大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

ちゃいくん、がんばれ~♪   

今日は、ちゃいくんのお写真をペッタンコ♪
ご飯場②③で、ボランティアさんと仲良し~です(^^)

この子は、先日おムコに行った男の子のお兄にゃん~
今の大学ちゃんの中では、一番の人慣れっこです。

早くこの子を保護したい~
できれば、兄弟の少ないところで~と考えると、なかなか、実行に移せない(泣)

けれど、この子もきっと幸せになる。
優しくこの子を守ってくれる家族とぬくぬくのお家生活が待っている~

たまたま厳しいお外に生まれたこの子たち・・・
だからこそ、みんな、絶対に幸せにならないといけない! 
そう堅く思っているのです。

06430chai.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

仲良し 大学ちゃん♪   

大学ネコちゃん、避妊去勢手術もかなり進み、
あと残るは一人!というところまで来てから、この数ヶ月・・・いろいろありました。

1月からこっち、新猫ちゃんが5匹(その内3匹女の子)、
子猫6匹(捨て子ちゃんと生まれた子)、そして確認できなかった旧猫1匹(赤ちゃんのママ)

全部で、私の数えよりも12匹もふくらみ、その子たちのことに追われ、
最後の女の子の避妊が、まだ~(汗)

その間も、ずっとそこにいる大学ちゃんたち。じっと待っている子たち。
この子たちのケアだって、後回しになどできません。

最近、ちゃうは、他の子と喧嘩しがちだったり(左目の上にキズ)、
えみりの姿が見えなかったり、だみ吉がちょっとびっこぎみ(病院につれていくつもり)だったり・・・
悩みは尽きません。

それでも! こんな姿を見ると、やっぱりネコはいい~と思うのです。
写真の短はちとさびよん(左)です(^^)

この子たちは、人に怯えながら、人に寄りそう健気な女の子たち。
ご飯を待っている間、お互いに愛おしそうに鼻ツンツン。

待っていてね~、早くいいご縁見つけるから。
君たちも、がんばって私に慣れてくださいね、頼むね(^^)

06429tansabi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

私たちのトラウマ~  

みなさま~もうお気づきの方もたくさんいらっしゃると思いますが、あえて、お知らせです~(^^)

「大学猫日記 おうち編」始まりました~! なんと、Saori日記です(笑)
こちらの日記と共にご愛顧ください~(トップより日記のページに飛べます~:^^)

こちらのお話は、交通事故にゃんこ、クロちゃんです~
写真のクロちゃん、大分リラックスしたかわいいお顔です(よかった~)

トイレも、あともう一歩。(でも、その一歩が長い・・・:くすん)
お預かりのSさまも、試行錯誤でなんとか乗り越えるよう努力をされてます。

黒いにゃんこを見ると思い出します。昔いた黒い赤ちゃんたちのことを。
生まれて早くにお空に還ってしまったジジくんのこと・・・

先日、おムコにいった「まる」くんがSaori宅に来たとき、
Saoriさん、まるくんの胸の白い毛をみて、「ジジが来たよ~」と一言。

その言葉に、ねこ子、涙が止まりませんでした(心の)
Saoriさんの胸には、死んでしまった子すべて焼き付いているのです。

どんなに前でも期間が短くても、お世話した子のこと忘れられない。
それどころか思い出しては、また死んでしまうのでは?と不安になり・・・トラウマになっています。

トラウマということでは、私も同じらしいです。(Saoriさんが言うには)
自分が連れて行った子がちゃんとうまく育っているか心配でたまりません。

移動の段階で不備があって、短命になってはと思うと、胸が痛くてたまらない。
(いつも、どう?どう?ちゃんと生きてる?としつこく聞いています)

特に赤ちゃんは、すぐ冷える。
お届けをしてもらってそのすぐ後に次々と逝ってしまい・・・
そんなこと、何度かありました。

私たちは、大学猫を始めて、たくさんのトラウマを抱え込んだようです。
そして得られた教訓は、「生きていさえすれば、いい」ということです。

「生きている」から、預かり先どうしよう、うまく捕まってくれない、
どう保護しよう・・・里親さまなかなか見つからない・・・ご飯の食べが悪いぞ~
といった悩みがあるのです。

死んでしまっては、何も悩みようがないのです。
・・・悩めるだけ、幸せ・・・ということなのです。(ああ、SMの世界)

なのでクロちゃん、事故に遭いながらも、生きていてくれてありがとう。
トイレのトレーニングも、(預かりさまが)大変だけれども、それも生きているからこそ。

せっかくの命、ステキなご縁を引き寄せて、幸せにゃんこにならないと、いけないよ~。
私たちも頑張るからね。 クロちゃんも頑張るのよ~。

06428kuro.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

子猫にゃの~   

子猫ちゃんの季節です。 はい。
大学猫ちゃんの子猫シーズンは、主に夏・・・のはずでしたが、
昨日、生後3日くらいの子猫3匹保護しました!(ちょっと早い?栄養状態がいいためかもしれません)

ママは「ちゃと」ではありません(泣)
お顔は茶トラーズ、シッポ短し女の子でした(ちゃとはシッポ長し)
ママごとの保護を目論んだのですが・・・非常に慎重っ子で逃げられました~(ううっ)

うう、侮り難し茶トラーズ・・・というか、茶トラの女の子。
世の中では茶トラの女の子は少ないという定説さえあるのに、大学猫はその子たちに翻弄され・・・

ことの始まりは、学生さんのメールから・・・
保護には手間取りました・・・側溝の蓋が開いてくれなくて、
大学関係者の方々にお手伝いいただきました(^^)

そして!蓋がガボッと開き、無事に保護に至りました。
その時の一同の顔! みんな安堵に胸をなで下ろし・・・達成感に輝いていました~(^^)

うお~美しきかな~生物愛・猫愛~なのです~!

