大学猫日記

大学猫日常をお届け♪

またまたハイ、ポーズ♪   

・・・サビネコさんのポーズです(^^)
だ~れだ?

今日の写真のサビネコさんのバックにご注意!
ゴミです。ショッピングバッグなのです(怒)
もちろん、速攻、撤去しました。

この辺は大学の恥部をさらしているようで恥ずかしいのですが、正直に言っちゃいます。
大学には、ゴミが落ちています・・・結構。

掃除のおばちゃん(昔からいらっしゃる、かなりの大学通さま)曰く、
至る所でゴミ発見なのだそうです。

私も、ご飯場③あたりで、ご飯をあげていたところ、
空からコンビニゴミが降ってきたことがあります。

屋上で食べて、ご丁寧に袋をぎゅっと縛ってから投げ捨てているようでした。
し、しかも、下を見ると同じようなゴミが何個か。

つまり、その彼が毎日、食後のルーティンワークのように
校舎の非常階段から自分のゴミを降らしていたわけです!

ねこ子、怒ったよ~! 「な、何するんですか?」 「なんだと~!」(学生)
・・・恐くて逃げたよ。
なんか、モラルのないお話で、すみません。

かつて、ネコがあふれかえっていた大学。
一部(いい人もたくさんいます!)に意識の低い人間がいる。
こういったことが、困った状況を作り出す一因になっていたのでは?と思ったりします。

写真は、そう「さびいち」 最近は、食べているところをちょいちょい触ります。柔らかいです。
鼻筋にクリーム色の線があります。サビちゃんたち、みんな個性豊かです(^^)

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051130sabiichi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

くろ川さんのナイッショッ   

今日のお写真は、FV(フードボランティア)Pさんのもの。
くろ川さんが、ばっちりです(くろ川さんのお腹に白点が!特徴みっけ:^^;)

これを見たときには、思わす、嫉妬~でした。
私が写そうとすると彼女(くろ川ちゃん)は、逃げる、逃げる・・・(汗)
なのに、Pさんには、ちんまりと可愛いお姿を!

くすん、しょうがないのだ。
学内のネコさんたちはひとまわり、私(そしてヘルプの人たち)に捕まり
恐い想いをちょっとして、大学に返った子。

捕獲機の中から見上げる恐い人=ねこ子なのです。
そして私も、捕まったこの子たちの興奮を見て、ドキドキしているのでいつもと違う形相のはず。
そりゃあ、もう恐いよ。(ネコちゃんからすると)

ひゃあ~私は愛しているのに、
学内の子たちは、恐怖の大魔神みたいに私を見ているの~?

か、悲しいかも~。
でも、後悔はしてません。だって、この子たちの子どもが・・・イヤ子孫が、延々と
外の試練(あるいは虐待の恐怖)にさらされるなんて、考えただけでも恐ろしいし!

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051129kurokawa.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ホントに長はちちゃん   

夏にきれいに毛刈りされていた、長はちちゃんのお写真です(^^)
最近は、また良い具合に毛も伸び、味のある様子をしています。

フードボランティアのIさん曰く、
長はちちゃんは、宿舎の前の林近くの駐車場でも目撃。
しかも~なんかブラッシングされたようなきれいな状態だったそうです。

ひょう~??? 触れるの? 飼い主さんいるの?
飼っていらっしゃるの? おうちに入れる気はないのかしら?
などと、いろいろ想ってしまう今日この頃です。

ああ、毎日、そこにいることができるなら、
もっと早く私にも慣れてくれるのに・・・
長毛な子がお外にいるのは、短毛の子より大変だろうに。ああ。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママページ内「預かりさまフレンドシップ」・ワールド内②「ふうさぶ」リニューアルしました(^^) 
  ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051128chouhachi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

実喜ちゃん?預かりにゃん   

実喜ちゃんは、預かりさまのお宅に入って2週間になろうとしています。
そう、みけさんは、仮称「実喜ちゃん」に決定しました。

大学ニャンは、みな、仮称はその柄にちなんだお名前。
「ぱふ」は、ハーフ(お顔の柄が)、「みけよん」はケロヨンに似たみけ・・・。

捜索しやすいよう、多くの人が覚えやすいということが前提の仮称。
それはもう、ゼッケンのようで切ないモノもあるのです。

なので、仮称の仮称ですが、預かりさまの呼びやすい名前を!ということで
実喜ちゃんになりました。

たくさんの「喜」びを、たくさん「実」らせて、
ステキなママとパパに出会い、素晴らしい人生(にゃん生)を長生きしてほしい・・・
そんな願いが込められている、極上のお名前(仮称)であると自負する、ねこ子でした(Tさま、ありがとうです:^^)

預かりのTさま、実喜ちゃんをとても大切に想ってくださって、ありがとうです。
実喜ちゃんのステキなご縁が、早く訪れるよう、がんばります(^^)

※実喜ちゃん預かり日記はこちら→http://cat.pelogoo.com/ajvitaki/
実喜ちゃんのウキウキ日常が垣間見られる秀作です(*^_^*)

051127miki.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ぱふちゃん、笑う!   

今日の話題は、話題(?)の「ぱふ」ちゃん。
(ちゃん付けするには、ためらわれるぐらいの強面で・・・:汗)

今週のお写真のぱふちゃん、わらっています(^^)
目、ではなく、口元!

