FC2ブログ

大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

盗まれたご飯とえみりの足   

えみりの様子がおかしい、左後ろ足に怪我?
という情報を聞き、ねこ子、お昼頃にえみりを捜しておりました。

いつもいるはずの彼が、どんなに捜してもいない。
・・・出てこれないほど悪いの~?と悪い想像ばかりが膨らみました。
(後から聞いたところ、朝一番に缶詰をほおばってご満悦だったそうです)

その捜索と同時進行で、大学ご飯ボランティアの間では、ある事件を認識していました。
その事件とは・・・「②③ご飯の盗難」です(汗)

朝、器にいっぱいだったご飯が、2時間後カラに~?!
3時に入れたご飯が、4時半時点でカラに?

そんなに直ぐになくならないだろう? カラスだったら、器散乱してるでしょ~?
じゃ、なんで? 悪質なイタズラ? 何、不審者をみた? いつ~?
というやりとりをしてきたのでした(汗汗)

そしてっ!
えみり捜索中にとうとう、ねこ子、現場を押さえたのですっ!

その人物は、イヌおじさんでした(でもかなり不審な感じの・・・おいっ)
ワンを散歩によく学内を歩いているおじさんで、
ねこ子も前に複数のワンを放しているのを目撃したあのっ人でした!

おじいさんに「なんでこんなことを~」と詰め寄ると
おじさんちょっと焦っておりましたが、どうやら「猫が増えるからご飯を取った」らしいのです。

つまりご飯箱にも「猫を減らすための活動」「不妊手術を済ませた」と貼ってあるにもかかわらず、
これでは、猫が増えると勘違いして、今までご飯を取っていたそうなのです。

すべてネコちゃんをおうちに入れるためのことであること、二度としないこと、
おじさんの連絡先を聞くことで、その場は、終わりました。
(次は警察よっ♪と心で誓ったねこ子ですが)

カラスやタヌキちゃんにご飯を食べられる、それは同じ生命として納得するものがあるのだけれど、
人間に・・・それも誤解?により取られる、なんだかしっくりしない事件でした。(はあ~)

ところで、その後出会った「えみり」状態はよくなっていました。
元気にご飯を食べていました。
でも、もうこのままでは彼がダメになる・・・
そんな気がするので、預かりさまを見つけ次第の保護を決めました。

えみり、ちゃう、もうちょい、がんばれっ!

061229emiri.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