その後、子供たちを極力冷やさないようホカロンで暖め毛布にくるみ
慎重に移動したのは言うまでもありません。(ねこ子、熱すぎて顔真っ赤)

保護された子猫ちゃん、茶トラちゃん、キジサビちゃんふたりです(^^)
この日齢にしてこの大きさ?と思う大きさの茶トラちゃん、キンタと
Saoriさんに名付けられました(私は、くじらちゃん、と呼んでみました:笑)

この子たちが大きくなったら、写真のばんびくん(左)やちゃいと、そっくりになるはず~(^^)
同じ部署にいた茶おやじ(右)も仲良くしてくれるよね?お願いね。

06427banoyaji.jpg

category: 赤にゃんズ

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

この子がお外猫ちゃんです!   

やっと保護できました。 長毛みけちゃん。(写真の子)
その名も、長さん(一節によるとその名前は却下らしいです・・・:汗)

この子が、お外猫だったのです。
それも唐突に3月中旬に現れた新猫さんです(そこの地域の猫ちんは全部把握しているつもりです)

見慣れない長毛種がお外にいて、人慣れている・・・
そしておうちにはいると、すぐにトイレも使い、猫じゃらしも大好き(写真左)

これが、捨て子じゃなくて、何というのでしょう?
・・・迷い猫の可能性もあります。 でも、飼い猫でこのサイズで未避妊とは・・・?

いずれにしても、ほとんど捨てられたようなものです。

人慣れしている子でも、捨てられてすぐは、人には絶対によってきません。
お腹がすいて困ってかから、初めて人に訴え、そして安全だと知ると急激に甘えてきます。

この次の段階として、甘えられる人がいなかった場合、
すべての人間に甘えるようになります、ご飯のために。

恐ろしいことです。生き物を捨てるということは。
一瞬の死の方がまだいい・・・そう思わせるぐらいひどい現実がその生き物を襲うのです。

人慣れできないで、徐々に衰弱する子。
人慣れしすぎて、ひどい仕打ちを人間から受けるもの・・・

優しい人間に出会えれば、ラッキー。
でも、そうでない可能性・・・非常に高いこの時代なのです。

生命を大切にする愛する=自分で手を下すことを恐れて、捨てる、そんなことはウソです。
本当に大切にする=もっと他の方法があるのでは?その方法、実はそんなに難しくない・・・と思うのです。

06426mire.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

カリンちゃんになった日~   

グレちゃんは、カリンちゃんになりました~
大分、早い段階での決定だったのですが、里親さまお引っ越し後のお届けの予定となっておりました(^^)

そうなのです、あの奇跡のFeLV陰転を果たしたグレちゃん(カリンちゃん)が
おヨメにいきました~!(あ、その奇跡は、きっちゃんも果たしましたね♪)

初めてのおうちについてからのカリンちゃん、
1歳とはいえ、大人猫ちゃん・・・押入の隅に入ってしばらく出てこないかな・・・?

と、思いきや、いきなり探検探検の嵐です(^^)
押入に入ったかと思えば、ぐると回り、出窓に乗ったかと思えば、飛び降り・・・

むしろ、落ち着かない?!
でも、ちょっとすると動きも止まりがちに・・・くつろぎの様子です。

うん、大丈夫。これなら大丈夫! そう思い、席を立ちました。

その夜には、里親Tさまから、カリンちゃんが、しっかりご飯を食べ、
トイレにも行き、Tさまのお腹に乗ったというご報告がありました(^^)

この先のお試し期間・・・無事にクリアして、ステキなご家族の一員となりますように・・・
どの子をおヨメ・おムコに出すときでも、祈らずにはおれません。

ああ、どうか猫の神様、よろしくお願いします。

06424karin.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

今月のお誕生日  

おヨメに行った子たちの誕生日が目白押しの今月です。
ほとんどの子は2歳をむかえます(^^)

写真は、幸ちゃん(白い子)希ちゃん(黒い子)。
お目々パッチリのたいそう可愛らしいお嬢様方なのです。
(そしてママ・パパさんもステキなのです:^^)

大学猫最初の年・・・避妊・去勢手術が間に合わず、
70にゃんの赤ちゃんが生まれました。(捨て赤ちゃんは20にゃん・・・)

そのほとんどがSaori宅を経験し、おヨメ・おムコに行きました。
そのとき取りこぼした赤ちゃんも秋には保護し、こちらも新しい家族と暮らしています。

あの時は、溢れかえっている赤にゃんに本当に毎日が悩みで、
どうしたらいいか私もわからず、途方に暮れました。

なので今こうして、お誕生日を喜ぶママ・パパのお話をお聞きできること、
その悩みも報われたような気がします(あ、私よりもSaoriさんがそう思うはず・・・)

一方で、私たちにできる最上のケアをしても、ご縁に恵まれる前に、あるいは恵まれたのに
無事にお誕生日を越えられなかった子もいます。

失った子たちのことを考えると涙が止まりません。
その子たちの分まで生きている子には長生きをして欲しい、そう思うのです。

お空に還った子たちの温もりはもうないけれど、
今も、思い出すことができます。

06422yunozo.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

くろちゃんのその後の生活♪   

交通事故にあって、腰を痛めた、くろちゃん。
いま、里親さま募集一大キャンペーンを張っています(私の中で:^^)

でも・・・黒いネコちゃん、
そのかわいらしさが写真からいまいち伝わりにくい(泣)
その分、私の文章力(?)にかかっている~と気合いです!