・・・というのはこじつけですが、
この子は、かつて大学内での子ネコ戦争を生き抜いた、
いってみれば、台風の目のような存在でした、当時。

他の子はどんどんおうちに入っていくのに、
この子はどうしても人間が恐いようで、今の状況に留められています。
私たちに甘えて鳴くけれど、触れようとするとビクッと怯える。

どうして、どうして?人のご飯は好きなのに?
何かあったの?恐い思いしたの?ぱふは、がんばってたもんね。
などど、つぃ、話しかけたり。

ところで、大学の冬は厳しい。
同じ県内から来ても、大学地域の寒暖の差は大きいように感じます。

恐い思いもあったかもしれない。
でも、季節のきびしさもあるのよね?と聞いてみる、ねこ子でした。

※シェルター内に入れるフリース募集中です。
もう着ない捨てる、というものがありましたら、ねこ子にご一報ください。(juntoshi@air.ocn.ne.jp)
大学ネコさんたちは、体に蓄えた脂肪+シェルター+みなさまのお心。
・・・そういったものに生かされています。感謝です。ありがとうございます。

051126pafu.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ふうさぶ、お帰り~   

写真は、ふうさぶ。
去勢後、久しぶりの登場です。

病院で治療もしてもらったせいか、
涙目だったお目々もすんごくきれい!

避妊・去勢手術をした子はしばらく姿を見せません。
でも、一定の時期をおいて必ず帰ってくる。

ふうさぶも、そうです。
しばらく見られず、ちょっと心配し始めたころに復活~。

どの子の顔も、見ないと心配です。
なにしろ、ネコ取りらしきものが横行している地域なのです。

フードボランティアのIさんも、
大学付近のご自宅でそられしき痕跡を発見した、とおっしゃってました・・・

見ない子の見ないサイクルは、様々。
1年おいてまた出会う子もいれば、週単位の子もいる。

私はあんまり出会えないけれど、他のボランティアさんによく会う子。
本当に、そこは様々。

いないのが、その子のサイクルなのか、ネコ取りなのか・・・(泣)
再び現れるまで何とも。
そんなことを心配しないといけないこの世の中、本当につらい。

例外は、宿舎の子です。 宿舎の子はずっと宿舎にいるのです。
また人目も常にあるので、ネコ取り業者もまず入ってこられない(・・・はず)

ちょっと遠出する子もいますが、あまりその境界線を越えようとはしません。
・・・それぐらい、お外のおうちの子になっています。(それもまた哀しい)

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママページ内「預かりさまフレンドシップ」・ワールド内②「ふうさぶ」リニューアルしました(^^) 
  ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051125fuusabu.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

てんこ盛り♪   

昨日のご飯やりは、豪華でした。
何が? そう、そのてんこ盛り度が(^^)

一緒に来られた方の差し入れで、
ネコさんたちの大好きなレアご飯。

全部、あげよ~!ということで、
たっくさん盛っていきました。

そして珍しく「ちゃと」ちゃんのおでまし~。
(写真参照:産後当時にくらべて随分ふっくらしています♪)

捕獲の時にはぜんっぜん現れてくれない(泣)のに、
ちまっと座って、ご飯を待っていました。

あと、女の子の手術は「ちゃと」ちゃんを含む数匹。
(なんともう去年から60匹あまりしているのです!)

そして、ちゃとちゃんが済めば、
残る子たちは、ちょっと離れた部署なので、すごくそっちに集中できる!
と、思うと、なんとしても次の捕獲、がんばらねば!と思うのです。

生物の尊厳という大きな意味では避妊・去勢手術は×なのかもしれません。
でも、今、この(人のせいで)生き物にとって厳しい時代にあって
いろいろ考えると、どうしても避妊・去勢はさけられない、いやしないといけない。

いつも、「はやくおうち見つけるからね、ごめん」と頭をさげて
手術をしてもらっています。ああ、ごめんなさい。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママページ内「預かりさまフレンドシップ」・ワールド内②「ふうさぶ」リニューアルしました(^^) 
  ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051124chato.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

うわさの短はちとお嬢さん   

おとといの日記に登場した「短はち」ちゃんのお写真です。
どアップです。 そう、ほんとう~に日増しに距離感が縮まっているのです。
しかも、まちがいなく前より、目に生気が宿っている(う、うれし~)

短はちは、すごく人が好き。
でも、触ろうとすると、ビクッとする子。

最近は、例のネコの好きなお嬢さん(人間の)が手ずからあげていてくれるので
その、ビクッ度がわりと下がってきているのです。

ほんと~に感謝なのです。
この女の子が大きくなったら、単なるご飯やりに留まらす、
避妊手術のことも心がける立派なネコ好きさんになってほしいものだと、ちょいと期待するねこ子でした。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママページ内「預かりさまフレンドシップ」・ワールド内②「ふうさぶ」リニューアルしました(^^) 
  ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051122tanhachi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

みんな、ちがうんです。   

先日、大学の方にお見せするにゃんこ書類を書いていたときのことです。

後輩が、そのグラフや、データの載った正式書類を見て一言。
「先輩って、ただのネコ好きな人だと思っていたけど、こんな立派な人だとはおもわなかった~!」

ああ、ほめ言葉です、一応、最大限の。(^^)
(とはいっても、事がネコさんのことなので、なんだか可愛い書類なわけで)

こういった活動をしていると、わりと、「君はいい人だねえ」と一言でいなされる(?)のですが、
この後輩の言い方は本当に心の底から言っているようで、なんだかほんわかしました。

で、さらに一言。
「同じネコさんを何回もかぞえちゃわないんですか?」
これは、数の多さに驚いて単純に思った疑問らしい。

ないよ。うん、ない。
だって、みんなちがうもん。

・・・強いて、④のくろちゃんと、宿舎のくろ川さん、
クロ猫ちゃんがそこに2匹いたとは思わなかった、ということはあるけれど、
(これは心理的に少なめに数えたい願望がでちゃった例) 結局、なんか、ちがうって思うんです。

