちまきちゃん、こゆずちゃんの。

そっくりなのです、まなざしが。(ナイトくんも)
女の子がほとんど保護された今、やっと男の子が登場~ということでしょうか。

実は、同じ場所で、全身グレーの長毛さんも見かけた。(数年前にもお写真に納めたことが)
あの子も・・・あの血筋でしょうか。

一匹の猫ちゃんを捨てる。中途半端に捨てる(ご飯をたまにあげること)。
その子たちのお外にゃん生を絶やすには、何年必要になるのだろう。

そう考えると、猫破棄、なんと罪深いことなのでしょう。
捨てられた猫ちゃんの呪い・・・深く長いですぞ~!(ねこ子も怒っているぞ~)

0845moon.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大人のはっちーちゃん!   

はっちーちゃんは、2年前、大学猫の驚愕たらしめた「16匹の捨て子ちゃん」のひとり。
ねこ子の中では「神の子」と名付けている神秘の猫ちゃんです(ママさんからのお写真です:^^)

猫ちゃんのご縁を探していて、その気持ちが萎えること、あります。
どんなにいいお写真を載せていてもどんなにいい子でも、お問い合わせがとんとないとき、です。

そんなとき浮かぶのは、このはっちーちゃん。

そう、はっちーちゃんのご縁は曲がりくねっていた。
詳細はプライバシーのことになってしまうので省きますが、
ひょんなことから今のママさんから、もうひとり来て欲しいの、ということになり、
それなら「あの子、いますよ~。」ということで、とんとん拍子に話は決まり、
(たしか)翌週にはもうおヨメに行っていた。

決まってみれば、なんということなく、しっくり来ている。
それまでの紆余曲折が嘘みたい、なのです(^^)
「出会いとはこういうもの」、そう教えてくれる説話です♪

ところで、はっちーママさん、お外で昨日のポムちゃんに会っています。
「あの」ポムちゃんが非常にリラックスしている姿に感激・触発され
はっちーちゃんのお写真をお送りくださいました!(^^)

そうですよね、その気持ち判ります~。
あの時代からここまでを見ているともう他人事ではなくなるのですよね。
幸せな姿、めちゃめちゃハイにしてくれます。

対比ですが、たまに「猫を拾ったから、どうにかしてくれ」的なことを言われ、
猫が急所の私たちは、その急なお話に慌てふためき・おののきながら
預かり場所からその医療・輸送まで何とか何とかすることが。

その子が(そういった経緯を経て)ちゃんとおヨメに行った後に、保護主さんにお伝えすると、
思ったような反応が得られないこと、あります。(は、そうですか?・・・てな感じで)

ねこ子的には、一瞬でもその子のことを心に留めて保護したであろうに、その反応・・・かなり不思議です。
(別に謝礼がほしいわけではなく、単に一緒に喜びたいだけなのですが)

・・・人は自分が思っているほど感動しないということなのか、それとも別に何でもないことなのか?
単に、感動しているけれど、ねこ子おばさんが過剰なだけのか?
なかなか判断に苦しむとき、ありますね(笑)

せっかくのご縁(人同士の)なのだから、そこはもっと何とかならないかな~?と密かに(?)思っています。
そう、これからのシーズン、今年こそ気持ちよく越えたい・・・と切に祈って。

0844hacchi.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ポムちゃん、すっかり馴れる!  

ポムちゃんのお写真が届きました~!
どうです!(って、また自分のことのようにいう、ねこ子:汗)

すばらしい~。
こんなに、こんなに安心して転がっている彼の姿を見られようとは♪

ポムちゃんがのお外時代は・・・そう、ちょうど昨年の4月4日に始まる。
(もちろん、その前からお外だったのだけれど、出会いは本当にちょうど一年前!)

白い子なので汚れがとても目立っていて、青い首輪もよく見ないと青だとわからいくらいになっていた。
何より、目つきが鋭かった。

近寄ろうものなら「来るな!」とばかりに、一目散に逃げていった。
それが・・・。ちょっとつづ距離は近づき、最終的にはナデナデする関係に。

あの距離は人に裏切られた分の、距離。
あのまなざしは信じていた人を失った、失望の色だった。

幸い彼の心の傷は、思った以上に酷くはなく、
一旦許してくれた。そのとき彼の心は堰を切ったようにあふれ出した。

保護してからは病院でもおうちでも、とても扱いやすい子だった。
あの時代があったことが信じられないほど。
「人に頼ってもいい?そう考えてもいいよね?」
ときどき見せる彼のまなざしは、そんなことを聞いているような気がした。

それでも今後何かの拍子にその傷は現れることもあるかもしれない。
そんなときには、ママがいる。パパもいる。お姉さまもいる。
彼には、もう家族がいる。彼を守ってくれるステキな家族が。

そんな風に思えること、これ以上の幸せはない。
ご縁を・・・ありがとうございます(涙・涙・涙)

0843pomme.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

待っている、ちゃう♪  

保護失敗から数ヶ月。
あれから、ちょっと用心深くなり、こちらが動くと
ビクッと逃げる姿勢になっていた。

当然、仕掛けにも入らず、ことによっては、ねこ子が遠ざからないと
ご飯も食べてくれない日もあった。

それが! 先日は、違った。
ねこ子が来るなり近づいて、ご飯を待っている。
近寄っても、知らん顔をして食べている。

「お腹が減りすぎている?」
いや、違うな。昨日二日分食べている。(って、どうして来たの?あ、いやいろいろあって。)

何がどう違うか、ちゃんと説明できないのですが、違うのです(^^)

ちゃう・グレコ・みけよんは、今年の目標です。
ちょっと近づいた、そんな気がしてます。

0842chau.jpg

category: 大学猫っ子

thread: いいもの見つけた - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

エリックくんだよ~♪  

先日、まろちゃん改め豆ちゃんのお写真をお載せしたので、
引き続き、今度はエリックくんです♪
・・・そう、こくまろコンビ兄妹のこっくんです(^^)

すっかり、お兄にゃんとも馴染み、
パパさんにも甘える日々です。
もちろん元気。これ以上にないほど元気だそうです。
うん、よかったよ~。

大学(猫)卒業生ちゃんたち、
みんなみんな幸せを享受している。

か弱き(精神世界は動物の方が深いような気がしますが)生き物が、
ちゃんと現代社会の中で幸せな暮らしをする。
これぞ正しい社会ではないでしょうか。

にわかにエコライフが騒がれているけれど、
他者に優しい生活、これを心がければ(そうしていれば)、
地球に優しい生活となるのだと・・・ねこ子は思うのです。
どうでしょうか(^^)

0841eric.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