くろちゃんは、もう事故の後遺症的なものは、一見みられません。
(もちろん、その恐怖は一生、彼女の記憶からは消えないものだとは思っています)

掃除機の音は怖がりません。おもちゃには興味を示しません。(ちょうちょはお好きなもよう)
抱っこは余り好きではないけれど、誰かに頭をスリスリ大好きです♪

甘噛みはしますが、本気で噛まなくなりした(^^)
避妊してから、本当~に鳴かなくなりました。(たぶんそれまでは発情の鳴きだったのでしょう)

総じて、まんまるお目々のかわいい~クロ猫ちゃんである、というのが、
くろちゃんの特徴です(えへへっ)

・・・トイレは、排尿の方がもうひとつ難しいみたいです。
でも、場所はトイレの近くフローリング上のみ・・・というところまで進化しています。

大丈夫、くろちゃん、ファイト~!
みんな応援してるよ~、ひとりじゃないんだよ~  By Saori&ねこ子

06421kuro.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

春のネコさん  

この1週間で、ご飯場の周りの様子は劇的に変化しました。

写真のグレコちゃんのいる場所、ご飯場②③です。
もう、草がすごい勢いで伸びて、辺り一面、緑色の絨毯の中。

そこには、ぱふ一族も、茶トラーズもいて、ちゃとの家族も来ている。
そして今、一部の男の子がいなかったり、まったく姿を見せない女の子がいたり・・・
明らかに、産卵期の準備に入っている様子・・・(汗)

男の子は、去勢を済ませました・・・ほとんど全員。
(小さい子がまだ。小さい男の子の去勢は保護前提で行いたくて・・・)

去勢をしていても、半年ぐらいはホルモンの影響もでるので、
この時期、放浪の旅に出る子もいるのだと思っています。
(そして絶対に帰ってくることも、今までの例からわかっています:^^;)

問題は、女の子。 未避妊で、今いない・・・もうそれだけでショックです。
もう生む、絶対に・・・と思っています。

わかっている子だけでも、ふたり。
片方は、なんとか捕まえることができる、出会いさえすれば。
なので、いつでも保護、の気持ちです。

問題は、ちゃと! カムバック~!
グレコちゃんのように、お花畑の絨毯でまったりしようよ~(泣)

06420gureko.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ぱふちゃん フレンドリー?!   

ぱふちゃんは、もともと図書館ねこちゃんです。
この子は、たくさんの子のお母にゃん。
私が、大学猫の活動を始める前から結構よく見た女の子(汗)です。

初めてみたとき、彼女は、ちゃた・タッチ・グレコ・さびよをつれて
カルガモ親子のようにお散歩していました。
(ああ、かわいいけれど・・・どうなっちゃうの?大丈夫なの?と心配ねこ子)

次の年・・・避妊が間に合わず、今度は、くっきー・ちょこ・さびちゃ・さきちゃんを連れて・・・
ああ、どうしたら・・・いいの~?

ぱふちゃんは、賢い女の子。
捕獲機の中にはいるけれど、ご飯をくわえて逃げていく・・・決して引っかからない(-_-;)

そして!かかりました~!
「こ、これで、もう増えない、悲しい想いもなくなる~」と思ったのは言うまでもありません(^^)

でも、悩みは今も同じ変わりません(汗)
やっぱり、捕まらない子がいて・・・出産に焦って・・・

思うに、心臓がバクバクしたり焦ったりするのは、それは相手が生きているから。
生きている子を相手にすれば予想もつかないことも起こるもの。

死んでしまっては、何もありません。
どうしよう~と悩んだりすることもない変わりに、生きていて幸せになっていく喜びもない。

そう思うと、大学猫の活動で動揺することも多々あるけれど、
それも幸せなのかもしれませんね。

写真は、ご飯待ちのぱふの図(笑)
「はやく、出せぃっ」という声が聞こえてきます。迎えに行くまでちゃんといるのよ、ここに!

06419pafu.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

くっきーの移動の理由   

くっきー(写真)も、最近、ご飯場を移動したようです。 ①から②③へ。

これは、ご飯量の調整がうまくいって・・・と思っていたのですが、
どうも別の理由がありそうです。(なんとなく、そうかも?とは思っていましたが・・・)

タヌキさんです。
田舎の大学だから・・・いるのね・・・ではないのです!

どうも、元飼いタヌキさんのようなのです。
捨てられて大分時間が経っているようで、毛は抜け皮膚はカサブタだらけ・・・
しっぽのまわりは真っ赤(なぜ?)・・・とてもとても、ひどい状態のようなのです。

タヌキでも「野性」なんて、飼いタヌキさんにはないのです(泣)
都会のタヌキが絶滅したのは、住みにくい環境だから・・・それはどこでも同じ・・・

このタヌキちゃんは今、大学猫のご飯を食べてなんとか痛みに耐えているようなのです。
そして、この子がネコちゃんの移動の本当の理由かもしれない。

でも、でも!なんです。
この子は、ネコちゃんが食べ終わるのを待って、それからやっとご飯を食べるそうです。
本当に、おうちっ子さんなのです。

おうちっ子がお外に置かれる・・・それはどういうことを意味しているか・・・
このタヌキさんが身をもって見せてくれる。

あるのは苦しみだけ。それも一瞬などでなく、延々と続く痛み。
おうちの動物を野にさらす・・・それは真綿で首を絞めるような痛みがその子を苦しめること、
そういうことをそ私たちは、捨てる人に言いたい。