写真は、さびいち。さびいちも、間違えられやすいさび柄。
でも、鼻筋にクリーム色の線が入っています。
ぱふ・ちょこ・さびちゃ・さびよん・・・ちがうんですよ~。
(といっても、大学猫をはじめた当初は、同じように見えて、間違えたらいかんと、びびっちゃいましたが)

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママさがしていますページ内「特設コーナーお寺猫SOS」・
  「預かりさまフレンドシップ」リニューアルしました(^^) 
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051121sabiichi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

みけよんのお目々   

写真は、「みけよん」
みけさんの世代違いの姉。

みけよんは、お目々がぱっちり、くるくるしている。
そう、あの「ケロヨン」に似ていることからの仮称。

ここにいる子、さびよん・みけさん・短はち・くろ川さん全員が同じお目々をしています。
長年たくさんのネコさんを目にして思うのですがみんな、やっぱり血縁なのだと感じます。

でもって、この子たちを見ると思い出すのです。
もうお空に帰ってしまった、ご飯やりNさんが保護した「悠」くんのことを。(04.11.12日記参照)
お目々は見えず、あわや交通事故!という非常に危険な状態で保護された子です。

そのNさん曰く、悠くんは、短はち♀に、そっくりだったそうです。

そして私も思うのですが、目の見えない子ネコが
たった一人であのような場所に突然、現れる(それもある程度育って)のは、とても不自然。

宿舎にゃんこと「悠くん」を結びつける手がかりは、
似ているという全くの私たちの主観でいかないのだけれど、こう想像してしまうのです。

悠くんは宿舎で生まれ、ある程度母ネコの側で人にご飯をもらいつつ育った。
ちょっと大きくなって目が見えない不自由な子であることがわかり、
ご飯をあげていた人が、あの場所に捨てた。

あるいは、ご飯をあげているうちに、子ネコが生まれた。
困ったご飯やりの住人さんが、捨てにきた。
その後、守る人の誰もいない悠くんはカラスに目をついばまれ、
フラフラになっているところを保護された。

そんな風に、つい想像をたくましくしてしまいます。
でも、そんな想像を裏付ける事実がいくつかあるのです。

悠くんの後に、なぜかよく似た子ネコを同じ場所で発見したこと。
・・・定期的に捨てる人はわりと同じ場所に捨てたがるようです。
(その子は里親さまのもとでたいそう幸せに生きています:^^)

そして今年は、その場所での捨て子を見ないこと・・・捨てる人がいなくなった?
(その住人さんは引っ越されました。また宿舎のにゃんこさんたち全員が避妊・去勢手術を受けました。)

いずれにしても、本当のところは、闇の中です。
でもひとつだけ言えるのは、外のネコさんは、人のきまぐれに非常に翻弄され、
痛いにゃん生を生きている、ということです。

私は思うのです。自分がしあわせで家族が大切だと思う気持ちが強いほど、
他者(人だけでなく生き物全般)も大切にしなければ、という気持ちが強くなるモノだと。

少なくとも、自分がやられてイヤなことは、人にはしない。
それさえ守れば、こんなことは起きないような気がします。
私も偉そうなことは言える人ではないけれど、そう思って気をつけていこうと思います(^^)

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママさがしていますページ内「特設コーナーお寺猫SOS」・
  「預かりさまフレンドシップ」リニューアルしました(^^) 
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051120mikeyon.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

急速な、変化♪   

最近、本当に宿舎っ子たちが、人慣れしつつあります。
先日の学生Aさんとの捕獲時、「こんなの、ありえない~」という
状態から、一転して距離を縮めつつあるようです。

理由は、ひとつ。
ふれあってくれる人が少しずつ、増えているようなのです。

みけさんを人慣れさせた元住人さんが、いなくなって、
気兼ねなく・・・などというとちょっといやらしいのですが、
そういったことなのかもしれないなあ・・・と思ったり思わなかったり。

ネコさんは自然がいい。
なので、本当は人間がここまで手をかけてはいけない・・・お外では。
それが基本です。

でも、すでに生まれたときから人にご飯をもらうことで生きてきた子たち。
ここで、ご飯を断ち切るなんて事は絶対に、いけない。

もっと人慣れてもらって、いいご縁を引き寄せておうちの中に入ってもらう。
むしろ、そっちの方向性の方が、ネコも人も気持ちいい、はず。

大学育ちの子たち(だけでなく人にご飯をもらった外ネコさん全部)は、みんな等しくその権利を持っている。 
そして私たちは、そうなるよう努力する必要がある、と思います(^^)

写真は、さびよん。ひゃあ、本当に近くまで来てくれました。
ねこ子、感激~ふう!

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママさがしていますページ内「特設コーナーお寺猫SOS」・
  「預かりさまフレンドシップ」リニューアルしました(^^) 
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051119sabiyon2.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

みけさん、とても人慣れ(^^)   

お預かりの身になった、みけさん、
仮ママさまにとても甘えん坊なのです(^^)

ママさんが、机に向かっていると必ずお膝にのって、
フミフミするそうです(かわいい~)

これは、ママさんとお話ししたことなのですが、
宿舎で、このみけさんをおうちに入れ、子どもを生ませ、
引っ越すと同時に、お外に置いていった元住人さんのこと。

みけさんの、人に対する行動を見るにつけ、
その住人さんにもその人なりの愛情・・・とても深い愛情があったのではないか、と、思われるのです。

もちろん、一度、おうちに入れた子を捨てる、その結果仔猫を餓死させた・母猫もボロボロ・・・というのは
許し難い罪だと、思うのですが、

その人なりの愛情があった・・・そしてそれが、みけさんをこのように愛らしい猫さんにした。
それは不幸中の幸いというか、その人の功績は大きい、と私たちは思ったのです。

