FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

だみっち、ご機嫌♪   

だみっちくんは、現在預かりさま宅で里親さまを待つ子です。(お写真:笑)

保護当時のだみっちくんは抱っこはできるのですが、
とてもビビリくんでした。(それは現在も)

最初に彼に会ったのは、となりの公園。
その当時の彼はそんなにビビリくんではなかった。
その時お外にいたしまこちゃんが食べているご飯を隣で一緒に食べて
「もっと~」とおねだりするファンキーくんでした。

ねこ子が大学内のことに追われ、公園になかなか訪れることができなくなっていた頃、
だみっちくんが、ご飯場④に出没するようになりました。

久しぶりのだみっちくんは、とても面変わりしていた。
でも、ウルウルする眼差しは健在で、即座に「だみっち!」と判別できました。
(違う場所で会うと結構顔つきが違って見え、同じ子かどうか迷います。ことに茶トラちゃんの場合)

シャープ顔になっただみっちくんは、何かに付け怯えていた。
ご飯をトンと置くだけで、ビクッとした。
(そして、ねこ子の感じとしてはこの空白の時間にダブルキャリアになってしまったのでは?と思うのです。)

それからご飯場②③にも現れるように。
でも依然として、一人でビクビクしている。

何とかしないと、この子がダメになるっ。
そんな風に思っているところでのKeiさま(だみっちくんの預かりさま)との出会いでした。

Keiさまがいなかったら・・・だみっちくんは、今頃死んでいた。
本当にそう思うのです。

ねこ子の保護への行動が遅れたせいで、
ダブルキャリアにまでさせてしまっただみっちくん。

KeiさまのおかげでFeLVは陰転してくれたけれど、
おそらくこの子はFIVキャリアであり続ける・・・そう思うと、彼に合わす顔がない。
本当に申し訳ない。謝っても謝りきれない・・・そんな気持ちでいっぱいになります。

・・・でも。 このお写真のだみっちくんを見ると、とても勝手かもしれないけれど、ちょっと救われます。
この子が、こんなにも心許せる場所ができた。
ほんのちょっとでもそのお手伝いができた・・・そう思えるからです。

ねこ子、だみっちくんにも最高に幸せのご縁を捜すから、きっと捜すから・・・許してね。
(でも、今現在彼の預かりっ子生活は最高です。Keiさまのおかげです。ありがとうです:泣)
そんな気持ちで、これからも彼を含む大学っ子のお手伝いをしようと思うねこ子です(^^)

061230damicchi.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