いなくなってしまった場合でも同じ。(迷いネコとか)
それを思えば、もっと親身にさがせるはず、と思ったりします。

この元飼いタヌキちゃん。
何度か出没しているようです。・・・できたらはやく治療したい、と思っています。

写真は、くっきーです。
私の知らない夜の時間・・・この子たちはいろいろな恐怖と戦っている・・・
そう思えてなりません。

06418kukki.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

振り返る キジ川さん   

キジ川さんは、ご飯場②③にいます。
ご飯をあげるときには、いつの間にか現れて、ジッと待っています。

一番最初に、食べ始めるのは、ご飯場①から移動してきた「ちゃう」。
次に「ちゃい」、「ふうさぶ」、「グレコ」・・・みんなが終わった頃にキジ川さんが動きます。

キジ川さんは、平和主義。(そうなってしまった過程を思うと涙が止まりませんが)
決して、他の子とは交わろうとしないし、他者を全く拒むところがあります。

もちろん、誰にでも、ガ~っと吠えることもしない。
(・・・中にはそういう子がいるわけです:汗)

とってもおとなしく、ただ強い眼力だけ光らせて、
ひたすら、他の子がご飯を終えるのを待っています。

そして、ご飯を食べるとき・・・これは、どの子も同じ。

どんなにご飯にがっつこうとも、みんな、食べながら、後を確認します。
確認しては食べ、食べては確認して・・・(写真のキジ川さんは、まさにその瞬間)

この子たちは、いつも気持ちを張って生きています。
このように食べていては、気は休まらない・・・栄養にもなりにくい・・・と思えて、見ていてもつらい。

大学猫ちゃんは、子猫ちゃんが非常に減った・・・
活動も大分楽に・・・と思われるかもしれませんが、
こういった子たちをおうちに入れなくては目的達成とは言えません。

子どもが生まれなくなって、今初めて、スタートラインにいるのです。
そしてそれは、今まで以上に難しいことです。

諦めず、がんばらねば!・・・と思っています。

06417kijikawa.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

茶トラちゃんたち~  

ご飯場②③(②と③が合体したのです)には、茶トラちゃんがたくさんいます。

今までは、ご飯場①に茶トラーズが集中していたのですが、
その一部が②③に移動して、もともと②③にいた茶トラちゃんたちと合流したのです。

それにともない、全体のネコちゃん人口も②③に集まるようになりました。
(ご飯の量を、②③に多めにした結果だと思っています。場所的に②③の方が安全性が高いという判断です。)

②③の茶トラちゃん・・・7匹はいます。(①にまだ2匹)
フードボランティアさんも見分けが難しいようです(^^)

見分けが難しい理由は同じ茶トラだから、という理由だけではありません。

もともと、②③にいた茶トラちゃん、、あまり人慣れしていなかったのです。
だから、ご飯をあげるときにも遠くにチラッと見るだけで、お顔の特徴をつかむまでに至らなかったのです。

それが! 見分けに苦しむぐらい、みんなご飯場によってくるようになりました。
そして、人の近くに・・・間近に行っても、すぐには逃げなくなりました(^^)
(誰にでも、では、ないようです・・・それはちょっと安心)

②③の茶トラちゃんの変化は、①の茶トラちゃんたちの同居による刺激かもしれません♪
顔がわからなかった子たちが、ちょっとずつお顔を見せてくれる・・・
それだけで、ハッピーです。

今日の写真は、ご飯場②③の茶トラちゃんの中でも、幻の白ひげちゃんです(^^)
この子だけ、シッポ短めです~(ちなみに、ちゃい・ばんびくんの妹です)

06416shirohige.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫の目  

結構、移動距離の長いちゃい(写真:おしりがぷりっとしてかわいい♪)
でも最近は毎日会えます(^^)、ご飯場②③で♪

公園は今、お花見の季節。人がいっぱい。
ネコちゃんたちは姿を隠しています。

ちゃいは、大学に戻ってきたのです(いつまた向こうにいくかは・・・?)

たぶん、今までの大学っ子たちのなかでも、
ちょっと姿を見ない子はあっちに行っているのね?と思っています。

大学猫の初期、「おとうさん」というネコがいました。
彼もずっと大学にいたのに、ちょっとずつ姿を見せないようになっていきました。

たまに見かけるおとうさんは、ご飯場とちょっと離れた藪から出てくるところだったり・・・
いま思うと、公園からのお帰りだったのですね(^^)

おとうさん保護の日、彼は大学のご飯場で、朝から待っていてくれました。
本当にうれしかった。ネコちゃんは話せばわかる。
私たちが思っている以上にわかっている、そう思えて、うれしかった。

・・・その後、たくさんのネコちゃんの死に立ち会うことになりました。
生まれてきた子の死、おヨメに行った子の死、お腹にいる子の死・・・

ときどき、ネコの眼差しとぶつかります。
「お前は自分のやっていることの意味をわかっているか?」そう問われるような眼差し。

ネコの自然と言う観点では、まちがっているかもしれない避妊去勢手術。
私はときどき恐ろしくなります。生命を止めるという行為そのものに。

恐ろしくてたまりません。
その過程で、失ったかもしれない生命を想うと。

大学猫への活動は、そういった感情すべて抱えて行っています。
つねにハッピーというわけではありません。でも、やるしかない・・・そこに困っている子がいる限り。

この気持ちに比べれば、全然顔も知らない人から大学猫活動のことを
否定されることなど、なんでもありません。(たまに:汗)

それよりも、私に向けられるネコちゃんの眼差しに堂々と応えられる自分でありたい。
「それでも私はまちがっていない、あなた達を苦しめないことだけを心がけている」
そう胸を張って言えるよう、その時できる最上の判断をしたいと思っています。

ちゃいくん、大学っ子たち、待っていてね。
絶対、迎えに行くからね。

06415chai.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

しまこちゃん 正式決定~♪  

しまこちゃん、正式に里親Aさまのお嬢様になりました(^^)
おめでとう~、よかったね~、ねこ子感激です。

しまちゃんは、Aさまに非常に望まれてのお嫁入り。
そしてとても賢明な女の子。

しまこちゃんがおうちに来てどうなるのか・・・?と不安を持って見守っていたご家族も、
しまこちゃんがあんまりおとなしくも可愛らしいのに
「ねこって、こういうものだったの?」と驚きを持って受け入れてもらえました。