今でも、「くろよん」はお外で、会うと、必死に鳴きます。
それは元飼い主さんを求める、必死の声なのかもしれないのです。
そう思うと、「みけさん」も「くろよん」も涙なしでは見られないです。

写真は、昨日のはちよ♪ 最初は見つからなかったのですが、もう一度行ったら、いました~。
きみのおうちも、早く見つかるよう、がんばっているよ~(泣泣)
と、相変わらずひょうきん顔の彼女の語りかける、ねこ子でした。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママさがしていますページ内「特設コーナーお寺猫SOS」・
  表紙内「里親さま・預かりさまページ」アップしました(^^) 
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで

051118hachiyo.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

私の考え2   

外ネコさんに対する私の考え・・・

最近、結構、聞かれます。(本当に、これも偶然にも数件の方に聞かれました)
思い入れのあるネコ(外ネコさん)、いますか?

私の立場は、いつもこれ。
「みんな同じぐらいかわいい。」
優等生的な答えかもしれませんが、これしか答えられないのです。

自分のおうちにいる子がかわいい・・・
これは絶対的にそう。

そして、自分のうちの子がかわいいから、
その子と同じ生き物が、一方で、苦労しているのは耐えられない。

こちらの子には、あったかいホットカーペットがある。
でも、外の子にはない。しかも人慣れしている子は特に、ネコさらい・虐待の危険にさらされる。

同じように人を信じている子たちに、こんな差があっていいのだろうか・・・。
そんな気持ちから、大学猫は始まったような気がします。

ネコさんが自然に生きにくいのは、人が生きやすい環境に人が自然を変えてしまったのだから、
外ネコさんにあるのは常に罪の意識。

どうか許して~という気持ちで大学猫さんと接しているので、
外ネコ+「ごめん」>うちの子、的な愛情・感情なのです。

ここに、さらに外ネコさん個々に対する思い入れの強弱は入る隙間がない・・・(泣)
というか、つけたらいけない、ような気がするのです。
(あくまでこれは自分のことで、そうである人はそれは勿論いいことだと思うのです。
また、ある意味それは、この活動の根幹を成す、大切なものだとも思っています。
・・・でも誤解をされたら、申し訳ありませんです。すみません)

だから、私はその子と会えなくなって淋しいという感情が人ほどあまり持てないようなのです。
・・・それよりも、単純にいいご縁に恵まれておうちに入れてよかった~、しかないのです。

そして、これが私が無神経(ひゃあ~)と言われる所以のようです(汗) 
ああ、申し訳ありませんでした、ごめんなさい。
(そう、この文章の主旨は、私の無神経な発言のせいで不快にさせてしまった方々への
謝罪の意味も込められているのです:汗汗)

Saoriさんは、私よりもずっと感情が豊か。思い入れ、溢れんばかり。
でも、最後にその子が幸せになるのなら・・・という気持ちで、手放します。
感情的には引き裂かれるような苦痛を感じつつ、手放すのです。

でこぼこコンビでありながら、Saoriさんと一緒に大学猫を続けられるのは、
徹頭徹尾「ネコのシアワセ」だけを優先できる彼女の愛情の強さや純粋さを尊敬しているからです。
そんでもって、彼女は私の無神経に寛容なもので(^^)

写真は、ご飯場①の風物詩(^^)
二人の寄り添う姿には、いつも胸キュンのねこ子です。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママさがしていますページ内「特設コーナーお寺猫SOS」・
  表紙内「里親さま・預かりさまページ」アップしました(^^) 
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

051117emirichai2.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

私の考え。   

私は、ネコさんがお外で暮らしているのは、かわいそうなことだと思っています。
寒い冬はもちろん、病気になっても治療もなし、
人のご飯になれている場合は、常時、空腹をかかえる身の上。
そして、何よりも人慣れしている場合、虐待・ネコさらい等数々の危険が。

一方で、いやいや、自然に生活することはそんなにダメなことではない、
というご意見もありましょう。

でも、基本的に、日本列島にいるネコさんは、
おうち使用に交配された結果生まれた「おうちの子」たちの子孫です。
野生のネコは、山猫さんだけなのです。

だから、ネコにとって「外は試練」なだけなのです。

それでも同じようにネコさんを愛している人の中でも考え方は様々。
「外ネコのままでいいから自分の側にいてほしい」
という考え方をする人もいることを、最近知りました。(それも数件)

そして、その外ネコさんとつきあっている人の心中。
そうかといって、ネコに冷淡なわけではないことも。

最近感じたのですが、こんな、わりと当たり前の人の心理(↑)もわからない
私という人は結構一方的な人なのかも知れません。
もう少し、冷静にやっていかないといけないなぁと思うねこ子です。

写真は、くろ川さん。
それでも、これ以上人に翻弄される外ネコさんが増えないことを祈ってしまう。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママさがしていますページ内「特設コーナーお寺猫SOS」・
  表紙内「里親さま・預かりさまページ」アップしました(^^) 
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

051116kurokawa.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫さんのトイレ   

昨日は、わりといろいろな人から、外ネコさんに関するご質問をうけました。
(わりと猫活動に無縁の一般の方々・・・)

私の知っていることは、この猫活動においてはまだまだ少ないのですが
(Saori姐さんは、すごいです。看護士さんの資格とるべし!ってぐらい)
一応、役に立てたようです。

一番のみなさまの心配事はトイレだったようです。
いわゆる「しつけ」はどうしたら?ということで。

で、私の解答は、いつもこれ。
大学猫さんをおうちにいれて、トイレに困ったことはありません!

