FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

別れ。  

去年の大学猫は46匹の子のファミリーを見つけ、
どの子も今は温々ライフを満喫していることでしょう。・・・快挙です。

でも、その一方でお星さまになった子も複数いた。どの子も思うところたくさんある。
おヨメに行ってから亡くなった子。行く前に逝ってしまった子。子供のうちに逝った子。

今日は、まだ子供だった夏くんのお話。
夏くんは去年の5月の最初の水曜日に保護した一家のひとり。
ママも兄妹もファミリーを見つけ、奥手の夏くんもその一旦を掴みかけた。

その矢先、病に倒れた。
そして11月に旅立っていった。

何がいけなかったのだろう。
こうすれば、よかった?ああすれば・・・。

Saoriもその過程で、どうすればよかったのか、それは本当にベストだったのか、今でも悩んでいる。
ねこ子も同じ。

関わった人、みんな何かで自分を責めている。
去勢手術をしてくださった獣医さんも、去勢のタイミングが?ともおっしゃってくださった。
(むろん、そんなはずもない。獣医さんの名誉のために言うけど、彼は凄腕です。)

体調(上がり調子・下がり調子)? 移動が重なったストレス?
・・・ネコちゃんのメンタルは非常にデリケート。時に人間以上?と思うときも。

いろんなことが微妙に重なり合って、そうなったのだけど、
逆に重ならなかったら・・・今でも夏くんは、ここにいたかな?
それはどんなにすばらしいことか。

今も彼が「生きて」いてくれたら・・・と願うのです。

ところで今日のお写真は、最近わりと人前に出てくれるようになったタッチ。
ちょっと人慣れないのなんか何でもない、そこにいてくれているのだから・・・そんな気持ちです。

「生」は無条件、「死」には後悔がいつでも付きまとう、というお話です。

0821tacchi.jpg

category: いろいろ♪

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