正直、しまこちゃんは非常にクレバーなにゃんこです。
今の自分の状況をとてもよく理解し、そのように行動したのです。

・・・うーん、これはもう少し後になって、あれ、しまちゃんこんな性格だったの~?
と、違う一面をみせることもあるかな・・・?などと一抹の不安もありましたが、
お母様が一言「でも最近、本性を出しつつある・・・」とおっしゃってくださいました。
気がついていらっしゃるのです、しまこちゃんがちょっと装っているのを(^^)

里親Aさまはきっと、しまこちゃんがどんな子でも愛してくださる、そう確信しています。
でもご家族は、またちょっとご事情が違う。難しい子は入っていかれない部分もあるかもしれない。

そこのところの問題を、軽々としまこちゃん、クリアしたようです。
ほんと~によかった。 この子は愛されてる、そして何があってももうお外には行かない。
そう思えるのが、本当にうれしいです。

Aさま、そしてご家族のみなさま、本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします(^^)

ところで昨日の捕獲・・・なんと、長さん(長毛みけちゃん)簡単にキャリーに入ってくれました(^^)
いいことは、続くのね~、よ、よかった。後は、ちっち・ちゃと早くいらっしゃい~!

06413shimako.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

婿入りブラザーズ~♪   

先日のきっちゃん、陰転の寿ニュースと同じ日に
私たちは、もう一つ幸せニュースがありました(^^)

そうです、写真のばんびくん(左)、まるくんのお婿入りです~♪
おめでとう~なのです(涙)

ふたりとも、かわいい~性格の愛すべき大学ちゃんたちです。
そう、ふたりとも大学生まれ・大学育ち・人大好き派の流れをくむ末っ子たちです。

甘えん坊のふたりがそろって、兄弟としておムコに行く・・・
こんなステキなことはありません!

そして、さっそく新しいママ・パパからのご連絡が!
ちゃんとトイレもし(すっかりすべて準備してくださいました:^^)
押入に逃げ込む兄弟のために段ボールハウスを作ってくださったり・・・

その甲斐あって、ちょっと食べなかったばんびくんが食べられるように~(^^)
まるちゃんは、すっかり抱っこちゃんの本領発揮~♪
そしてお写真のような状態に。(人見知り、ばんびくんは、なんと最初からパパさんにすりすりだったそうです~)

この子たちが、このまま新しいご家族と暮らしていけることを本当に祈ります。
そして、大丈夫!そうも思っています。
(現在、ばんびくんの夜鳴きがすごいそうです・・・落ち着けばなくなると思うのですが、うう・・・)

こうして嬉しいご報告ができること・・・本当に幸せです。
・・・実は、最近、小さい頃に里子に旅立っていった子がお星様に。

すべての子の幸せを希望して、そのための大学猫なのに・・・つらい。
でも子供を失ってしまった里親さまはもっとお辛いはず・・・
そう思うと何も言えなくて今日までみなさまにご報告できませんでした。本当にすみません。

生きている子の幸せは当然なのですが、
お空に還っってしまった子の幸せも祈らずにはおれません。

・・・みんなずっと生きていると思っています、私たちが忘れない限り・・・。
だから、つらい想いも絶対に心に刻んでおこうと思っています。
毎朝毎晩大切に、思い出そうと思っています。あの小さかった温もりを。

06412banmaru.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

海ちゃん、大きくなる   

おヨメに行った海ちゃん。
その後のお写真が届きました。(写真左)

先住猫さまたちとのご関係やいかに・・・?と、心配しておりましたが、
むしろ先住さまの方が体調を崩されたご様子(汗)
本当に、すみませんでした(泣)

しかし、里親Yさまのご対処おかげで、先住さまも回復の兆し・・・
うう、よかったです。

後から、家族になった海ちゃんのことも心配ですが、
先住さまとの関係やその体調の方がうまくいかなければ、問題外です。

そういったことが・・・なんとかクリアしつつある。
うれしいです。

思うに、ひとつの家族ができあがるのは、大変な事業。
ひとりひとりが新しい家族を受け入れつつ、その上でその状態が普通になる・・・

人もネコも変わりません。適応するのに紆余曲折あります。心配もあります。
もしかして途中でやめることもあるかもしれません。
だからこそ成し遂げられれば、素晴らしいことだと思います。
(かといって、押しつけは厳禁ですが)

受け入れてくださったご家族・先住さま(も少しかかるかな)に感謝です。
ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。

06411umiumi2.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

がんばれ くろちゃん  

大学周辺猫ちん、くろちゃんは進化し続けています。

交通事故の後遺症で、引きずっていた後ろ足も無事回復し
排便排尿もひとりでできるように・・・

とてもよく食べるようになり、元気になったのを機に
避妊手術もできました。

・・・でもトイレの躾がまだでした。

3ヶ月間、おしめ生活だったので、
果たしてトイレでできるようになるまで、どのくらいかかるのだろうか?