今までの私の経験上、どのような成猫さんでも・・・
「しつけ」を受けてないだろう元飼い猫さんはもちろん、
親の代から生粋の外ネコさんでも、猫トイレを見れば、みんなトイレで事を成します。
(その時、体調が悪くない限り・・・これは人間だって同じ)

猫のトイレは、「しつけ」ではなく「本能」を巧みに利用したシステムだからです。
ネコさんは元来は砂漠の生き物だったそうで、砂の上でしたい!らしいのです。
だから床や畳ではなく、砂があるところ=トイレで、むしろするのです。

・・・と言うと、みなさまわりと驚かれるのです(^^)
うーん、なんだか、いまだに外ネコさんへの誤解が世の中では溢れているのだなと思わせるエピソードですよね。

私が、最初の子を保護したとき、あまりトイレのことを考えないで、
検査後、おうちに連れて行って、部屋にトイレを置く段階になって初めて、
「できるかしら」とよぎったけれど、全然オッケーでした。

・・・若かったのね、あの頃は。とっても無鉄砲でした(汗)
でも、こうして、何とかなっているので、良かった~、と思います(^^)

写真は、ぱふ。この子だって、トイレし放題なわけではないのです。
ちゃんと決まった場所で、身の安全を心配しつつ、
(そのことをしているときが一番無防備になるので)事を成していると、思うのです。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママさがしていますページ内「特設コーナーお寺猫SOS」・
  表紙内「里親さま・預かりさまページ」アップしました(^^) 
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

051115pafu.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

みけさんのお預かり~(^^)   

みけさんが、お預かりの身にとうとう!なりました。
ほんと~によかった。
おあずかりのTさまに感謝です。

おうちに入れるにあたっては、
とにかく、もう一度、諸検査をせねば~と決めているのですが、
(これは大学猫の基本なんです)

で、お腹の虫、蚤駆除、耳ダニ検査・・・ワクチン。
中でもとても恐ろしいのは血液検査。

これで、この子の先行きが~うう~と思うと、
検査結果を聞くのが、とても恐いです。

みけさん・・・陰性でした。
FIV・FeLVともに反応なし!

うおおおおおお~よかっったぁ~(もう号泣・・・そのたびに泣いてます)

環境や状況から、たぶん大丈夫とかなりの確信を持っていましたが、
最後の1%のところで、わからない~、と思っていたので、もう狂喜乱舞。
(本当は、かなり前から心の中でいつも心配していました)

・・・ということで、「みけさん預かり日記」http://cat.pelogoo.com/ajvitaki/を
HP表紙(新しいページの方)に貼らせていただきました。

Tさま、初めてのブログの開設、お疲れ様です。
みけさんに安住を提供してくださって、ほんと~に感謝です。
ありがとうございます。

みけさんの里親さまを捜すと同時に、
さらに「くろよん」(みけさんと同じ状況)、「はちよ」の緊急おうち探し、
がんばるぞ~(燃える、ねこ子でした:汗)

写真は、みけさん、おうち入り前夜。
まだ冬をお外で越したことがない、くろよん、ちょっとだけ待っててね。
いや、ここの子たちは全員、入ってもらう。 それまで、がんばるのだよ!

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
  パパ・ママさがしていますページ内「特設コーナーお寺猫SOS」・
  表紙内「里親さま・預かりさまページ」アップしました(^^) 
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

051114shukusha4chats.jpg

category: おうちっ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

他の大学では・・・!   

最近、関東のある大学の学生さんから、
連絡をいただきました。

そこの大学でも人慣れしたネコさんが10匹ほど、いるそうです。
また、多いので保健所?という話もあるとのこと。

その学生さんは大学でサークルを立ち上げ、
顧問の先生も見つけたそうです。

あとは、募金活動・避妊去勢手術・その後のケア(ご飯やり)など、
クリアしていく・・・ということです。

すごくしっかりした学生さんなので、きっと、うまくいく、
いや、すべての大学猫のために、うまくいって欲しい、と祈るような気持ちです。

本当は、こちらの大学でも、サークルを立ち上げたい!
でも、私は一関係者ではあるけれどもう学生ではない。

こういったことは、学生が中心にならないと、大学はなかなか動かない・・・
学校は基本的に学生が主体だから・・・なのです。

でも、前述の大学でそういった動きになれば、
逆に、こちらでも!ということもあるかと思います。

・・・うーん、でもすでにこちらの大学猫大分減って、
本当にいるの?なんていう学生さんもいるので、難しいなああ、と思うところもあるのですが。

・・・でも、ネコさんがすんごく多かった!
あちらこちらのベンチにたっくさん!という時代を知っている関係者は結構いると思います。

写真は、タッチ。捕獲の日、ご飯を待っています。・・・待たせて、ごめんね。
その後、タッチは、さびにちゃんと鼻ツンツンをしておりました。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 ・・・大学猫の里親さま募集ページに特設コーナー「お寺猫SOS」などなど考案中です。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

051111tacchi.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ギャクタイなの?   

昨日は、捕獲デーでした~。
そして長子さんが入ってくれました(捕獲機に)

学生Aさんが、手伝ってくださいました(^^)
いや~、捕獲機→キャリーの移動が一番やっかいなのですが、
そこのところを手伝ってくれて、ほんと~に助かりました。

・・・というか、彼女なしではやれなかった!というぐらい
心強いヘルプでした(^^)ほんっと~に感謝です。ありがとうです(泣)

で、一緒にネコさんの結構いる地域(宿舎)に行ってきました。
そこでAさん「おかしいよ~、これはあぁあああ?」と一言。

ネコちゃんの様子のことなのです。
人にご飯をもらって生きているネコちゃんなのに、人が近寄るとビクッとする。

「ギャクタイ~?」という言葉も。
実は、ここの子たちを病院に連れて行ったときも看護士さんに、同じことを言われことがあるのです。

つまり、可能性としての虐待、
あるいは深く考えないで自分のうちの余りを単に外のネコにまいていた、という可能性。

私も、実はそんなことを思っていました。
最悪で前者、最低でも後者ではないかと。

様子を見る限り、後者の可能性の方が高いようですが。
それでも、「ふれあいのないご飯やり」、何か矛盾を感じます。

すんごく私の考えですが、ご飯をあげるなら、ふれあってほしい。
ネコさんだって知らないだけで知ってみれば、ふれあいを欲している、そう信じているのです。
(それはAさんも賛同してくれました。うれしかった~)

ふれあいのないご飯やりを重ねて、「かわいそうなネコ」に施しているつもりなら、
それはギャクタイと言われてもしょうがない。

だって自分で狩りのできないネコに仕立てておいて、愛情を傾けないなんて・・・
それは、あまりにも哀しすぎる。
ここの子を見ると、いつもそう思ってしまいます。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 ・・・大学猫の里親さま募集ページに特設コーナー「お寺猫SOS」などなど考案中です。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

051110shukusha5tsu.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ほんと~の母   

写真は、そうなのです。
まだ里親さま募集中の子ネコ(中猫さん)ちゃん、
ぐぅ・けろ・はむ・はなちゃんの母、グレサバです。

私の中で、しまこ(昨日のお写真のキジさん)なの?グレサバなの?と疑問でしたが、
里親募集のチラシを貼ってまわってくださっている学生Aさんの証言でやっと、本当のことが分かりました♪

そんなことは、どっちでもいい、といわれそうですが
私もネコ好きなので、家系図が気になって(汗)

ところで、グレサバちゃんもしまこも、どっちの子も、
最近は、めざましく人の側までくるようになりました。

これも、ご飯やりの成果・・・ええと、私たちの、というか、
みなさま・・・のです。

お昼時の学生さん、工事に来ている人たち・・・
いろいろな人が大学に出入りしていて、
ネコさんを見るとご飯をあげずにはおれない人が結構いるのです。

この大学は、もう避妊・去勢し里子にでるのを待つばかりの子ばかりになってきたので、
人慣れ自体はいいのですが、やはり外の生き物に対する知識改革、啓蒙・・・必要です。

不特定の人が出入りできる敷地。
いつどこで、ネコさんが変な人に出会うか分からない。
(虐待のお話・・・学生さんとネコのお話しをすると、大抵そのようなエピソードを聞かせてくれます)
なので、むやみに人慣れさせるのも、恐いと私は思っちゃいます。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 ご飯場④内「だみ吉」・最端内「みけよん」ページ増えました。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

05119guresaba.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

やせていくネコさんたち   

最近、ある発見をし、自分はノーベル平和賞をもらってもいいのでないかしらん、
と悦に入っている、ねこ子です。 しかし、内容は悲惨なお話です。

お外のネコさんの性質についての発見です。

お外・・・大学にいたたくさんのネコさんたちはとても痩せていました。
複数のベンチに無数にすわるネコさんたち(その数、ぱっと見で約30匹)
あきらかに栄養状態が悪くて(毛が抜けている子も)身じろぎもせず、
人が来ても反応せずすわっている子がほんとんど。
ご飯をさしだすと、おもむろに食べ始める。

「たくさんいるから、ご飯にありつけない子もいるのね~」などと思っておりました。
が、これはある意味全く間違って、ある意味大正解だったのです。

いままで、大学猫さんたちにご飯をあげていて気づいたのは、
ネコさんは、人にご飯をもらうとある地点から自生しなくなる、ことです。

人にご飯をもらいつつ、人がいなかったら自然の生き物を捕って食べる・・・
などと器用なことネコさんは、しないようです。

一度もらうことになれると、自分で狩りをするのをやめる。
一度やめたら、もうほとんどの子が刈生活に戻らない。

で、痩せていた大学ネコさんたちの話なのです。
多くの人が出入りする大学。多くの人がネコさんにご飯をあげる。
それになれたネコたち。ご飯がもらえなくても(大学が休みの時期)、人のご飯を待つだけ。

狩りをするだけの自然にめぐまれていても、人のご飯を待つことしかしなくなる。
・・・痩せこけて、動きが鈍くなる。そして本当に狩りができなくなる。

さらに痩せる、動けない、毛が抜ける、人の出入りが極端に減る長期の休みの間に息絶える。
という、循環になっているようです。
・・・その光景はもう恐ろしいを通り越してしまっていて、そうなると人は見ないようにするしかなくて。

写真は、きじち改め「しまこ」
この子も、いろいろな人(学生さんや工事の人)にご飯をもらっています。

ご飯をあげる人は、それをすることで、
ネコさんたちを、逆に苦しめていることを知っているのだろうか。

できるなら、自然に任す。
目の前の子への情に負けて、ご飯をあげたなら、
それはその子の生きている間、毎日あげることを前提にしなければ、
かわいそうな子が、かわいそうでない状態にはならないのです。

なので大学猫のご飯も、大学の子の最後のひとりまでも
大学から旅立ってステキなおうちを見つけるまで、続けなくてはいけないと思います。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 10月のご支援さまへのお礼と支出のアップ・
 ご飯場①内「ちょこ」③内「さびに」④内「だみ吉」ページ増えました。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

05118shimako.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

みな、がんばって!   