できるものならトイレで用を足すことができれば、
その方が、誰にとってもいいのは明らか・・・
がんばれ~くろちゃん、預かりさま~と、祈る気持ちのSaori・ねこ子でした。

そして・・・!
果たして、くろちゃんトイレでの排便ができるようになりました~(^^)

う、うれしい(泣)それで、それで、もう一つの方は・・・?
ああ、まだちょっとかかるそうです。

そうですよね、今まで、おしめでしてきたことなのだもの。
そういったことは、全部、トイレでなすべきことだ、という認識に至るまで、
まだ、時間が必要ですよね。うんうん。

でも、半分でもトイレでするようになったのだから、
きっとトイレがそのためにあることを理解するのには、もう一息のところまで来ているはず。

がんばれ、くろちゃん~! あともう少し~だよ~(^^)

写真は、おしめも取れて、気持ちよさげな「くろ」ちゃん。
もう暖かい季節だもんね、すっきりして嬉しいよね、くろちゃん♪

06410kuro.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

きっち、陰転   

きっち、FeLV陰転いたしました(^^)

このうれしいニュースを受けて、預かりCさまの第一声は、
「そうだと思った!だって、この子、健康だもん」

預かりさまへの橋渡しをしてくださったTさんは、
「大学猫にFeLVは、おらん~」でした(笑)

そして、前に陰転したグレちゃん、今回のきっち、
診てくださったのは違う病院なのです。(グレちゃんは預かりYさまの通われている病院に行ったのです)

つまり、血液検査による不備ということではないのです。
検査は正確に厳密に行われました。

再検査についても同様です。
きっちについては、2度目の検査は預かりCさまの病院で行われました。

その結果のFeLV陰転なのです。

では、どうしてこのように一ヶ月でこのような結果がでるのだろうか・・・?
獣医さんに聞くと、陰転、そんなにたやすく起こることではないはずなのに・・・?

正しい答えは、今のところで謎です。

強いて言うなら、その数の激減によって、
大学猫の保護が昔より早い段階でできるようになったおかげかもしれません。
FeLV慢性化する前に、ネコちゃんがストレスのない生活に入れるようになった・・・からでは?と思っています。

でもそんな推理より今は、事実だけが輝かしい。 きっちも、陰転したのです!

正直、健康であれば里親さまをみつけやすい・・・ということも頭をかすめましたが、
彼女が、キャリアという色眼鏡の枠から外れることができた・・・
(そうである子たちのことを思うと、この発言は許されないですが・・・)
それが、単純にうれしいです。

きっちは、堂々と輝かしくも、あるべき飼い猫道を突き進んで欲しい。

そして、今もキャリア(FIV・FeLV)ちゃんである子たちへ・・・
私はあなたたちがキャリアである故にむしろなお、愛おしいです。

健気に生きているその姿を尊敬の念をもって、見守りたいと思っています。
できるだけ、痛みや苦しみが、あなた達を襲わないようお手伝いしたい。

ステキな家族と共に愛のあるにゃん生を、できるだけ長く送れるように、
理解と愛情のある里親さまを、あなた達のために捜したい。

いつも、祈っています。いつも、心を向けています。
いつもそのために努めようと思っています。

0649kicchi.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

待ち続けるにゃんこさんたち  

写真の長はちちゃん・・・実は久しぶりに(私が)近寄れた写真です。

先日もお話ししたように、宿舎にゃんこちゃんたち、
前よりも、人から遠ざかっていました。(構成メンバーは「ワールド内ご飯場④」参照)

長はちちゃんは、もともとちょっと距離を保っていました。
その彼女が、この日はずっとご飯を待っていてくれました~(^^)

現れ度としては、短はち>さびよん>長はち>みけよん>くろ川さん・・・長子・だみ吉・・・
と言った順なわけなのですが、長はちのあたりから、そうとう距離があったのです(汗)

で、先日・・・なぜか、みけよんまでが宿舎の昔いた場所に勢揃い。
(私が行くと、ちょっと散りましたが:汗)

そして珍しく、長はちちゃんのアプローチもあったのです!
うれし~!です。この子たちは、本当に人慣れさえしていれば、いつでもおうちには入れるのだから。

逆を言えば、人慣れしていないのがおかしいぐらいの子たちです。
(人からご飯をもらい、7代に渡り生きてきたのです!)

それが人慣れしていない・・・温もりを与えられていない・・・
こんな淋しいことはないのです。

この子たちが、少しずつ、こちらへ前進してくる・・・それが、今の私の希望です。

・・・タイトルの「待ち続ける」のは、私です(^^) 
私が、(人慣れするのを)待ち続けるにゃんさんたちなのです。
決して、ご飯を待ち続けるにゃんこさんたち、ではないです(汗)

0647chouhachi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

甘えん坊 ちゃい   

5時間の捕獲、実はそんなに長く感じないのです。(あ、でも昨日はさすがにガックリでした:_ _;)
大学猫ちゃんのご飯箱掃除・ご飯やり・ストッカー補充・シェルター中身交換、
そういったことをやりながら気づいたら3~5時間経つ、結構ざらにあります。

昨日も捕獲しながらも、ご飯配りです。(捕獲対象ではない地域の)
そこで、ちゃいくん登場でした~!(写真の可愛い子:^^)

この子は、なぜか雨の日に活動的。
そして会うと、ご飯ご飯・・・って、いないときは公園で食べてるの?

友達いるの?なんて話しかけながら、背中をスリスリ・・・
私も感極まって、抱っこしたり♪(ちょっとおとなしくなりますが、すぐにおろせ~となります)

ご飯を食べた後のちゃいくんは、クール。
あなた誰?的な顔をして座っています(汗)

ちゃいくんは、大学で生まれて、大学で育った生粋の大学っ子。
「野良だから・・・」(注)という偏見を根底から覆す、とっても人慣れっ子なのです。

次におうちにはいるのは、この子、と決めています。
・・・春になっての捨て子ラッシュ・・・ごめんね、ちゃい、ちょっと待ってね。
でも、今年の冬はぜったいおうちだからね、ホントだよ(泣)


注:野良という言葉には大きな偏見が含まれているようです。
(そう思われる言動を最近いくつか聞きました。)

例えば、元「野良」っ子がキャットフードの袋を食い破ると「野良だから・・・」と言われるわけです。
でも、生まれたときからおうちの子でも、ご飯ほしさにご飯袋破ったり・・・悪さだってします。

元「野良」の子が窓際でお外を眺める・・・「帰りたいんだわ・・・」とか。
いえいえ、窓際、好きなんです、にゃんこさんは~

非常に見る人の主観によって、ネコちゃんの気持ちを決めつけられます。
(私もそうではないとは言い切れませんが)

でも、よ~く見ると、そういった思いこみは、実は違うことがわかってきます。
「よ~く見ること」=愛なのだ!と思っています。

0646chai.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

捕獲・・・失敗(泣)   

今日は、最初から、長さん(長毛みけ)とちゃと狙いでした。
そしてもう一匹の新猫ちっちも・・・

長さん(写真)とちっちは手で捕まえる予定でした。
ちゃとは・・・いつもの通り、仕掛けて・・・(汗)

結果は、惨敗でした。

長さんは、確かに手からご飯を食べてくれました。
・・・でも、焦る私のどす黒いオーラが彼女をビビらせてしまい、
逃げられました・・・どこを捜してもいない(ちなみに、非常に美猫さんでした:ひゃああ)

ちっちは先日保護した「きっち」と同じぐらいの大きさの、はちわれの女の子。
この子は絶対抱っこできる・・・それなのに、ああ、アメのせいか現れてもくれませんでした。

そして、ちゃと!ああ、なんたることか、なぜにあなたは、そんなに賢いの~?
捕獲機に見向きもせず、ねこ子に向かって、ご飯の催促・・・
粘り5時間・・・今日も挫折でした。

そうなのです、この春(1月・・・)から、捨て子通算5匹。
基本的には、捨て子防止ポスターのないところでした。
(速攻貼ったのは言うまでもありません)

春の捨て子・・・大人の捨て子・・・
春のお引っ越し→ペットの場所に困る→置いていく・・・という構図が見えるようで、
とてもイヤなものです。

しかも、ちっち、長さん・・・女の子ばかりなのです・・・ショックです(涙)

でも来週も、がんばるぞ~

0645mireil.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

だみ吉くんに告ぐ   

だみ吉くん(写真)は、宿舎の最初のマザー、長子の夫くん。
去年、長子が子供を連れているとき、だみ吉くんもその子を守っていました。

毎年この時期になると、書くのですが、
ネコちゃんの恋愛→結婚→出産、とても美しいのです。

社会的な規範に縛られるところのある人間のそれに比べると、
お外(私の知っている限り大学では)のネコちゃんの家庭作りは、
愛を基盤に置いた、それはそれは尊いものなのです。

一組のカップルが恋愛に入ると、もう他には目を向けません。
二人で追いかけっこしたり、一緒におねんねしたり・・・共に過ごすのです。

そのままの流れで、子供を作る。
妻にゃんが身重になると、夫にゃんは片時も妻の傍らを離れません。
(何をするわけでもないのですが、ちゃんとそばにいるのです)

そして、出産。生まれた子供のお守りだって、パパにゃん、するのです。
ママが食べているときは、そうしないと子供が危ないので・・・

自然の中だから、自然に役割分担し、家庭を作る・・・
本当に、理にかなっているというか、見習わなければ!と思ってしまいます(笑)

そして、子供が自由に動けるようになると・・・
カップルは元のお友達に戻るのです!(ド、ドライなのです:汗)

人間生活には、その良さもあります。
でも、愛情の純粋さは、ネコちゃんには負けます。(と、思うのです)

で、だみ吉です。春のシーズンになって、頻繁に宿舎に現れるようになりました。
でも、ここには交尾可能な女の子、いないよ~?

・・・と、いいたいところですが、長毛みけちゃんが現れました(汗汗)
明日の捕獲、ぜ~ったい、だみ吉の恋愛阻止、します~(^^)
うう、ごめんよ、だみ吉、こらえてください。 By ねこ子

0644damikichi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

宿舎っ子たち  

宿舎のにゃんこちゃん・・・「大学猫ワールド」でいうところの
ご飯場④のネコちゃんたち・・・毎日元気にご飯場に現れます。

総数7匹、ご飯場④ができてから、くろ川さん・長子は、とんと見なくなってしまったけれど、
必ずそこにいて食べている、そう信じています。

この子たち、前は宿舎の軒下にずらっといました。
なぜなら、そこの方がご飯(残飯)をあげていたから。

その方が引っ越されてから・・・実は、ねこ子、待っていました。
すでにすべての子の避妊・去勢手術が終わった地域、ご飯をあげても問題がない子たち。

この子たちが人慣れすることが、宿舎からネコちゃんを救い出す、唯一のカギでした。
そしてそれは、常時そこにいらっしゃる住人さまにお力を借りる方が絶対にいい。

人慣れとは、週に数分ご飯をあげるだけでは、成立しにくいのです。
よっぽど飢えていた数年前とは、状況が違うのです。

(飢えている子は、人慣れしやすいかもしれません・・・
でもそれは脅迫なので、おうちに入れた後、人に怯える子になりがちです)

私は、待っていました。そういった協力者が現れることを、
四六時中、宿舎の軒下でまんじりともせず、ご飯を待つこの子たちを愛してくれる人を・・・

ちょっと、私は甘かったようです。
そのような状態になるには、この地域はネコ問題に悩まされすぎていたようです。
ああ、うまく話し合う機会が欲しかった。(今でも狙っていますが)

とにかくも、飢えている子をこれ以上ほっておくことはできず、
ご飯場④を宿舎に近い位置に移動しました。

もう宿舎に依存しなくてすむようになった、ネコちゃんたち・・・
宿舎の森の中に潜むようになりました。むしろ前より人前に出なくなりました。

わかってはいたけれど、先ず、この子たちのお腹を満たすことが先、
それからの人慣れだと思っての決断でした。

宿舎で、にゃんこちゃんに出会えない日がしばらく続きました。
(もう、人前にはきてくれないかも、という不安も、すごくありました)