今日の写真は、左から、短はち・さびよん・くろ川さん(後)
最近は、ちょっと人との距離が縮まったようです。
(この地域の子たちの変化=住人さんたちの心の変化)

なので、このような集合写真がとれるように。
うれしいです。

この勢いで、みんな冬前にステキな家族ができると、いいなあ。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 10月のご支援さまへのお礼と支出のアップ・
 ご飯場①内「ちょこ」③内「さびに」④内「だみ吉」ページ増えました。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

05117shukusha3tsu.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ニュー首輪?   

今日の写真は、首輪くん。
そう、首輪くんがニューなのではなく、
首輪くんのつけている首輪がニューなのです(汗)

最近、しばらく首輪くん、みないなぁ・・・?と思っていたのですが、
先日、たまたま②ご飯場の駐車場に入ったら待っていました。

なんか、反対運動のプラカードを持っているようなお写真になっってしまった(笑)
しかも表情まで、難しいお顔して(単にまぶしかったのだと)・・・ちょっと、いい一枚です(^^)

ちなみに、首輪くん、ちょっと前に頻繁に現れている頃、お目々涙目だったのですが、
すっかり完治。毛並みも整っている。首輪も緑→青・ピンク→ゴールドに新調。

うーん、長期的にお外なだけで、おうちにいる時間もあるようです。
でも、未去勢。もし捕まっちゃったら遠慮しないわよ、私・・・とひそかに思う、ねこ子でした。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 10月のご支援さまへのお礼と支出のアップ・ご飯場①内「ちょこ」③内「さびに」ページ増えました。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

05116kubiwa.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

その後のこと。   

昨日のうまく理解が得られなかった人とのお話です。

その方からお返事メールが届き、十二分に理解されたこと、
そして、それと同時に今の宿舎ネコさんたちの現状への憤慨の気持ちまたなど書いてくださいました。

悩んだけれど、ありのままをお伝えしてよかった。
(そのままだと責める口調になってしまうのが恐くて、ひいていたのですが)
同意者が、お一人でも増えて・・・

でも、その原動力になったのが、
ひとつの餓死した子ネコちゃんのお話だったのが、自分でも苦く残っています。

あまりにも、悲惨で日記に書けなかったことがひとつ。
みけさんの子どもの「みけち」の餓死。

もう最期は、目もぐちゃぐちゃ、何も受け付けず・・・
初秋とはいえ、ちょっと肌寒い季節に外に放置され、ひっそりと死んでいきました。

お聞きしたお話によれば、母子共にあまり弱っているので
子どもを家に入れ、ミルクを飲ませようとし、受けつけず飲まないようなので
・・・またお外に返されたそうです。(ここは私的に、ええええ?なことですが)

誰を責める、ということは私にはできませんが、
一番の問題なのは、動物愛護の正しいあり方を
まだよく知らない人が多いという事態なのではないでしょうか。

私も、知らないこと、たくさんあります。
でも自分に置き換えれば、できないこと、たくさんあります。

自分が生んだ子どもが、自分のお乳がでないためにやせ衰えて、目の前で為す術もなく死んでいく。
時間をかけてゆっくりとじんわりと、最期にはちょっと死の苦しみを感じつつ・・・。
たぶん私は気が狂ってしまう。とても耐えられない。

「みけさん」はそういったものをすべて目にして生きています。
そして、動物の親子の情は人間のそれより薄いなどと、言わせません。
むしろ逆に、強い。そんな場面を、私はたくさん大学で目にしてきました。

こんな小さな動物にそんな想いをさせては、いけない。絶対。

写真は、みけさんと私。
あんまり、満面の笑み(抱っこ嬉しくて)だったので、ねこ子顔はカット。
ああ、私ったら、単なるネコバカさんですね(汗)

05115mikesan.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

きのうのお話の補足   

昨日のお話は、なんか、興奮だけで
うまくなっていなかったので、もうちょっと付け足します。

まず、なんで、私、ねこ子が、世間に憤慨していたか・・・

ある大学関係者さんに、避妊・去勢したネコさんの今後のことについてお話したのですが、
きちんとした理解が得れらなかったのです。

その方は手術後のネコさんたちの「外で天寿をまっとうするのを待つ」という方針であることを言われました。
また外ネコさんの死は、子どもたちにとって、教育的に意義があるとも。

これに憤慨しました。
すでに自生できなくなっているネコに対し、天寿をまっとうするのを待つ・・・
でも、このネコさんたちの最期までのご飯について、たぶん一切念頭にはないご様子。

つまり、里親さまを捜すという労力よりも、外に放置した方が労力が少ないという
消極的な見地で考えられているご様子で・・・。

ああ、もしかしたらそこにそんなネコさんがいるのは、
ご飯をあげていた人が一方的に悪くて、自分たちにはまったく関係のないこと、という意味だったかも・・・?

うーん、そういう発想は、よくある・・・自然かも??
でも、地域のネコは誰の責任でもなくて・・・好意の問題なんで・・・。

話を元に戻すと、
一度、人のご飯に慣らされた子のご飯が、一旦ストップせざるを得なかった状況、
そしてそのことで、そこにいる全員が急激に痩せたことも、その人はご存じではないようでした。

また、ネコの死の教育的意義・・・
これは、本当の意味で自活できているネコさんたちの自然死の場合を言うモノで、
一度、人のご飯に慣らされた子のご飯をストップさせて起こってしまう餓死では適応できないです。
なぜなら、その死は、自然ではなく人為的なものだから。

・・・考えてみると、私の説明不足
(具体的に言うと相手を責めているように思われると思い、ひいてしまったこと)による、
理解の不一致が、あったようです。(ああ、反省~)

・・・で、世間の人なんて~!という憤慨、そして不信感を単純に抱いてしまったのです。
そしてそれを晴らしてくれ、尚かつ取るべき道を示してくれたのが、昨日のその女の子、でした。