そして、やっと今、その中でも一番人好きの傾向にある、
短はちが近づいてくるように!(写真)

私たちができることは、本当に少しのこと。
でも、やらないでいることよりは、ずっと前向きに進んでいる・・・
短はちちゃんの動きは、それを如実に表している・・・そう思うのです。

これからも、本当の意味での人慣れっこが増えるよう、
そして里親募集をもっとたくさんできるよう、やるぞ~!(気合いでした) ねこ子

0643tanhachi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学周辺猫、くろちゃん   

くろちゃんは、交通事故に遭ってうずくまっているところを保護されました。
大学周辺にゃんこさんなのです。

写真では、うまくお伝えできないのでが、くやしいのですが、
まん丸お目々とお顔のとても、かわいい~にゃんこちゃんなのです。

一日中うずくまっている、くろちゃんを病院に連れて行って、
排便もできないところをさすってくれて介護してくれたのは、まだ小さいお嬢さんとママさん。

この3ヶ月、お嬢さんとママさんが協力して、くろちゃんのお世話をした甲斐あって、
くろちゃんは引きずっていた足も治り、排便もひとりでできるようになりました。

まだ、驚くと、足がもつれるところもあるけれど、
元気元気のくろちゃんなのです。(そして先日、無事、避妊手術も終えました)

でも、今いるところには、ずっとはいられない。
もともと元気になったら、お外に返すつもりでの保護でした。
また、ご家族にアレルギーを持つ方もいるのです。

一度、交通事故に遭ったくろちゃん。
元気になったとはいえ、そんな子がお外に行けば、どうなるか・・・先は見えています。

捨て子ネコちゃんの捨てられた後の状態をイヤと言うほど見てきた私たちには、
くろちゃんをお外に放す・・・そんなこと考えられない。

病院では、安楽死も勧められました(医療とはそこまでの責任をとることなのです)
それは、お嬢さんも嫌がりました。

私は、今、くろちゃんをお外に放すことは、つらい『死』が待っていることを伝えました。
今は、元気でも一度痛めた足腰・・・お外ではすぐにまた痛める。そうなったら、弱っていく一方。

栄養も取れず、やせ細って毛も抜けて、猫風邪の症状に目もグシュグシュに・・・
毎日、ちょっとずつすり減っていく生命。 その先の死。

苦しみの時間のことを考えると、むしろ安楽死の方がいい、と言わざるを得ない『死』しか、
お外に放されたくろちゃんには、ない。・・・ということをお話ししました。

いろいろなお話・やりとりの後、里親募集をかけることに同意をしていただきました。

それに際して、私からのお願いはふたつ。
①私の知らない間に、くろちゃんをお外に放さない。
②トイレの躾をする。

②のこと・・・くろちゃんは、おしめをしていました。
そうしないと、おうちの決まった場所で排便をしてしまうから、だそうです。

ママさん曰く、
「トイレを設置することは、くろちゃんをこのまま飼うことを意味してしまう」のだそうです。

くろちゃんは、同じ場所で排便をするそうです。
つまり、トイレさえあれば、トイレでする子なのです。

トイレがないから、部屋でしてしまう。
そして思うに、部屋でしてしまうから、他のご家族から疎まれる・・・

なんだか、とても悲しい悪循環があるように見えました。

なので、トイレを設置することは、くろちゃんのためでもあり、
ひいてはご家族のため、くろちゃんが里親さまを見つけるためであることを説明し、納得いただけました。

トイレ環境を整えた上で、ご家族との関係もまずいようでしたら、くろちゃんの環境を変える、
という半ば先走った約束もし、安心した表情のお嬢さんとママさんは、帰っていきました。
その足で、トイレを買いにいくとおっしゃって。

長いお話になりましたが、とにかく、
くろちゃんが幸せになるため、Saori・ねこ子、できるだけのことしようと、思うのです。

0642kuro.jpg

category: おうちっ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ミカンちゃん正式決定~  

今日は、実喜ティ改め、ミカンちゃんに会ってきました~(^^)
ミカンちゃんは、すっかりおうちっ子になり、
知らない人(私?)に、ぴゅう~っと隠れてしまいました。

里親Iさまのお宅でも、預かりTさまのお宅での様子と変わらないこと、
ミカンちゃんは、先住猫ちゃんのパフくんとも、とてもいい関係であること・・・

何よりも、里親Iさまが、ミカンちゃんをとても好いていらっしゃるご様子。
なので、お試し終了、ということになりました。

そうなのです、ミカンちゃんは、生涯のおうちを見つけました。
おめでとう!なのです~(^^)

もう、お外でつらい思いをしないでいいのです。
ほんと~にうれしい正式決定です。

ちなみに、ミカンちゃん、絶対にベランダの方に行こうとしないそうです。
(写真の時代・・・ミカンちゃんはほとんどベランダっ子でした)

中途半端にご飯をもらっていたとき、ベランダによくいたミカンちゃん。
やはり、イヤな思い出なのです。「おんもは、もうイヤなの・・・」そんな声が聞こえてくるようです。
ミカンちゃん、これからは幸せしかないんだからね、よかったね。

ところで、昨日から、茶トラのよっちゃんのお試し開始です。
ミカンちゃんのように、新しいご家族と幸せつかんで欲しい・・・そう強く祈るSaori・ねこ子でした(^^)

きっと大丈夫! みんな見守ってるからね、がんばれ~!

ところで明日は、「大学周辺にゃんこ、くろちゃん」のお話です。
この子の幸せも、がんばってつかみ取る!と気合い、です。

0641mikan.jpg

category: おヨメ・おムコっ子

thread: 今日のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