私の方から、要求すれば、それは「責任」となってのしかかる。
でも「好意」はちがう。それは純粋でもっとも人として美しいモノ。
ここの点に気をつけた物言いをせねば、いけない。そうでないと理解してもらえない。

えっと、とにかく、昨日のあの子には、お礼を。本当にありがとうです。

どうか、この子が長い人生でずっと、昨日見た光景のような美しい心だけもって生きていけますように!
小さな動物の小さな生活を考える余裕のない人生だけは、どうか歩みませんように。
少なくとも、寒い季節にお外の生き物のことを心配するだけの優しさがある人生になりますように。
そう祈らずにはおれません。

今日の写真は、くろよん。
ここの集落の子たちは、今まで人にご飯をもらい生活し、けれど、人慣れさせてもらえなかった。
(他の方々は、ご飯をあげていた人に憚っていたそうです)

そこには心のふれあいのない家庭に育った子の不憫さがあるように、私には思われました。
でも今、それを打破できる何かがここでは起きつつあるようです。

そして、くろよんやここにいる子たちはみんな、そのことを全部知っている、のだ!(にっ♪)

05114kuroyon.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

よかったこと。   

大学内のご飯をもらっていた子たちのその後です。
(例のご飯をあげていた人が引っ越された→ネコたちが痩せてきた・・・そのお話の続きです。)

今日、ネコさんたちにご飯をあげている子がいました。
そこにいる7匹全員が集まり、私が思っている以上に人慣れた様子で、
集まって、その子の手ずからご飯をもらっていました。

毎日あげているの?と聞くと、その子はうなずき、
「犬よりも猫が好き」とはっきり答えてくれました。

・・・ご飯の人が引っ越されて、急激にやせてしまった、ネコさんたち、
様子を見ていると最近は、心なしか人に慣れかけているよう・・・

どうなっているのかしら?と思っていたのですが、
どうやら、この子(や、たぶん他にも)のおかげだったようです。

すごくすごく、いいお話です。

自分の住居の近くに住み着いてしまったネコさんたち。
もちろん、誰が悪いわけでもない。

でも、現実、飢えた子・・・自生できないネコさんがそこにいる。
「責任」という言葉じゃなく「好意」で動くことができる人がいる。

自生できない状態させた子を、放っておくことが
自然であると勘違いする人もいる中で、
この子の好意は、私には神の見えざる手が働いたように思えます。

世間の人なんて、動物を何にも理解してない!
憤慨していた私に、「そんなことはない」と、神様が教えてくれたように思えました。

ああ、もうただ感謝です。
もう少し、冷静にゆったりとネコさんたちの幸せを考えようと思いました。
私が狭量では、この子たちがかわいそう。

ちなみに、ご飯をあげていたその子は、ちょっと興奮気味のおばさん(ねこ子)に
さぞや困惑したことと思います(笑)

みんな避妊しているから、大丈夫、人慣れできれば里親さまも見つかる・・・
などと、子どもにはわかりづらいことを口走って帰った、ねこ子でした(汗)

でも、それが、その子の人生のどこかで、
人と動物が、この狭い地球でどう共生するのがいいか、
理解するきっかけになることを、祈ります。

写真は、珍しいツーショット。今日は学校もお休みで普段よく見られない子をよく見ました。

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 10月のご支援さまへのお礼と支出のアップ・最端内「長はち」ページ増えました。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

05113shimakoguresaba.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

かたや・・・?  

昨日のくっきーとは、うって変わって
神秘のかけらも感じない母、ぱふのお写真です(^^)

ちょっと、日差しが暑すぎたせいか、すごく睨んでいます。
なんか、ひげの落ちた感じが、猫でなく大アザラシを連想させるお顔になりました。
(もう一枚、どアップがあったのですが、それはもう恐ろしいモノで・・・)

この子のいるのはご飯場①。
ぱふは、一匹狼なところがあって、
遠い図書館からここまで誘導するのにとても苦労しました。

最近は、ここに落ち着いているようですが、
ちがう校舎の陰で会おうモノなら、
「よ、ご飯、くれよ~」と甘えて(?)くるようになりました♪

でも、強面なので、スケバンにカツアゲされているような錯覚に陥るねこ子でした(笑)
彼女も愛すべきキャラの持ち主です(^^)

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 10月のご支援さまへのお礼と支出のアップ・最端内「長はち」ページ増えました。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

05112pafu.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

今日の一枚♪   

今日のお写真は、私的にはとっておき。
でも、世間的には「う?」な感じかな。
(ああ、よくあることなので、気にしてません:汗)

くっきーの横顔です。
写りが悪いのがなんなのですが、
この子の、夢見るような眼差しに、うっとりです。

実際、あんまり何も考えてなくて、
しいて言えば、「ねこ子、さっさとご飯の用意しろ~」
なんて考えているのかもしれないのですが、
ネコさんの神秘を感じる一枚でした。
(神秘:人には見えないモノが見えたり、魔法を使ったり)

☆「大学猫の今♪05版」はhttp://nap.babymilk.jp/da.hyoushi05.htmをコピペでお願いします(^^)
 10月のご支援さまへのお礼と支出のアップ・最端内「長はち」ページ増えました。
 ご意見・ご質問・・・そして里親さま募集等に関するご連絡はねこ子juntoshi@air.ocn.ne.jpまで。

05111kukki.jpg

category: 大学猫っ子

thread: 日記というか、雑記というか… - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

大学猫本館♪

募集掲示板その1

募集掲示板その2

黒ねこ時計♪

大学猫カレンダー

最新記事

最新コメント♪

月別アーカイブ

大学カテゴリ

お願い!

応援の皆さま♪